menu

自分の強みは本当に分からない

LINEで送る
Pocket

もう何度も何度も書いているネタですが。


本当に自分の強みが何か?は、
自分では分かりません。

自分にとっては当たり前すぎることだからです。

昨日も気づかされることがありました。

私が一部上場企業に14年間勤務していたこと。
そこで9年間、管理職をやっていたこと。

この会社の顧客は業界上位の超大企業ばかりで、
超大企業を見慣れていたこと。


私にとって、大企業は動きが遅くて、
自由が効かなくて、自分だけで意思決定できなくて、
デメリットばかりが目に付いていました。

(本当はメリットも当然、あるんですけれども)

だから組織を飛び出して、
ひとりで事業をやることにしたのです。

今は、ひとり社長や数人規模の会社も
良く見るようになりました。

その結果、「大企業病」にかかる前兆が
感じられるようになったのです。

たった数人~数10人程度の会社でも、
運営を間違えると、大企業病化することがあります。


昨日、顧客とお話ししていて、
その前兆を読み取る力に気づいたのです。

自分1人では絶対に気づかない強みでした。

それに気づいてから改めて振り返ってみると、
大企業だから学べたことはたくさんありました。

複雑で大人数からなるプロジェクトを進めるやり方とか、
そういうプロジェクトチームの組み方とか。

経営に役立つことが、色々と見つかったのです。

自分のどんな力が顧客に貢献できるのか?
頻繁に顧客に問うてみること。

やはりこれが基本であり、忘れたくない、と感じました。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【メルマガ 『非常識なコンサルタント』】
独立・起業を目指す方、特に自分らしく働き・生きたい方。
コンサルティングを事業の軸にしたい方に向けたメルマガを配信しています。
こちらから登録できます。

ブログ村ランキングに参加しています!
応援のクリックをしていただけると、嬉しいです。
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
にほんブログ村


【セミナー】
ただ今、募集中のセミナーはありません。

セミナー主催のシェア会を行いました

顧客にアプローチするための2つの問い

関連記事

  1. 社長が欲しいのは売上

    中小企業の社長、特に自分で事業を立ち上げた創業社長には、その嗅覚に驚かされることが多々ありました…

  2. 「営業」の定義を変える

    独立したいと考えたときに、一番不安になるのが、「営業をやったことがない」という事実で…

  3. 覚悟を決めたら楽になった話

    先日、ある顧客に対して、私自身の覚悟を明確に示してみました。■具体的なことは書けませ…

  4. あなたは倹約家?それとも投資家?

    お金に関して私たちは、基本的な考え方を間違ってインストールされてきた、と感じています…

  5. 自分の買い物経験を価値に変える

    マーケティングのコンサルタントに共通する特長は、買い物が多いことだと感じています。■…

  6. 練習以上のものは出ない、トライアスロンもコンサルティングも同じ

    昨日はトライアスロンのレースでした。スポーツからは、ビジネスでも大切なことをたびたび学んでい…

  7. ノウハウよりも大事なもの

    「渋屋さんのブログとかメルマガって、 具体的なノウハウに行き着く前の内容が多いですよね! 無…

  8. なぜキャンペーンを行うのか

    世の中、常に色々なキャンペーンが溢れています。私自身、キャンペーンを行うこともあります。…

最近の記事

最近読んだ本

PAGE TOP