menu

公的機関の仕事を選ぶときの基準

LINEで送る
Pocket

中小企業診断士などの士業は、公的機関の仕事を
紹介してもらいやすい立場にあります。


私も独立したとき、いくつか紹介され、
そのうち一部は実際にやってみました。

すぐに辞めたものもあれば、
今でも続けているものがあります。

その選択基準とは何でしょうか?

ちなみに昨日のブログでは、
収入面から見た紹介・公的機関業務の割合について
書きました。

紹介や公的機関の仕事の割合をコントロールする


公的機関の仕事は、ガチガチにその業務内容が
決められているものもあれば、比較的ゆるいものもあります。

私はガチガチなものは選びません。
工夫の余地がないからです。

提出する書類や、その様式までガッチリ決められていて、
社長と会ったときも、やることが決められてしまっている。

そんな仕事があります。

でも私は、そんなにガチガチに縛られるなら、
「誰が対応しても同じ」と思ってしまうのです。


公的機関の仕事は、上でご紹介したブログ記事でも
書きましたように、独立直後の生活費を稼ぐ役割があります。

その他には、自分では見つけにくい自分の強みを発見したり、
「顧客の声」をいただいたりすることもできるでしょう。
工夫をすることで、自分なりのサービスを作るネタにもなります。

ただ、これらはサービスの細かい内容は任されているものでしか
実施できません。

だから、私はゆるいサービスを選んでいるのです。
どうせやるなら、そこでも自分らしさを発揮しつつ、
顧客に貢献したいものですね。



【セミナー】
12月18日(月)経営塾

社長が欲しいのは売上

アーリーリタイアなんてとんでもない!

関連記事

  1. 「教える」と「気付かせる」のバランス

    コンサルティングをするとき、今、一番工夫を繰り返しているのが、「教える」と「気付かせる」…

  2. 独立後、再び会社員に戻る人

    読者の方よりご質問をいただきました。「独立後食べていけるまでになる方は 全体の何割くらい…

  3. 資格以外の技を持っていますか?

    資格を取ると、それ自体が1つのスキルになります。■中小企業診断士であれば、経営コンサルタ…

  4. パラリンピックを観て気づくイノベーション

    息子がパラリンピックのデイリーハイライトを観ていてふと気づいたことがあります。■イノ…

  5. いきなりコンサルティングは売れません

    「独立してもコンサルティングが売れる気がしないんです。」先日、ある方から言われました。…

  6. 売り物はコンサルティングだけではない

    私たちはコンサルタントだからといって、売り物をコンサルティングだけに絞り込む必要はありません。…

  7. 「ITは苦手だから・・」は通用しなくなってきた

    公共系の仕事をすると、毎回、頭が痛くなることがあります。■今どき「紙」の文化だからで…

  8. 資格を外すと、ビジネスモデルが出来上がる

    自分がどんなビジネスをやりたいのか?独立・起業で最初にぶち当たる壁はここだそうです。しか…

最近の記事

最近読んだ本

PAGE TOP