menu

システムを導入するときに押さえておきたい、基本的な考え方

何事にも基本があります。
新たにシステムを導入するときにも、基本となる考え方があります。

 

価値を生み出す業務と、そうでない業務を仕分けする

企業の中には、価値を生み出す業務とそうでない業務があります。
私の例で言えば、コンサルティングや講師をしている時間(業務)は、価値を提供しているときです。
新たなサービスや企画を考えたり、そのためのWebページをつくる時間も価値を生み出す業務です。
一方、契約書を交わしたり、請求書を送る業務、あるいは移動時間などは、価値を生むものではありません。

組織が大きくなればなるほど、価値を生み出す業務と、そうでない業務の仕分けは大変です。
業務が多岐にわたるからでもありますが、場合によっては部門・担当者の存在価値を否定することになるからです。
「間接部門が新たな(余計な)業務をつくり出す」現象は、大企業に良く見られます。
自らの存在価値を必死に示そうとしていることが、理由の1つでしょう。

このような抵抗?があるかもしれませんが、価値を生み出す業務と、そうでない業務の仕分けは必須です。
何が自社を自社たらしめているのか?
できる限り効率化すべき業務は何なのか?を仕分けしないまま、システムに依存するのは危険だからです。

 

価値を生まない業務は、システムにしたがって効率化する

まず、その企業にとってコアではない、価値を生まない業務は、システムを「そのまま」使います。

業務にシステムを合わせるのではなく、システムに業務を合わせるのです。
会計・人事・在庫管理など、世の中には様々なシステムがあります。
そのなかで長年の実績があるシステムには、数多くの企業で使われ、洗練されてきたフォーマットがあります。
そのフォーマットをできる限り変えず、そのまま活用するのです。

「こんなシステムじゃ、(今まで通りの)業務がまわらない!」

という現場からの反抗を受けることもあるでしょう。

実際、日本企業の多くは、システムをそのまま使わず、何らかの自社カスタマイズをすることが多いのです。
大企業の場合はシステムそのものに手を入れて変更してしまう。
中小企業の場合は、システムからExcelにデータを出力して、それに自分たちで手を加えるなどしています。

しかし、それによって効率が上がっているか?というと、そうでもありません。
むしろシステムの更新に追随できないとか、余計な業務が新たに生まれるとか、デメリットの方が多いです。
価値を生まないノンコア業務は、今まで通りのやり方に固執する必要はありません。
システムに業務を合わせることで効率化できるなら、どんどん業務側を変えていけば良いのです。

 

価値を生む業務は、システムを自分たちでつくる

逆に、価値を生む業務は、システムに合わせる必要はありません。
世の中に流通している一般的なシステムに、強みであるコア業務を合わせてしまったら、強みを失ってしまうでしょう。
徹底的に業務にこだわり、それにシステムを合わせていくのです。
(もちろん、その業務自体にも改善やイノベーションは必要です)

AmazonのECサイトは、当然、自社でつくり込んでいます。
でも、Amazonも人事管理や給与計算は、一般に流通しているシステムを使っているでしょう(きっと)。
私のブログは、自分でつくっています。(Wordpressという便利なツールを利用した上で)
一方で、会計やSEO順位管理は、一般のソフトを使っています。(それぞれ freeeGRC

このように、組織の大小に関わらず、システム導入の基本的な考えは一緒です。

ただ、つくると言っても、何もかもゼロから自分たちでつくる必要はありません。
私がWordpressという便利なツールを利用しているように、世の中には便利なツール・システムが溢れています。
例えば、ビジネスアプリを簡単につくれる kintone
私の顧客の例を挙げますと、自社工場の生産管理や、案件・顧客管理を kintoneで行っているケースがあります。

強みとなる業務自体を磨きつつ、それに合わせてシステムをつくる。
その際、世の中の便利なツールを活用して、サクッとスピーディーにつくることがポイントです。
強みとなる業務は、日々変化していくので、時間をかけてつくり込むことに無理があるからです。
(いつまでも製造方法・生産管理方法が同じだったら、製造業の成長は止まってしまいますよね。)
業務の変化に合わせてシステムを変更できるようにすることが、コア業務では大切です。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【編集後記】
この1〜2ヶ月、ジワジワと本ブログのアクセス数が増えています。
よく読まれている記事を地味に修正・改善しているのが効いてきたのかもしれません。

今日も素晴らしい1日になります。感謝!!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【Facebookページはこちら
「いいね!」すると、ブログ更新のお知らせを受け取れます。
たまに気になるニュースなども通知しています。

ブログ村ランキングに参加しています!
応援のクリックをしていただけると、嬉しいです。
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
にほんブログ村

あなたが弱点から目を背けていても平気な理由

標準化すべき業務を標準化しない、日本の害悪

関連記事

  1. 税理士と会計士が消滅した国から学ぶこと

    少し古い記事になりますが、色んな側面から学びを得ることのできる記事があります。大前研一さんの記事…

  2. 技術は関連性を調べると、しっかり理解できる

    エンジニアでもない限り、新しい技術を理解するのは、なかなか大変です。専門分野ではないし、だから片…

  3. ランニング・トライアスロンに使えるアプリ・サービス・ガジェット

    近所をジョギングすることから、レースにチャレンジすることまで。ランニングをする人の目的は、人それ…

  4. なぜ未だにインターネット選挙は実現しないのか?

    選挙が終わりましたね。結果そのものについて、ここで意見を述べるつもりはありませんが、今回、大…

  5. 市場はまだ残っている

    こんにちは、渋屋です。最近、気になることが2つありました。どちら…

  6. 企業がモバイルに手を出す前に考えるべきこと

    こんばんは、渋屋です。日経コンピュータ11月27日号の特集 『現場を変えたモバイルファースト』 …

  7. Facebookで安易にプライバシーを拡散しないために

    こんにちは、渋屋です。オフィスの雰囲気がすっかり年末です。明日が祝日だということもあり、人数もま…

  8. 手法の前に思考を知る

    水曜日にアジャイル開発の話を聴いてから、そこでの気付きを記事にしてきました。まだ…

最近の記事

最近読んだ本

PAGE TOP