menu

改めて「クラウドとは何か?」を考えてみる

LINEで送る
Pocket

クラウド(コンピューティング)が生まれて、もう10年以上経ちました。
そしてクラウドは、既に私たちの生活基盤(インフラ)となっています。
そこで、改めてクラウドとは何か?を考えてみました。

 

電気や水道に見るインフラの変化

クラウドの登場当時に最も言われた言葉が、「所有から利用」への転換でした。
何のことか良く分からないので、電気と水で考えてみましょう。

現在、私たちは電気を使おうと思ったら、電力会社と契約して、機器をコンセントにつなぐだけです。
よほどの理由がない限り、発電機と燃料を買ってきて、自分で電気を作り出す人は、そうそう居ません。
(屋根にソーラーパネルを付ける人は増えているかもしれませんが)

水も同じです。水道会社と契約したら、水道をひねるだけ。
わざわざ井戸を掘る人はいませんし、水を汲みに行く人もません。
電気と共に、使った分だけ料金が請求されています。

自分で電気や水を安定的に使おうと思ったら、機器の安全管理や水の品質管理など、やらなければならないことが多いのです。
しかし、私たちはその分野を仕事にしているわけではありません。
ですから、そういう業務をプロの手に任せるのです。

プロは1戸だけでなく、市や県という大きな単位でその仕事を請け負うことで、高品質な仕事を効率的に行ってくれます。
私たちは、そのプロに対してお金を払っているとも言えるでしょう。
電気や水道という社会インフラは、自ら環境を構築して整えるもの「所有」ではなく、サービスを「利用」するものに変わってきた、と言えます。

 

ITインフラを所有から利用へと変化させたクラウド

ここでようやくシステムの話に戻ります。
システムを使いたいと思ったら、クラウド会社と契約して、使いたい分だけ使う。
使った分に対してのみ、課金されます。

そして、システム運用は、その道のプロが行ってくれています。
ハードウェアが壊れたら直し、ソフトウェアに不具合があれば修正し、セキュリティ対策も施してくれています。
利用者の私たちが知らないうちに。
これがクラウド(コンピューティング)です。

このようにクラウドの登場によって、システムの基盤(ITインフラ)も所有するものから利用するものへと変化しました。
これがクラウドの本質です。

一方、わざわざシステムを動かすためのサーバを購入して、その運用を自社で行うのは、
自分で井戸を掘って、その水質管理を自前で行うようなものです。
従来はこうしてシステムを「所有」していました。
クラウドと比較して「オンプレミス(On-Premises)」と呼ばれます。

ただ実際には、まだまだクラウドを活用していない会社も多くあります。
クラウドの利点を理解していなかったり、システム屋さんからクラウドを提案されなかったり。。

会社の外に情報資産を出すなんてセキュリティ的に不安だ!というようなことを言われていたのですが、
ついに三菱UFJですら、その基幹システムを含めてクラウドにする方針が出されました。
もはやクラウドを利用しない理由はない、と感じています。
(もちろん、オンプレミスの方が適しているケースもあります)

 

新しいテクノロジーを生み出す基盤としてのクラウド

ここまではクラウドの概要でした。
クラウドが登場してから10年経ち、私は改めてクラウドが果たしている役割の重要性を感じています。

最近、新たに生まれるテクノロジーは、ほぼ例外なくクラウドが前提になっています。
一番身近なところはスマートフォンです。
スマホのアプリはクラウドからダウンロードされて、アプリと裏側で動くクラウド側の仕組み(かつてはMobile BaaS:Backend as a Service と呼ばれていました)が連携しています。

人工知能は、クラウドにおける大量のコンピューティングパワーがなければ、ここまで発展していません。

ビッグデータは、大量のデータを置く場所と、その大量データを分析するだけのコンピューティングパワーが必要です。
これもクラウドの上で実現しています。
昨今、話題の絶えないIoTは、クラウドであるIoTプラットフォームなしには語れません。

VRコンテンツを作るにもクラウドは活用されています。
仮想通貨で有名になったブロックチェーンのような大規模分散技術は、クラウドなしでは実現しません。

また、少し技術的な話に突っ込むと、既にクラウド上に数多くのシステムが実装され、その制御はAPI(Application Programming Interface)で行われています。
あるシステムAと、別のシステムBが連携するには、一方が他方のAPIを活用しているのです。

このようなAPIをそれぞれのシステムが公開することによって、ますます複雑な処理を簡単に行えるようになりました。
会計システムが銀行口座の動きと連携したりするのは、その一例です。

新しい技術や、新しいシステムは、このようにクラウドを前提に進化しています。
インターネット同様、既に社会インフラ化しているからこそ、クラウドを正しく理解する必要があると感じています。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【編集後記】
トレーニング用の腕時計、新しくGarmin ForeAthlete 935が25日に
発表されたのですが、未だに「近日発売予定」のまま。
早く売ってくれないと、今シーズンのレースに間に合わない。。

今日も素晴らしい1日になります。感謝!!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【メルマガ 『非常識なコンサルタント』】
独立・起業を目指す方、特に自分らしく働き・生きたい方。
コンサルティングを事業の軸にしたい方に向けたメルマガを配信しています。
こちらから登録できます。

【Facebookページはこちら
「いいね!」すると、ブログ更新のお知らせを受け取れます。
たまに気になるニュースなども通知しています。

ブログ村ランキングに参加しています!
応援のクリックをしていただけると、嬉しいです。
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
にほんブログ村


【セミナー】
ただ今、募集中のセミナーはありません。

ゴールデンウィークまでに乗り越えておきたい1次試験対策

スイムトレーニングで学んだ「自然に逆らわず、一体化する」こと

関連記事

  1. 自分のプラットフォームを守る

    こんばんは、渋屋です。今日は昼過ぎに流れてきたニュースを見て驚きました。…

  2. 社外CIOを利用して、事業にITを活かしましょう

    IT(情報システム)活用の重要性が叫ばれつつ、なかなか経営とITを結びつける人材の育成が進んでい…

  3. マイクロソフトが強すぎる理由

    IT系企業で強い会社を挙げて下さいと言ったら、どこを挙げますか?アップル?グーグル?私だった…

  4. いつまでクラウドを怖がっているのですか?

    システムをクラウドに置く流れが加速しています。MUFGすらシステムをAWSに移すと。…

  5. IoT(Internet of Things)は、従来型企業とス…

    IoT(Internet of Things:モノのインターネット)という言葉を、日常的に一般紙で見…

  6. 経営のデータと、現場のデータを連動させる

    前々回、現場レベルの提言として、IoTやAI以前に中小企業が取り組むべきデータ活用について述べました…

  7. システムを作るよりも、有効利用してもらうためのサービスを

    色々なIT企業(サービス提供事業者、パッケージ提供事業者、システムインテグレーター)を見ていて、…

  8. ITに疎い中小企業診断士には、厳しい世の中になります

    私はこれから、IT(情報システム)に疎い診断士にとっては、つらい世の中になっていくと考えています。…

最近の記事

最近読んだ本

PAGE TOP