menu

あなたのライバルは誰ですか?

LINEで送る
Pocket

「ライバル」の存在って大きいですよね。
思い出すと、かつては周りにライバルばかりいて、おかげで成長することができました。

 

ライバルがいるから成長できた

小学生の頃、私はスイミングを習っていました。
6年生には選手コースに進んで学校で2番になり、リレーで横浜市の大会にも出ました。
その頃は、一緒にスイミングに通う友達や、リレーのチーム仲間などと、
コンマ1秒を争う日々でした。

大学生の頃、ラケットボールというスポーツをやっていました。
何を始めても飲み込みが悪い私は、2~3年生まではパッとしない成績でしたが、
4年生になると、それなりに勝てるようになっていきました。
この頃、他大学を含めて、「アイツだけには負けたくない」と思うライバルがいました。

今やっているマラソンやトライアスロンは、チームメイトが最高の仲間であり、ライバルだと思っています。
日頃はそれぞれの分野で活躍している卓越したビジネスパーソン達です。
色んなキャラの人がいて、それぞれ尊敬し、学ばせていただきつつ、
いざレースが始まるとお互いを応援しつつ、でも心のどこかで勝ちたいと思いつつ。

そんなライバルがいるから、自分なりに成長してきましたし、
これからも成長するのだと思っています。

 

ライバル不在はもったいない

同じように学生の頃であれば、勉強にもライバルがいました。
社会人になったばかりの頃は、同期をライバル視していたかもしれません。
初めて管理職になったときは、同じ役職の人たちをライバル視していたかもしれません。

ただ、フリーランスになった今、私のライバルは誰なんだろう?と、ふと疑問に思ったのです。

私より圧倒的な成果を出している人は、山ほどいます。
そんな方々を尊敬し、学ばせていただくばかりなのですが、
ライバルに相当する人は、誰なんだろう?と。

人と自分を比べるだけが成長の糧ではありませんが、
強烈なエネルギー源となる負けん気を活用しないのは、もったいない。
やっぱりライバルが居たほうがいいなぁ~、と感じています。

 

上の人に、追いつき、追い越せ

で、考えてみると、「学ぶ対象、尊敬する対象」として見てきた人を、
勝手にライバルにするのが良いのでは、と。

人を学び・尊敬の対象として見るのは、実は簡単です。
「あの人のようになりたいな。(だけどそう簡単にはなれないよね)」
という意識がどこかに働くからです。

でも、その人をライバルとしてみると、
「あの人はすごい。(でも追い越すためにはどうすれば良いのか?)」
と頭を使うようになります。

既に成果を上げている人は、実績も顧客基盤も磐石ですから、勝てません。
「じゃあ、せめて行動量だけでは勝つか。いやスピードだけでは負けない」
そうやって工夫をし始めることができるでしょう。

まだ誰にするか決めていないのですが(^_^;
誰かを勝手にライバルと設定してみたいと思います。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【編集後記】
今日は息子のサッカーの試合。
予選を終えて決勝リーグです。頑張って欲しいです!

今日も素晴らしい1日になります。感謝!!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【Facebookページはこちら
「いいね!」すると、ブログ更新のお知らせを受け取れます。
たまに気になるニュースなども通知しています。

ブログ村ランキングに参加しています!
応援のクリックをしていただけると、嬉しいです。
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
にほんブログ村


【セミナー】
ただ今、募集中のセミナーはありません。

中小企業診断士はダメな政策に立ち向かうべき

【独立のリアル】独立するときに事務所は必要ですか?

関連記事

  1. 上手くいかないときは、質より量を疑った方が良い

    一昨日、昨日の2日間、バイク合宿に行っていました。2日間で約150km乗りました。今の私には、ほ…

  2. 1ヶ月での変貌っぷり

    診断士の2次筆記試験が終わってから、早1ヶ月が過ぎました。この1ヶ月を振り返ってみると、その変わり…

  3. 働きがいのある会社

    こんにちは。都内は雪が止んで、ほっと一息のduckです。今回は、日経ビジネスオンラインの記事からです…

  4. 2度目のコーチングで悩みが明らかに

    おはようございます。渋屋です。一瞬、雨が止んだので、「家族3人で軽くランニングするか!」とい…

  5. 学生が中小企業に就職したがらない理由

    以前に、私は新卒で小さな企業に就職して良かった、という記事を書きました。今でも学生には、大企…

  6. 人脈はひたすら深さ

    こんばんは。昨日のブログで『広さよりも深さを』ということで、スキルは浅く・広くよりも、まずは自分の…

  7. 『嫌われる勇気』が売れたのに、果たして幸せな人は増えたのか?

    日々、本を読んでいて思うことがあります。こんなに多くの人が本を読んでいるにも関わらず、なぜ人…

  8. 仮説を立てる #101

    こんばんは、duckです。今日は久しぶりに技術や製品の基礎的なセミナーに行ってきました。トレンドとか…

最近の記事

最近読んだ本

PAGE TOP