menu

言葉へのこだわりが世界を作る

LINEで送る
Pocket

成果を上げている人たちを観察すると、
言葉へのこだわりが非常に強いと感じます。

これは職業に限らない共通点だと理解しています。


例えば、私に「営業」の定義を教えてくれた女性起業家。

彼女は、「営業」という言葉を

「美味しいレストランを発見したときに、
その嬉しさを共有するようなもの」

と定義していました。

とても分かりやすく、私もそのまま使わせていただいています。

「レストラン」というのが私には上品すぎるので、
私は「ラーメン屋」とか「飲食店」と言っておりますが(汗)


この定義によって、「営業」は、

「自分が気に入っているものを教える行為」
「良いものを教えるだけだから、教えないのは損」
「相手がそれを気に入り、購入するかどうかは相手次第」

というように意味付けされます。

逆に

「自分が気に入ってもいないものを押し売りする行為」
「相手が買わないと言っているのに応酬話法する行為」

ではない

という定義もできるわけです。


あらゆる言葉に対して、このような定義を持っているか?

「マーケティング」「顧客」「コンサルティング」etc

私自身、まだまだ適当に言葉を使っている、
とハッと気付かされることが多々あります。

1つ1つ、丁寧に言葉を使っていくだけで、
自分自身や、顧客が見える世界は変わっていくと信じています。

例に上げた「営業」の定義をするだけで、
営業に対する抵抗感がなくなるのですから。

良い言葉が使われているところを見かけたら、
即メモするようにしたいですね。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【メルマガ 『非常識なコンサルタント』】
独立・起業を目指す方、特に自分らしく働き・生きたい方。
コンサルティングを事業の軸にしたい方に向けたメルマガを配信しています。
こちらから登録できます。

ブログ村ランキングに参加しています!
応援のクリックをしていただけると、嬉しいです。
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
にほんブログ村


【セミナー】
ただ今、募集中のセミナーはありません。

タダ、500円のセミナーは止めよう

自分で仕事を獲得できなかったら・・

関連記事

  1. 積極的ポジショントークの勧め

    「ポジショントーク」には、どういう印象をお持ちでしょうか。一般的には、「何かを買わされる」「…

  2. 資格を外すと、ビジネスモデルが出来上がる

    自分がどんなビジネスをやりたいのか?独立・起業で最初にぶち当たる壁はここだそうです。しか…

  3. 補助金ビジネスに対する私のスタンス

    かつて、補助金のビジネスに関わっていました。でも、今はやっていません。私なりに理由があるから…

  4. 客数を増やす必要ありますか?

    こちらの記事で売上を伸ばすには、5つの方法があると書きました。■売上=客数×客単…

  5. 新サービス「インサイトマップ・セッション」はじめました

    あなたは、悩みが生まれるとどういう気持ちになりますか?モヤモヤ?凹む?面倒くさい?etc…

  6. 乗り越えたいライバルは居ますか?

    今年に入ってから、今までになかったほど、色々な方から学ばせていただいています。■ただ…

  7. 顧客に提案しまくっていますか?

    先日、仲間の1人がいい感じに顧客開拓をしまくっていました。それを見て、私はまだまだ提案が足りてい…

  8. 安易に既存ビジネスに乗っかるリスク

    先日、ある方から相談を受けました。会社を辞めて、フランチャイズに加盟しての独立を考えているそ…

最近の記事

最近読んだ本

PAGE TOP