menu

その道のプロになるために

LINEで送る
Pocket

こんにちは、渋屋です。
今日は、私がいつも拝読しているメルマガ『平成進化論』の4168号からのご紹介です。
この号を読んで、「ヤバイ!!」と危機感を煽られまくったので、一部を共有させて頂きます。

 

===(引用ここから)===

■でも、そもそも、

ピアノでもバイオリンでも水泳でもマラソンでも
囲碁でも将棋でも医学でも経済学でも法律学でも、

なんでもいいですが、どんな世界であれ、
その道のプロになろうと思ったら、

何千時間、何万時間といった単位での
練習時間がかかるんですよね。

 

■こういう話を聞いた全員が全員とも、

「それはそうだろう」

と言われるわけですが、
不思議なことにビジネスの世界においては

「最短で成果が欲しいんです」

「手っ取り早い裏ワザを教えて下さい」

「極力、努力せず、しかしながら結果だけは
人並み以上のモノを手に入れたい」

といった人のいかに多いことか。

(だから他の世界で戦っている人と比べると、
圧倒的に楽チン、楽勝、恵まれた世界にいるわけです)

 

■正直に告白すると、

「その程度のことしかやっていなくて
成果を出せるはずがないだろう」

と思うことが、よくあります。

===(引用ここまで)===

 

自らの身を、「その道」に注いできたか?

さすがに「手っ取り早い裏ワザ」を望むことも、
「極力、努力せず、しかしながら結果だけ」を得ようとしたこともありません。

しかし、「その道のプロ」になるために、何千、何万時間を投下する覚悟が
できていたであろうか?

千時間投下するのだって、1日3時間を1年間、休まず続けなければならないのです。
ならば、「その道のプロ」になるために、毎日毎日、1分でも多く、
自らの身を「その道」に注ぐことが必要でしょう。

そのための仕組みを作ってきたか?
この質問に対し、真正面から「Yes」とは答えられません。

 

他者との比較ではない

私は、毎日接する方々と比べて、ほんの少し、多く活動をしているだけで
満足してしまっている部分があったと思います。
その比較している人たちは、成長の変化率が一般的な人たちです。

どうせ比較するなら、もっと変化率が高く、意識が高い人たちと
切磋琢磨する必要があるでしょうし、
そもそも、「その道のプロ」になるなら、数千、数万時間を投下するしかないのです。

他者との比較でなく、自分の問題です。
これから、「その道のプロ」になるために、どうすれば良いのか。
もう1度、ゼロから組み立ててみます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【編集後記】

昨日はトライアスロン仲間と一緒に、バイクで三浦半島をぐるっと一周してきました。
天気に恵まれ、海が綺麗でした。
あまり景色を楽しむ余裕はなく、初のロングライドは課題満載でした。

帰宅後に風呂で寝るわ、息子と21時には寝るわ、今朝はカラダが超絶ダルイわ、
と、まだまだバイクにカラダが慣れていない状態です。。
初めて仲間と長距離ランをした頃を思い出しつつ、頑張りたいと思います。

今日も素晴らしい1日になります。感謝!!


【セミナー】
10月26日(木) マーケティング塾(第2回)

大事なアプリは二段階認証を設定しよう

プロになるための第一歩

関連記事

  1. 学びを止めれば、即、衰退

    これだけ変化が激しくなっている世の中で、学びを止めることは、即刻、自分の戦闘力(=市場価値、稼ぐ…

  2. 長い旅路 #356

    こんにちは。duckです。今日は朝から息子の保育園に行き、保育参観でした。朝から公園へ行き、子供たち…

  3. 体系だった知識吸収よりも優先したいモノ

    今日は中小企業診断士 2次試験の合格発表でした。無事に合格試験という意味ではいったん、活動は一区切…

  4. 【私の履歴書】悩みに悩んで中小企業診断士の受験を決意

    私のキャリアを少しずつ辿っている「履歴書」シリーズです。管理職になった後、組織の問題(=個人商店…

  5. 多くの人に会いにいこう #606

    こんにちは。渋屋です。■昨晩は、シンガポールに帰国する上田さんにお声掛け…

  6. 出版企画書の状況 #344

    こんにちは。duckです。昨日の記事で書きましたように、ロールモデルとなる人の情報に毎日触れられるよ…

  7. あなたは何に真剣勝負を挑んでいますか?

    こんばんは、渋屋です。今日は息子の小学生としては初めての運動会でした。保育園に比べたら高学年…

  8. 支え

    今日、仕事でちょっと困ったことがありました。自分が良く知らないことについて問われ、でも答えは比較的…

最近の記事

最近読んだ本

PAGE TOP