menu

独立直後の目的はお金でも良い

LINEで送る
Pocket

「独立したい」と思ったとき、
その理由は何でしたか?


私の場合は、「全部自分でやりたい」という思いでした。
自分でサービスを企画して、自分で顧客を開拓し、提案して、
受注して、サービスを提供して、というように。

会社員だった頃、自分で予算すら決められないことに
大きなフラストレーションを抱えていたことを覚えています。


でも、実際に独立するとなると、そんな理想だけ言ってられません。
とにかくお金を稼いで生きていかなければならないからです。

私の場合は、家族が居て、ローンも抱えています。
(売上ではなく)収入レベルで、それなりのお金が必要でした。

取れる仕事は何でも取りました。
今ではポリシーに合わず、辞めた仕事がいくつもありますが、
独立直後は仕方ありませんでした。


おかげで自分に合う仕事も、合わない仕事も経験できました。
どうすれば仕事が取れるか、顧客を獲得できるのか、の訓練にもなりました。

だから、独立当初は崇高な目的などなく、
ただお金を追いかけても良いと思うのです。

私自身、今でもお金の心配はあります。
ひとりで働いている以上、心配がゼロになることはないのでしょう。
(病気になったり、事故に合うこともあるかもしれませんし)

ただ、多少なりともお金の心配が減ってきたとき、
「何で独立したんだっけ?」という原点に戻ったり、
あるいは、使命・ミッションとも言えるような、
より深いところに行き着いたりすると思うのです。

マズローの欲求段階説にも合いますね。

ですから、お金のことばかり考えてしまう自分を「卑しい」などと思わず、
まずはしっかり稼いで、それからミッションを決めれば良いと考えています。
ただ、お金100%ではなく、心のどこかに、自分の存在価値を考える
アンテナを立てておけば十分でしょう。

そうやって自分を認めようとしていたのは事実です。



【セミナー】
ただ今、募集中のセミナーはありません。

中小企業診断士試験:ここからが本当の勝負だ

人生で最も長く、最も深い「旅」に出ています

関連記事

  1. 人工知能に食われる仕事をしていませんか?

    日々、多くの士業の方とお会いしていると、ついつい余計な心配をしてしまいます。■最近、…

  2. 乗り越えたいライバルは居ますか?

    今年に入ってから、今までになかったほど、色々な方から学ばせていただいています。■ただ…

  3. 気づいてもらうのに必要なこと

    「教えないコンサルティング」シリーズが続いています(笑)■顧客の成果にフォーカスするから…

  4. バグを掘り起こされました

    昨日は、毎月、定期的にコンサルティングをお願いしている方と、個別コンサルティングでした。…

  5. タダでも顧客の声をもらいに行く

    昨日、コンサルタントとして独立するのであれば、「プロフィール・サービスメニュー・顧客の声」…

  6. コンサルティングを受けたことがありますか?

    昨日のブログに関連した内容です。突然ですが、コンサルタントを目指す皆さま、コンサルティン…

  7. 仕事日をカレンダーに任せない

    独立すると仕事をする日、休む日を決めるのも自分自身です。■年末年始に入ったからと…

  8. これまでの動きがつながった先

    昨日、あるセミナーの音声を聴きながら電車の外をボーっと眺めていたとき、突然衝撃が走りました。…

最近の記事

最近読んだ本

PAGE TOP