menu

直接営業と間接営業

昨日は、士業には営業力がない、
それが致命的だということを書きました。


では、どうやって営業力をつけるのか?

その前に伝えておかなければならないことがあります。
直接営業と間接営業の話です。

士業はなぜか、間接営業に偏る人が圧倒的に多いです。
最終顧客に直接アプローチするのではなく、
顧客を持っている人にアプローチするのです。


中小企業診断士であれば、中小企業診断士協会に入って、
そこの先輩やら事務局などから、お仕事をいただく。

商工会とかに専門家として登録して、
相談に来た人を紹介してもらう。

研修会社に登録して、企業向け研修を担当させてもらう。

同僚や、他の士業から仕事を紹介してもらう。

こういう間接的なことをしている人が、
私の知る限り9割以上なのではないでしょうか。

仕事をまわしてもらうために、
まわしてくれる人に営業をするのです。


私は間接営業が悪いと言っているわけではありません。
間接営業という選択肢しかないことが悪いのです。

なぜ悪いのか?

どれだけ売上を上げるのか?を
自分でコントロールできないからです。

紹介は、「機会があれば振りますよ」ということです。
振る側だって、仕事がないかもしれない。
もっと優先して紹介したい人が別にいるかもしれない。

どれだけ売り上げるのか?を
他者に委ねて良いのでしょうか?


ここまででお分かりのように、
私たち士業がまず身につけるべきなのは、
直接営業のスキルです。

自分自身で顧客を創造する。
開拓して、育てる。

営業力を育てると言っても、
それは間接営業のスキルではなく、
直接営業のスキルを伸ばさないといけないのです。

士業に欠けているもの

ブログを毎日書き続けて得られたのは「自尊心」だった

関連記事

  1. 1ヶ月にいくら必要ですか?

    先日、ある方と会話をしていたとき、「手取り最低年収で3,000万円ないと、人として生きて…

  2. タダでも顧客の声をもらいに行く

    昨日、コンサルタントとして独立するのであれば、「プロフィール・サービスメニュー・顧客の声」…

  3. インサイトマップで得られる確信

    インサイトマップ・セッションが提供する価値の本質をズバリと言い現すご感想を頂きました。■…

  4. コンサルティング力と営業力

    あなたも既に感じているように、世の中は大きく変化しています。■働き方は大きく変化…

  5. 新しい仕入れをしていますか?

    ゴールデンウィークの間、今まで参加していたのとは毛色の異なるセミナーに参加していました。…

  6. どこを使って売っていますか?

    昨日は、戦略うんぬん以前に、顧客のことをもっと知りましょう。そのために顧客に会い、リサーチし…

  7. 「教える」と「気付かせる」のバランス

    コンサルティングをするとき、今、一番工夫を繰り返しているのが、「教える」と「気付かせる」…

  8. 成果は誰のものか?

    顧客の成果を我が物顔で自慢されると、同じコンサルタントとしては、引いてしまいます。■…

最近の記事

最近読んだ本

PAGE TOP