menu

直接営業と間接営業

LINEで送る
Pocket

昨日は、士業には営業力がない、
それが致命的だということを書きました。


では、どうやって営業力をつけるのか?

その前に伝えておかなければならないことがあります。
直接営業と間接営業の話です。

士業はなぜか、間接営業に偏る人が圧倒的に多いです。
最終顧客に直接アプローチするのではなく、
顧客を持っている人にアプローチするのです。


中小企業診断士であれば、中小企業診断士協会に入って、
そこの先輩やら事務局などから、お仕事をいただく。

商工会とかに専門家として登録して、
相談に来た人を紹介してもらう。

研修会社に登録して、企業向け研修を担当させてもらう。

同僚や、他の士業から仕事を紹介してもらう。

こういう間接的なことをしている人が、
私の知る限り9割以上なのではないでしょうか。

仕事をまわしてもらうために、
まわしてくれる人に営業をするのです。


私は間接営業が悪いと言っているわけではありません。
間接営業という選択肢しかないことが悪いのです。

なぜ悪いのか?

どれだけ売上を上げるのか?を
自分でコントロールできないからです。

紹介は、「機会があれば振りますよ」ということです。
振る側だって、仕事がないかもしれない。
もっと優先して紹介したい人が別にいるかもしれない。

どれだけ売り上げるのか?を
他者に委ねて良いのでしょうか?


ここまででお分かりのように、
私たち士業がまず身につけるべきなのは、
直接営業のスキルです。

自分自身で顧客を創造する。
開拓して、育てる。

営業力を育てると言っても、
それは間接営業のスキルではなく、
直接営業のスキルを伸ばさないといけないのです。


【セミナー】
12月18日(月)経営塾

士業に欠けているもの

ブログを毎日書き続けて得られたのは「自尊心」だった

関連記事

  1. 独立するなら学び方を変えたい科目

    このブログ読者には、中小企業診断士だけでなく、診断士を目指す受験生も多くいらっしゃいます。…

  2. 大企業に勤めた経験は宝

    大企業を辞めて独立したとき、「これでやっと自由になれる」と思ったものです。 船頭多くし…

  3. Web放談会って、どんなものですか?

    昨日から募集開始した「Web放談会」。これって、どんなものですか?とご質問をいただきました。…

  4. まだコミットが足りなかった!

    一昨日、起業直後にも関わらず、あっという間に会社員時代の年収を上回る受注を獲得した若者のセミ…

  5. コンサルである前に経営者である

    私たちは独立・起業してコンサルティングをビジネスとしている、あるいはしようとしている人です。…

  6. 営業できないと避けられないこと

    このメルマガでも、ブログでも何度も書いていますが、士業の多くが「営業ができない」という致命的な弱…

  7. 直接営業、はじめの一歩

    士業の営業力について書き続けています。基本的に士業の営業力は致命的だということ。そして間接営…

  8. 軸となる価格を決める

    稲盛和夫さんが仰られている通り、値決めは経営の肝です。■私たちのように目に見えない…

最近の記事

最近読んだ本

PAGE TOP