menu

中小企業は小さくIoTを始めましょう

LINEで送る
Pocket

昨日、非常に面白い記事を見つけました。
「身の丈IoT」というキャッチーなキーワードで始まる記事ですが、内容は非常に本質を突いています。

この記事を読んで、私なりに感じたことや補足をしたいと思います。

 

株式会社みなと山口合同新聞社の事例を読み解く

この記事中にある、みなと山口合同新聞社の事例を、もう少し詳しく見てみましょう。
ネットで情報を探してみました。

「ロボット革命イニシアティブ協議会」の事例ページより抜粋

この会社(下関印刷センター)は漏水対策としてIoTを活用しています。
そのやり方が非常に安価で簡単にできる事例として、注目されたのです。

図中左側にある流量センサー(キーエンス製FD-Q50C)は、ネットで調べると価格は19万8,000円。
マイコン(Arduino Leonardo)は、3,132円。
イーサネットシールドモデルの方で、4,590円かもしれませんが、いずれにせよ、そのくらいの価格です。

そして何と、データを溜めるクラウドサービスであるIBM Bluemixはタダです。
無料枠で使える程度に、アプリケーションをコンパクトにしてしまったのです。

常に流量センサーで水の量をマイコンに送り、マイコンは社内LANを通じてクラウド上にデータを送信します。
そのデータに異常値が発生したときには、既に社内あるワイヤレスLEDを点灯させたり、メール通知したりします。

つまり、初期費用20万円ちょい。ランニング費用ゼロ!
これで必要とする要件を満たしているのですから、立派なIoTシステムを構築したと言えるでしょう。

しかもこのセンサー、配管に取り付けるだけなので、既存設備を痛めません。
取り付けが簡単で、リスクがないということで、正に中小企業にピッタリの事例と言えるでしょう。

 

新規プロジェクトは着眼大局、着手小局

私は、組織において新しい取り組みをするときに大切なことの1つは、
いち早く小さな成功をおさめることだと思います。

組織が長く続いていたり、過去の成功体験があったりするほど、
新しい取り組みに対する抵抗勢力は強くなりがちです。

そんな中で、膨大な投資をしたり、大きな体制を作って、
新しいことをやるのは、非常に困難です。

ですから、まずは最もやる気のある少数精鋭で、コスト・時間をかけずに、小さく・早くやってしまうのです。
そして、小さな成功を勝ち取るのです。
その頃には、抵抗勢力がおとなしくなっていたり、中には協力者も現れることでしょう。
(最初から賛成してたんだよ!などと言うコメントと共に。。)

そういう意味では今回紹介したような事例は、小さく・早く始めるのに最適なイメージです。
中小企業に限らず、大企業であっても、学ぶことは多いのではないでしょうか。

 

やりたいこと、やれることのイメージを具体化する

小さく・早く始めることには、もう1つメリットがあります。
「IoT」「人工知能」などという流行り言葉には、どうしても具体性に欠ける点があります。

したがって、実際に活用しようとする立場からすると、具体的なイメージがつきにくいのです。
ただ、活用する企業にとって大切なのは、厳密な言葉の定義よりも、そこから何を生み出すかです。
それがIoTかM2Mかというよりも、上で紹介した漏水対策のように、結果が出ればそれで良いのです。

そうやってやれることが分かってくると、
次にやりたいことも必然的に見えてくるものです。

そして、既に小さく始めているわけですから、費用対効果の感覚もつき始めています。
最初は20万円強でやったけれども、明らかに投資以上の効果があるから、
今度は30万円はOKだな、という話にもなりやすいのです。

分かりにくいものほど、小さく早く。
中小企業における投資の鉄則とも言えるのではないでしょうか。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【編集後記】
昨日から明日までの3日間、とある重いプロジェクトの対応をしています。。
ようやく2日目。

今日も素晴らしい1日になります。感謝!!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【メルマガ 『非常識なコンサルタント』】
独立・起業を目指す方、特に自分らしく働き・生きたい方。
コンサルティングを事業の軸にしたい方に向けたメルマガを配信しています。
こちらから登録できます。

【Facebookページはこちら
「いいね!」すると、ブログ更新のお知らせを受け取れます。
たまに気になるニュースなども通知しています。

ブログ村ランキングに参加しています!
応援のクリックをしていただけると、嬉しいです。
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
にほんブログ村


【セミナー】
ただ今、募集中のセミナーはありません。

独立はゴールではなくスタートにすぎない

アジャイル開発から学ぶ。仕事は「戦い」ではない。

関連記事

  1. 使われないシステムを作ることの無意味さ

    これまで様々なシステム・ツールが導入される現場を見てきました。今、つくづく、「使われないシステム…

  2. ITの利用(技術進化)と人間性の両立をはかろう

    少し前から、ITを利用することと、人間性の両立が、重要なテーマになっている気がします。人工知能の…

  3. IT企業の戦略は「技術」と「何か」を掛け合わせる

    戦略の基本は「誰に?」「何を?」「どのように?」届けるか。極論言えば、この言葉に集約されます。…

  4. 「クラウド怖い」って、御社のサーバーの方が危ないですよ

    「Dropboxでデータを共有しよう」「Googleカレンダーでスケジュールを共有しよう」…

  5. IT業界以外の方が、ITに詳しくなっているのかも

    IT関連の仕事をしていると、一般的にはITを中心とするテクノロジーやサイエンスに詳しい、と他者か…

  6. 機械に乗っ取られる仕事におびえる必要はない

    このところ、人工知能や機械学習、あるいはロボットのニュースが目立ちますね。これらの発展が、今ある…

  7. 「IoTで何かやれ!」という最悪の指示

    日々、色んなIT企業とお付き合いしていますが、昔から良く聴くのが、「○○で何かやれ!」という最悪…

  8. ホームページと店舗が、うまい連携をした事例

    昨日は、商圏が狭いのに、ホームページを使った集客をしようとして、お店の目の前を歩く見込客を逃して…

最近の記事

最近読んだ本

PAGE TOP