menu

専門ネタに偏り過ぎる情報発信のドツボ

当然のことながら、私は士業の方のブログやメルマガを
良く読んでいます。


近しい商売をしている方の研究のために、
あるいは潜在顧客のニーズを知るために読んでいます。

その中で、たまに感じるのが、
ひたすら専門分野のネタを書き続ける方。

分かりやすい例は、税理士が税務ネタを書くような。


一般人向けに分かりやすく書いてあれば良いのですが、
一応、士業である私から見ても、専門性が高すぎて読めないのです。

「果たして、誰に向けて情報発信しているのだろう?」

と疑問に思うのです。


同業の税理士の仲間に向けて書いているなど、
目標がしっかりと定まっていれば良いのですが、

真面目な士業に良くあるのは、

「自分が勉強したことの記録をしっかりとっておきたい」

という趣旨の情報発信。
これは備忘録としては良いですが、少なくともビジネスには
つながりにくいもの。

顧客が誰なのか?を定義し、
その顧客が知りたい情報を伝わる形で届ける。
それが情報発信のスタートなのかな、と思っています。

【独立のリアル】フリーランスのリアルな一日(アクティブ版・引きこもり版)

独立・起業に必要な、たった1つの覚悟

関連記事

  1. 見積を出したのに受注できない世界?

    会社員としてIT企業に勤めていた頃、お客さんから複数社に提案依頼がされることは日常的でした。…

  2. 「雇われない生き方」の次の時代

    『フリーエージェント社会の到来』という本があります。■2002年に出た本で、その後、…

  3. 資格は運転免許のようなもの

    士業のような取得に苦労した資格になればなるほど、その資格らしい仕事に特化しがちだと感じています。…

  4. 迷ったときに戻るべき原点

    このところ、少し迷っていたことがありました。■独立直後からやっていた、あまり望まない仕事…

  5. 顧客のことをどれだけ知っているか?

    自分の顧客が誰か?を定義できたら、次に確認すべきは、顧客のことをどれだけ知っているか?…

  6. 公的機関に無償で来る企業は顧客になるのですか?

    質問を頂きました。公的機関の経営支援、税務相談などに無償でやってくる企業は、有償サービス…

  7. 無条件の理想を掲げる

    自分に対しても、顧客に対しても意識していること。■一切の制約条件を抜きにして、ありた…

  8. 鉄板コンテンツは何ですか?

    あなたの鉄板コンテンツは何ですか?■コンサルティングをするにせよ、研修やセミナーで講…

最近の記事

最近読んだ本

PAGE TOP