menu

独立直後の目的はお金でも良い

LINEで送る
Pocket

「独立したい」と思ったとき、
その理由は何でしたか?


私の場合は、「全部自分でやりたい」という思いでした。
自分でサービスを企画して、自分で顧客を開拓し、提案して、
受注して、サービスを提供して、というように。

会社員だった頃、自分で予算すら決められないことに
大きなフラストレーションを抱えていたことを覚えています。


でも、実際に独立するとなると、そんな理想だけ言ってられません。
とにかくお金を稼いで生きていかなければならないからです。

私の場合は、家族が居て、ローンも抱えています。
(売上ではなく)収入レベルで、それなりのお金が必要でした。

取れる仕事は何でも取りました。
今ではポリシーに合わず、辞めた仕事がいくつもありますが、
独立直後は仕方ありませんでした。


おかげで自分に合う仕事も、合わない仕事も経験できました。
どうすれば仕事が取れるか、顧客を獲得できるのか、の訓練にもなりました。

だから、独立当初は崇高な目的などなく、
ただお金を追いかけても良いと思うのです。

私自身、今でもお金の心配はあります。
ひとりで働いている以上、心配がゼロになることはないのでしょう。
(病気になったり、事故に合うこともあるかもしれませんし)

ただ、多少なりともお金の心配が減ってきたとき、
「何で独立したんだっけ?」という原点に戻ったり、
あるいは、使命・ミッションとも言えるような、
より深いところに行き着いたりすると思うのです。

マズローの欲求段階説にも合いますね。

ですから、お金のことばかり考えてしまう自分を「卑しい」などと思わず、
まずはしっかり稼いで、それからミッションを決めれば良いと考えています。
ただ、お金100%ではなく、心のどこかに、自分の存在価値を考える
アンテナを立てておけば十分でしょう。

そうやって自分を認めようとしていたのは事実です。



【セミナー】
12月18日(月)経営塾

中小企業診断士試験:ここからが本当の勝負だ

人生で最も長く、最も深い「旅」に出ています

関連記事

  1. 協会に頼らない世界

    先日、中小企業診断士が集まる機会があり、そこに顔を出していました。皆さんの会話を聴いていて、…

  2. 売り物はコンサルティングだけではない

    私たちはコンサルタントだからといって、売り物をコンサルティングだけに絞り込む必要はありません。…

  3. 企業に価値を伝える表現方法

    コンサルティングなどの企業を支援するサービスを企業に提示する場合、鉄板とも言える表現方法があ…

  4. 士業の世界より外に出ていこう

    私は中小企業診断士を取得した頃から、診断士だけで集まりすぎないようにしていました。■…

  5. 自分の買い物経験を価値に変える

    マーケティングのコンサルタントに共通する特長は、買い物が多いことだと感じています。■…

  6. セミナーは、自分らしいスタイルを身につける

    週末のセミナー後、懇親会の場で質問をいただいたことで、私自身のセミナーのスタイルが分かりました。…

  7. 営業できないと避けられないこと

    このメルマガでも、ブログでも何度も書いていますが、士業の多くが「営業ができない」という致命的な弱…

  8. もう会社員には戻れない、と思う理由

    「もう会社員には戻れないなぁ」と良く感じます。■最初の理由は(言うまでもなく?)自由だか…

最近の記事

最近読んだ本

PAGE TOP