menu

専門ネタに偏り過ぎる情報発信のドツボ

LINEで送る
Pocket

当然のことながら、私は士業の方のブログやメルマガを
良く読んでいます。


近しい商売をしている方の研究のために、
あるいは潜在顧客のニーズを知るために読んでいます。

その中で、たまに感じるのが、
ひたすら専門分野のネタを書き続ける方。

分かりやすい例は、税理士が税務ネタを書くような。


一般人向けに分かりやすく書いてあれば良いのですが、
一応、士業である私から見ても、専門性が高すぎて読めないのです。

「果たして、誰に向けて情報発信しているのだろう?」

と疑問に思うのです。


同業の税理士の仲間に向けて書いているなど、
目標がしっかりと定まっていれば良いのですが、

真面目な士業に良くあるのは、

「自分が勉強したことの記録をしっかりとっておきたい」

という趣旨の情報発信。
これは備忘録としては良いですが、少なくともビジネスには
つながりにくいもの。

顧客が誰なのか?を定義し、
その顧客が知りたい情報を伝わる形で届ける。
それが情報発信のスタートなのかな、と思っています。



【セミナー】
ただ今、募集中のセミナーはありません。

【独立のリアル】フリーランスのリアルな一日(アクティブ版・引きこもり版)

独立・起業に必要な、たった1つの覚悟

関連記事

  1. どこを使って売っていますか?

    昨日は、戦略うんぬん以前に、顧客のことをもっと知りましょう。そのために顧客に会い、リサーチし…

  2. パラリンピックを観て気づくイノベーション

    息子がパラリンピックのデイリーハイライトを観ていてふと気づいたことがあります。■イノ…

  3. 社長が積極的に卒業する時代

    このところ、社長が会社を卒業するケースを何件も見ました。■どのケースにも共通しているのは…

  4. 最初の課題は、真の課題ではない

    コンサルティングをする上で、一番気にしているのは、顧客が言う課題の奥底を読むことです。…

  5. エネルギー枯渇問題

    コンサルティングを続けて、顧客層がより良くなってくるとともにある問題(!?)が発生してきます…

  6. セミナー主催のシェア会を行いました

    昨晩、8月に『セミナー主催』セミナーに参加頂いた方々と集まり、人生で初めて主催したセミナーの感想…

  7. 顧客の関門に合わせた商品設計を

    前回、前々回で営業のキモとなる話をお伝えしました。簡単に復習すると、「営業」という言…

  8. スキルアップは仕事ではない

    資格をとってまで勉強する人や、会社以外に大学・大学院・予備校にまで通う人は、本当に勉強熱心で…

最近の記事

最近読んだ本

PAGE TOP