menu

Windowsがなくなる日

LINEで送る
Pocket

こんばんは、渋屋です。

 

街中やオフィスを歩いていると、既にサポートが終了しているWindows XPを、未だに利用しているユーザ・企業が多いことに驚かされます。先日も、東京電力が4万台のパソコンでWindows XPを継続利用していることが報道されていました。(大企業の対応が、こんなにずさんで良いのだろうか。。。と思います)

 

私がこの記事でお伝えしたいことは、Windowsをアップデートしましょう、ということではありません。

 

迫り来るWindows Server 2003問題も

Windows XP問題と同様に、いや、もっと注意しなければならないのがWindows Server 2003です。約1年後の2015年7月15日にサポートが終了します。クライアント端末と異なりサーバですから、OSをアップデートするにせよ、システムを移行・更新するにせよ、今から十分な計画を練る必要があります。頻繁にサーバを止められるタイミングはないからです。そういう意味では、Windows XP問題以上に、対応に遅れる企業が増えるのではないか?と懸念しています。

 

代替の選択肢を用意する

繰り返しになりますが、私がこの記事でお伝えしたいことは、Windowsをアップデートしましょう、ということではありません。伝えたいことは、代替の選択肢を自分で準備しましょう、ということです。

クライアント端末であれば、今やWindowsに拘る必要性はほとんどありません。Macを利用している人がずいぶん増えました。Web化しているアプリケーションが多いですし、Macでも多くのアプリケーションに対応しているので、事実上、困らないでしょう。使えないアプリケーションがあったら、Mac上でWindowsを動かしてしまう仮想化の技術も利用できます。

サーバについては、Linuxを活用できるシーンが一層増えていると思います。システムそのものをクラウドに移行してしまう手もあります。「なぜ、サーバにWindows OSを要求するのか?」という質問に明確な答えがないのであれば、Windows以外のサーバOSでも、事足りることが多いでしょう。

 

Windowsがなくなる日

そういう意味では、自社・自宅の環境からWindowsが消える日を想像してみることにも意味がありそうです。既にウィンテル(Windows + Intel)という言葉は、ほぼ死語になりました。他の選択肢が強まっていることが背景にあるでしょう。
Windowsのサポート終了に伴うアップデートに苦労するくらいなら、このタイミングで「システムの有り方」を再度検討し直し、「Windows」を無くしてみるという想像をしても良いのではないでしょうか?

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【編集後記】

今日は会社を早く出て、学童まで息子のお迎えに。普段より息子と話す時間がたくさんあってので、楽しみました。

今日も素晴らしい1日になります。感謝!!


【セミナー】
12月18日(月)経営塾

おこちゃまな国、日本の情報セキュリティ

ベネッセの情報漏えい事件から学ぶこと

関連記事

  1. 銀行の不正利用対策、していますか?

    おはようございます。渋屋です。先週末と昨日、突然自宅に英語で電話が掛かっ…

  2. 経営課題から見るIT投資の動向

    こんにちは、渋屋です。今日から新年度が始まる方が多いと思います。このブログは今日で788…

  3. freeeの新しいプロダクト構想が面白い

    クラウド会計ソフトを提供するfreeeが新たなプロダクト構想を発表したことが記事になっていました。…

  4. 士業のホームページに必要なのは、デザインではない

    小さな会社のホームページについて、設置(開設)するときと運用する上での注意点を書いてきました。…

  5. 日本企業よ、クラウド上で暴れろ!!

    9月30日から10月2日に実施された「ITpro EXPO 2015」では、彗星のごとく現れたS…

  6. ITトレンドを追いかけるだけでなく、IT業界が生み出した大事にし…

    私はITトレンドの本を書かせていただいたことがありますが、実は自分の強みはITトレンドだと思…

  7. ITトレンドを把握するためのリサーチ・データ活用法

    IT関連のトレンドを把握するためには、何らかのデータが必要です。特に私のように個人で活動している…

  8. IT活用の第一歩はアナログ情報のデータ化

    こんにちは、渋屋です。小さな会社、とりわけ士業が集まっている事務所のような会社では、情報共有…

最近の記事

最近読んだ本

PAGE TOP