menu

もっと感受性を高めたいときに手に取った本 『自分の感受性くらい』

独立し、仕事も変わった、この4月。
昨日の記事(独立から3日間を振り返って)でも書きましたが、スキル不足を痛感しています。
スキルというと語弊があるかもしれないのですが、その中の1つが「感受性」でした。

 

1通のメールからでも、何かを読み取る力

私は4月から、直接、お客様とやり取りをする仕事に就いています。
ここでのお客様とは、私と契約を結んでいる会社のことではなく、
その会社のお客様。

私はお客様からの短いメール1通から、
あるいはシステムに入力された短いコメント、
そうしたものから、もっと「何か」を汲み取りたいと感じるようになりました。

そのお客様は何に困っているのか?
何を望まれているのか?

人間は常に論理的ではなく、むしろ普段は非論理的。
感情で動く生き物です。
ふとした瞬間、1通のメールや短いコメントの中に、
そういう感情が出ているだろう、と思うのです。

 

感受性を高めるために手に取った1冊

私は色んな方から、論理的だね、と言われます。
でも、これが褒め言葉か?というと、私はあまりそう感じていません。
(そう声をかけて下さる方は、褒めて下さっているのですが)

論理だけでなく、もっと人の感情を汲み取れるようになりたい。
自分の感情もうまく表現できるようになりたい。

そんなことを感じて、積ん読になっていたこの本を引っ張り出しました。

「論理的で冷静な人」からの脱却

私のことを長く知っている方からは、私のことを、
「論理が感情を包んでいる人 」
と表現されたことがあります。

本当は感情的なんだけど、普段は理屈ばかりなので、こう表現されたのでしょうか。
それとも、大人の世界に入ってから、感情を表現する方法が分からなくなり、
論理に重きを置いたから、こうなったのでしょうか。

何れにしても、頻繁に言われる「論理的」「冷静」からは、
良い意味で脱却したいと思っています。

もっと感情を上手く表現したいし、
人の感情を大事にしたい。

本を1冊読んだ程度では、何も変わらないと思いますが、
日々の生活で、感情の触れ合う機会を意識していきます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【編集後記】
まずは最も感情的な生き物?である子どもとの触れ合い方を
意識して変えていこうと思います。

今日も素晴らしい1日になります。感謝!!

独立から3日間を振り返って

医療保険:退職後の選択肢は3つ

関連記事

  1. 沈黙のWebマーケティングは実用入門書か?

    このところ、Webマーケティングに関する本を読み進めています。Webマーケティング全体のものから…

  2. 【感想】すっきり!わかりやすい!文章が書ける

    こんばんは、duckです。桜がキレイに咲いています帰宅時は酔っ払いがたくさん居ました新入社員らしいサ…

  3. 商売に必要な要素がギュッと詰まった1冊

    商売で成功するために必要なことは何でしょうか?その質問に答えてくれるのが、今回ご紹介する本です。…

  4. ロボットと人工知能(AI)は競うものではなく、利用するもの

    昨日の日経新聞の朝刊、タイトルが挑発的でした。「ロボットと競えますか」労働者の不安を煽ろうと…

  5. 共著 『社長はデータをこう活かせ!』がリリースされました

    こんばんは、渋屋です。共著者として、名前を載せて頂いた本が、今日リリースされました!…

  6. 新しい企業戦略・自己戦略の本

    衝撃を受けました。たった一人で組織を動かす 新・プラットフォーム思考(200…

  7. 中小企業診断士向けの最も簡単な問題集

    今日は中小企業診断士 受験生の方向けの記事です。■私の知る限り、診断士向けの問題集として…

  8. 日本の成長戦略 #568

    おはようございます。渋屋です。一昨日、もっと日本という国や、日本人を好き…

最近の記事

最近読んだ本

PAGE TOP