menu

日頃から使っているツールと生産性の関係

LINEで送る
Pocket

日頃から多くの会社・人とお会いしていると、
普段使っているツールと、その会社・人の生産性には関係があるように感じています。
特にホワイトカラーを意識しながら、まとめてみました。

 

レベル0:パソコンやインターネットが使えない

中小企業では、まだこのレベルにある会社が結構あります。
その例が、昨日も書いたFAXです。

電話が多い会社もこのレベルに属しているように感じます。
その他の例を挙げると、未だに電卓を駆使しまくっている会社も同様です。
(履歴が残って関数も使えるExcelの方が良いでしょう、と思うのですが)

紙での受発注を行なうので、日々の売上が管理できなかったり、
顧客毎の売上管理ができないから、優良顧客が誰か分からなかったりします。
ここでの問題は「見える化ができていない」ということです。

また、ハンコを押すためや会議のために
オフィスに出社しなければならなかったりします。
ここでの問題は「仕事の多くが場所に縛られている」ことです。

デジタル化が全く進んでいない会社ですから、生産性が上がらないのは当然と言えます。

 

レベル1:個々でパソコンやインターネットが使える

次のレベルは、個々人がパソコンやインターネットは使える組織です。
紙で戦い続けるレベル0の会社に比べると、一応、デジタル化が進んでいると言えます。

とは言え、あくまでも個々人が使っているレベルで、組織として使えるレベルには至っていません。
そのためチーム内の情報共有や、プロジェクトマネジメントなど、
チームとして活動する場面において、著しく生産性が落ちてしまいます。

またせっかく作成したExcelなどのデジタルファイルも、
個々人が独自に作成したものなので、流用できないことが多いです。

 

レベル2:スマホやパソコン、インターネットをチームで使える

現時点で一般的に生産性が高い会社は、ここに属するでしょう。
チームとしてツールが使いこなせるので、業務プロセスに普通にITが組み込まれています。

ワークフローがWebでまわるので、捺印・承認のためにオフィスに戻ることはありません。
外出先や出張先、あるいはテレワークで自宅からでもミーティングに参加することができます。
ミーティングは画面を共有しながら、全員が書き込みも行ないつつ、インタラクティブに進みます。

場所にとらわれない働き方ができ、便利なツールも積極的に採用するので、
自然と生産性は上がっていく傾向にあります。
一方でイノベーションと呼べるほど、働き方は変わっていません。
基本的な発想は昔の紙時代のまま、それをデジタル化して便利に「改善」し続けていると言えるでしょう。

 

レベル3:プログラミングやデータ分析ができる

レベル2までは「ちゃんと考えている」会社であれば、それなりに達成しやすいものです。
(その前提がないことが多いのですが)
この次のレベルからは私の仮説です。

次のレベルは社員の大半がプログラミングやデータ分析ができることです。
顧客データの分析結果から、マーケティング施策につなげるなど、
データを元に意思決定することが組織文化として根付いています。

また、プログラマー的な視点でホワイトカラーの仕事を詳細に分解し、
いつまでに・誰が・何を行なうのか?を定義できます。
それによって繰り返されるルーチンワークを避けるべく、
ツールを自作したりすることで、生産性向上に寄与します。

 

レベル4:人工知能が使える

さらに次のレベルとして、人工知能を使うだけのリテラシーがある企業です。
私の知る限りは、現時点で積極的に人工知能を使うことで、組織レベルで成果を上げているのは、
リクルートやYahooなどの大手企業だけです。

  • 人工知能で動く秘書を使ったり
    (アメリカではそのようなWebサービスが出てきています)
  • 資料検索を行い、顧客に適した資料作成を人工知能が行なったり
    (ソフトバンクはIBM Watsonを使って顧客に関連するデータを活用しようとしています)
  • 今までにないデータの関連性を発見し、全く新しい価値を創造したり
    (データの宝庫であるリクルートは、AI研究所の所長にGoogle出身者を登用し、
    エンジニアでない社員でも使えるAIツールを駆使して成果を上げ始めています)

生産性が上がると言うよりも、ビジネスモデルそのものを
変えるほどのインパクトが生まれることもあるでしょう。

私は、元々人材リソースが枯渇している上に、社員の高齢化が問題となっている中小企業こそ、
いち早く人工知能を使えるようにすべきだと感じています。
そういう視点で、各企業の動きや技術・サービスの変化を追いかけています。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【編集後記】
昨日の夜が遅かったので、今日の午前中はゆっくりと。
たまに何もしない時間を確保して、充電しています。

今日も素晴らしい1日になります。感謝!!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【メルマガ 『非常識なコンサルタント』】
独立・起業を目指す方、特に自分らしく働き・生きたい方。
コンサルティングを事業の軸にしたい方に向けたメルマガを配信しています。
こちらから登録できます。

【Facebookページはこちら
「いいね!」すると、ブログ更新のお知らせを受け取れます。
たまに気になるニュースなども通知しています。

ブログ村ランキングに参加しています!
応援のクリックをしていただけると、嬉しいです。
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
にほんブログ村


【セミナー】
10月26日(木) マーケティング塾(第2回)

いい加減にFAXはやめてくれ!

勝手にメールを送りつける嫌がらせはしません

関連記事

  1. 今年はビジョン達成に向けて、しっかりと動き出す年

    今年の仕事をどのように進めていくか、思案しています。仕事で描いているビジョン…

  2. あ、ビジネスってそういうことだったのか!

    経営コンサルタントを名乗っておきながら、こういう投稿をするのもなんですが、ビジネスとはどういうも…

  3. IT屋の作るマニュアルが分かりにくい理由

    IT系のマニュアルって、どうも分かりにくいと感じませんか?私は何度も感じたことがあります。…

  4. 最強の戦略・戦術フレームワーク

    こんばんは、渋屋です。これまで様々な戦略論、マーケティング理論を学んできましたが、今のところ…

  5. ロボットの葬儀が行われる日

    こんにちは、渋屋です。最新号のAERAの特集は介護でした。子どもが居ない人は数多くいらっしゃ…

  6. 1月29日:「ITを考えるワークショップ」をやります

    おはようございます。渋屋です。しばらくセミナーを実施することができていませんでしたが、再開の…

  7. どんな老後を過ごしたいか?

    寿命100年時代に生きる私達にとって、老後を考えることはますます難しくなってきています。少子高齢…

  8. 「会社設立 freee」を見て。価値を生めない役所や士業は衰退し…

    昨日、「会社設立freee」のニュースをあちらこちらで見かけました。それだけ多くの方が衝撃を受け…

最近の記事

最近読んだ本

PAGE TOP