menu

公的機関の仕事を選ぶときの基準

中小企業診断士などの士業は、公的機関の仕事を
紹介してもらいやすい立場にあります。


私も独立したとき、いくつか紹介され、
そのうち一部は実際にやってみました。

すぐに辞めたものもあれば、
今でも続けているものがあります。

その選択基準とは何でしょうか?

ちなみに昨日のブログでは、
収入面から見た紹介・公的機関業務の割合について
書きました。

紹介や公的機関の仕事の割合をコントロールする


公的機関の仕事は、ガチガチにその業務内容が
決められているものもあれば、比較的ゆるいものもあります。

私はガチガチなものは選びません。
工夫の余地がないからです。

提出する書類や、その様式までガッチリ決められていて、
社長と会ったときも、やることが決められてしまっている。

そんな仕事があります。

でも私は、そんなにガチガチに縛られるなら、
「誰が対応しても同じ」と思ってしまうのです。


公的機関の仕事は、上でご紹介したブログ記事でも
書きましたように、独立直後の生活費を稼ぐ役割があります。

その他には、自分では見つけにくい自分の強みを発見したり、
「顧客の声」をいただいたりすることもできるでしょう。
工夫をすることで、自分なりのサービスを作るネタにもなります。

ただ、これらはサービスの細かい内容は任されているものでしか
実施できません。

だから、私はゆるいサービスを選んでいるのです。
どうせやるなら、そこでも自分らしさを発揮しつつ、
顧客に貢献したいものですね。

社長が欲しいのは売上

アーリーリタイアなんてとんでもない!

関連記事

  1. 何を捨てるのか?

    企業を支援していても、独立後の人を見ていても、あるいは自分自身を振り返っても、難しい…

  2. 最初の課題は、真の課題ではない

    コンサルティングをする上で、一番気にしているのは、顧客が言う課題の奥底を読むことです。…

  3. 年金受給者(年金診断士)とは一緒になりません

    「年金診断士」と呼ばれる人たちがいます。■企業を定年まで勤めた後、中小企業診断士の資…

  4. 「2:8」の世界から「1:99」の世界へ

    これからは、きっとこういう世の中になるんだろうな、というイメージがあります。■私は日…

  5. 安易に既存ビジネスに乗っかるリスク

    先日、ある方から相談を受けました。会社を辞めて、フランチャイズに加盟しての独立を考えているそ…

  6. ビジネスは瞬発力よりも巡航速度

    マラソンやトライアスロンのレースに出ているとビジネスにも役立つ示唆をもらえます。■昨…

  7. 4月独立するために必要なこと

    私は3月末で会社員を辞めて、4月から独立しました。■チームを預かるマネージャーでしたので…

  8. IT企業の支援者育成の場を作ります

    こちらの記事でも書いたのですが、IT企業を支援する仲間づくりを始めます。■…

最近の記事

最近読んだ本

PAGE TOP