menu

起業・創業には2種類ある

LINEで送る
Pocket

起業や創業について会話をしていると、
「話が噛み合わない」と感じることが多々あります。

世の中に2種類の起業・創業があることを
意識していない方が多いのです。


1つは、いわゆるスタートアップ系。
テクノロジーやビジネスモデル、あるいは提供する価値の
独自性が高く、数年以内での上場を目指すような起業です。

こういう会社にはエンジェルやベンチャーキャピタルが
支援に入ることが多いです。

雑誌やWebに出てくるような人は、このスタートアップの社長、
ということが多いでしょう。

ですので、世間的に「起業」というと、
このスタートアップのキラキラしたイメージが強いと感じています。


2つ目は、もっと普通の起業・創業です。
街中でパン屋さんを始めることも、起業・創業です。

テクノロジーやビジネスモデルが新しいことは、ほとんどないでしょう。

私自身の独立・開業もこのパターンです。
別に目新しいことは、何もありません。

それでも、こういう「普通」の起業・創業が、
世の中に広くあまねく根付いています。


「創業」はまだしも、「起業」という言葉を使うと、
この2つが区別されずに話されることが多いと感じています。

しかし、前者と後者では、目指しているところが全く異なりますし、
必要な支援も全く異なるのです。

前者は資金が必要ですから、エンジェルやVC、クラウドファンディングなどで
見かけることになります。

一方、後者に必要なのは、一般的な融資であったりしますが、
それ以上に、経営者のマインドや、マーケティングが支援の中心となります。

起業・創業を支援する人たちは、これら2つをしっかり分けて話をしたいですね。


なお余談ですが、世の中の企業を大きく分けると、

・スタートアップ村
・普通の中小企業(商工会議所村)
・大企業村

の3つの村に分けられるような気がしています。

全く文化の異なる3つですから、今まで交流は全くありませんでした。
ただ、一部の大企業が、スタートアップとの交流を深めていますね。
スタートアップは特徴のあるテクノロジーを持っていることが多いので、
そういう企業とオープン・イノベーションを画策しているからでしょう。

これら3つの村の間での交流がもっと進むと、面白いことになるのにな、と感じています。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【メルマガ 『非常識なコンサルタント』】
独立・起業を目指す方、特に自分らしく働き・生きたい方。
コンサルティングを事業の軸にしたい方に向けたメルマガを配信しています。
こちらから登録できます。

ブログ村ランキングに参加しています!
応援のクリックをしていただけると、嬉しいです。
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
にほんブログ村


【セミナー】
9月25日(月) マーケティング塾(第1回)

目標設定と到達までのプロセスを組むのに、スポーツは最高の練習になる

中小企業診断士:合格後の世界

関連記事

  1. サロネーゼに学ぶスタートアップ #613

    おはようございます。渋屋です。■昨日の日経新聞、1面と3面に「サロネーゼ…

  2. 社長とじっくり話すから見えてくること

    先日、知り合いの社長の話をじっくり聴こうと思い、一緒に飲みに行ってきました。■営業的…

  3. 【独立のリアル】独立するときに事務所は必要ですか?

    独立について尋ねられるときに良くある質問です。「事務所はどうしていますか?」私自身は現在…

  4. 資格は運転免許のようなもの

    士業のような取得に苦労した資格になればなるほど、その資格らしい仕事に特化しがちだと感じています。…

  5. 独立して、いくらの売上が必要ですか?

    あなたは、毎月いくらの売上が必要ですか?■セミナーやコンサルティングのときなど、この…

  6. 私が独立後に食べていけた理由

    独立後、おかげさまで今日までご飯を食べてこれています。今日はこの理由をお伝えします。…

  7. 独立したら自分らしくありたい

    昨日、ブログのタイトルを変えました。■今までは「大きく考え、小さくはじめる」。ずっと…

  8. コンサルタントは労働集約な仕事

    コンサルティングだけをやっていると、自分の事業が労働集約型の仕事だとつくづく思います。私…

最近の記事

最近読んだ本

PAGE TOP