menu

専門ネタに偏り過ぎる情報発信のドツボ

LINEで送る
Pocket

当然のことながら、私は士業の方のブログやメルマガを
良く読んでいます。


近しい商売をしている方の研究のために、
あるいは潜在顧客のニーズを知るために読んでいます。

その中で、たまに感じるのが、
ひたすら専門分野のネタを書き続ける方。

分かりやすい例は、税理士が税務ネタを書くような。


一般人向けに分かりやすく書いてあれば良いのですが、
一応、士業である私から見ても、専門性が高すぎて読めないのです。

「果たして、誰に向けて情報発信しているのだろう?」

と疑問に思うのです。


同業の税理士の仲間に向けて書いているなど、
目標がしっかりと定まっていれば良いのですが、

真面目な士業に良くあるのは、

「自分が勉強したことの記録をしっかりとっておきたい」

という趣旨の情報発信。
これは備忘録としては良いですが、少なくともビジネスには
つながりにくいもの。

顧客が誰なのか?を定義し、
その顧客が知りたい情報を伝わる形で届ける。
それが情報発信のスタートなのかな、と思っています。



【セミナー】
9月25日(月) マーケティング塾(第1回)

【独立のリアル】フリーランスのリアルな一日(アクティブ版・引きこもり版)

独立・起業に必要な、たった1つの覚悟

関連記事

  1. どっちかじゃなくて、どっちも

    ポケモンGoの爆発的人気で、拡張現実(AR)が世の中一般的に受け入れられました。こんなブ…

  2. 情報発信でコンテンツ以上に求められるもの

    私たち士業は、情報発信をするときに、ついつい専門分野について書いてしまいます。■もち…

  3. 教えないけど、学びはどこまでも深く

    このメルマガでは何度も書いていますが、私のコンサルティングのスタイルは、基本的に「教えない」…

  4. 顧客の顧客のそのまた顧客にとっての価値とは?

    対企業にコンサルティングを行なう場合、気をつけるポイントがあります。■顧客の顧客、あ…

  5. コンサルタントは労働集約な仕事

    コンサルティングだけをやっていると、自分の事業が労働集約型の仕事だとつくづく思います。私…

  6. コンサルティングに「思考」だけでなく「感覚」を

    コンサルティングと言えば、「思考」「論理」が支配する世界です。■大手コンサルティング…

  7. 自分のエネルギー状態を常に意識する

    コンサルティングやコーチングなど、クライアントと1対1に向かい合うとき、自分のエネルギー…

  8. お金がゴールの人は居ない

    インサイトマップセッションで、毎日のように、人の深い悩みを聴いています。そこで気づいたこ…

最近の記事

最近読んだ本

PAGE TOP