menu

「無能の知」から成長へシフトする

一昨日、昨日とセミナーについて書いてきて、
いよいよセミナーの段取りへ・・と思っておりましたが、今日はちょっと閑話を。

昨晩、横浜国際プールにスイムのトレーニングに行ってきました。
いやぁ〜、行ってきて良かったです。
自分の「できなさっぷり」を痛感して、サボる気が失せました。

 

できないことを知る

昨日参加したのは、Lapulemさんのトレーニングイベント。久しぶりの参加でした。
100メートルを2分20秒で10本泳げればOK!という基準だったので、
気楽に参加しましたが、見事に打ちのめされました。

軽いアップの後、イキナリやったのがこれ
最初に脚を縛り、上半身だけで必死に泳げと。
泳ぐ・・?泳げない・・。
腰が落ちて、あっと言う前に足をついてしまいそうになります。
足をつかないように無理に粘ったおかげで、見事に脚が攣りました。。
(レース中に良く攣るところなので、何かの因果関係があるのかも)

この時点で完全に心が折れていましたが、さらにボールを握って泳げと。
もう無理ですよ・・全く進みません。
10メートル進むのに、めっちゃ時間がかかります。
泳ぐというより、ほぼ溺れている状態。。

久しぶりにプールの水が怖いって思いましたよ。
同じコースの人たちには先に行っていただいて、
私は何度も足を付き、ヘロヘロになりながらやりました。

今まで体幹を使わずに小手先で泳いでいたことを痛感したのでした。

 

「できないこと=弱み」ではない

実は、以前からコッソリと気づいていたんです。
上級者と比べると、私の泳ぎは腰が大きく落ちやすいことを。
けのびをすると分かるんです。

上級者はスィ〜と進むのに、私は腰が落ちるので、すぐに減速してしまいます。
今まで、そのことを見て見ぬふりをして、キックで足を浮かせて、ごまかしていたのです。
「脂肪が少ないんから沈みやすい〜」とか言いながら。
昨晩はその弱点を露わにされたのでした。

やってるときは苦しくて、泳げなくて、心は泣いていましたが、
終わった後は、むしろスッキリしました。

「これだけできないのに、今まで一応、泳げていたのだから、
弱点を克服したら、めっちゃ伸びるんじゃないだろうか?」と。

スイムに限らず、他のことでも同じです。
強みとか弱みとか言う前に、多くの場合、私たちは苦手な分野は単純に「やっていない」ことがほとんどです。
天賦の才があるかどうかは、ある程度の基本・量をこなしてから判断されるもの。
だから「できない」ことは「弱み」ではなく、むしろ「成長の伸びしろ」だと思うのです。

スイムに関しては、子どものときに習った貯金だけで泳いでいたので、
そろそろマトモな指導を受けるときだな、と感じました。
(その前にもっとできないバイクが優先ですが。。)

 

心折れた先のはなし

ちなみに、心が折れたのには続きがありまして。
400メートルのタイムトライアルをしたのです。
この時点で脚は攣ってるし、2,000メートルは泳いだ後だから疲労困憊。
(その条件は一緒にタイム計った人たち、皆一緒なんですが)

で、なんと、たったの400メートルの間に、周回遅れにされましたよ。。
しかも私が300メートルに到達する前に抜かれましたとさ。
最初にスタートした人との差が20秒あったことを差し引いても速すぎる!(ってか、私が遅すぎる。。)
もう途中でタイムトライアル止めようかと思いました。。

その先頭の方のタイム(5分30秒くらい)を聞いて、「まぁ、仕方ないね」と自分をなぐさめたのでした。
タイムトライアルの後もガンガン泳ぎ、結局、1時間半で3,000メートルほど。
自分一人じゃ絶対にできない追い込みでした。
Lapulemさんの練習会、オススメですよ。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【編集後記】
私は400メートル7分36秒で、基準タイム(7分30秒)を切れませんでした。
ビギナークラスから出直します。
まずは1メートル1秒(=100メートル1分40秒)を巡航速度にできるよう
トレーニングしようかと。

今日も素晴らしい1日になります。感謝!!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【メルマガ 『非常識なコンサルタント』】
独立・起業を目指す方、特に自分らしく働き・生きたい方。
コンサルティングを事業の軸にしたい方に向けたメルマガを配信しています。
こちらから登録できます。

【Facebookページはこちら
「いいね!」すると、ブログ更新のお知らせを受け取れます。
たまに気になるニュースなども通知しています。

ブログ村ランキングに参加しています!
応援のクリックをしていただけると、嬉しいです。
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
にほんブログ村

Web放談会って、どんなものですか?

セミナー主催の段取り【企画、告知、値付け】

関連記事

  1. カラダ&ココロとの対話を繰り返す

    改めて定点観測って大事だな、と感じています。アンテナの精度が高まるからです。…

  2. 運動後の疲労回復(リカバリー)に効果的なこと

    五島長崎国際トライアスロン(バラモンキング)、2017年は6月11日に実施されました。3週間後の…

  3. トレイル・ランニングをトレーニングに組み込んでみたら

    今シーズンのトライアスロンレースが終わり、マラソンシーズンや来期のトライアスロンを見据えています。…

  4. 高速 pDCA #643

    おはようございます。渋屋です。■ランニング仲間の行動の早さに驚愕!マラソ…

  5. 気付いたら自分の基準値が変わっていた件

    ふと過去を振り返ったとき、自分の基準値が大きく変わっていることに気付きました。私のランニング歴を…

  6. 中小企業診断士試験とトライアスロンの意外な共通点

    先週末はトライアスロンチーム「ポセイ丼」の仲間達が、佐渡で行われたレースに参加し、全員完走してき…

  7. 普段から出来ないことは本番でもできない

    昨日参加した湘南国際マラソンで痛感したことです。■これまでに何度も何度も感じてきたことで…

  8. 「箱根駅伝の応援」を見ていて感じたこと

    ここ数年間の恒例行事となっていますが、箱根駅伝を沿道で応援してきました。ちな…

最近の記事

最近読んだ本

PAGE TOP