menu

【アップグレード!!Vol.82】Brocade One

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【アップグレード!!ネットワークエンジニア】
            (毎週月曜日発行)2010.09.06 Vol.82
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆本メールマガジンは、
 ネットワーク技術を中心としたエンジニアを対象に
  ○技術スキルだけではなく、他にどんなスキルが必要なのか?
  ○技術スキルを、どう身につけていけば良いのか?
  ○各スキルを、どう使っていけば良いのか?
 総合的なスキルアップの方向性を示すによって、
 【『現場で活躍する』さらに上のステップ】
 を目指して頂くために、
 毎週月曜日に配信しています。
----------------------------------------------------------------------
◆INDEX◆
 1.はじめに
 2.Brocade One
----------------------------------------------------------------------
◆はじめに◆
 おはようございます。Ritz(リッツ)です。
 先週、LPIC Level2を対象とした技術解説セミナーに
 参加してきました。
 既にLPIC Level1は取得しているのですが、
 上司が勝手に、今年度中の私の目標にLevel2取得を入れていたのです。。
 私は業務でLinuxを使った経験が皆無ですので、
 完全に素人同然。ですので、難しい内容でした。
 Level1とは異なり、より実践に役立つスキルを求められていると
 感じました。範囲もLevel1より2倍は広いと感じましたが、
 実践的なスキルである分、楽しんで勉強出来るかも、
 と思ったのでした。
 引き続き、Twitterで呟いています。
 @giraffe_duck
 ご興味ある方は、フォローお願い致します。
----------------------------------------------------------------------
◆Brocade One◆
●先週、Brocade Oneの説明会に参加してきました。
 非常に得るものが多かったです。
 Ciscoの、NexusやUCSに代表されるデータセンター戦略は、
 既にご存知の方も多いと思います。
 しかし、Brocadeの戦略をご存知の方は少ないと思いますので、
 Ciscoとの比較をしながら、簡単にご説明します。
●CiscoもBrocadeも、次世代データセンターに求められるものは、
 大きくまとめると
 ○仮想化への対応
 ○IP(Ethernet)とSAN(Fibre Channel)の統合
 の2つを定義しているようです。
 目標は同じなのですが、戦略がかなり異なるように感じました。
 一番分かり易いのは、その戦略が対応する範囲です。
●ご存知の通り、CiscoはUCS(Unified Computing System)という
 ブレードサーバ製品をリリースしてきています。
 これは、サーバとネットワークの、より柔軟な統合を目指し、
 自らが製品をリリースしてきた、と理解出来ます。
 しかし、Brocadeの対応範囲に、サーバそのものは含まれていません。
 サーバが搭載するNIC・HBAの部分から、ネットワークそのものまでが
 Brocadeの対応範囲となっています。
 簡単にまとめると、Brocadeの方が、範囲を狭くし、
 その事業領域に特化しているように感じます。
●あまりBrocadeと接点の無い方のために、
 最初に少し企業としての特徴を、私なりに書いてみます。
 Brocadeは、SAN Switch市場において、
 9割以上のシェアを持っている企業です。
 多くのメーカから提供されている、SAN Switchの大部分は、
 BrocadeのOEMだからです。
 2008年7月にFoundryを買収し、IPネットワークとの統合戦略を
 打ち出しました。
 また、標準化の推進に力を注いでいる企業だと思います。
 Ciscoの場合には、過去にも
 ○VLANトランクとして、ISLを開発
 (後に802.1qが標準化され、現在はCisco製品も802.1qを使用)
 ○ルーティングプロトコルとして、EIGRPを開発
 ○ルータ冗長化技術として、HSRPを開発
 (標準化されたVRRP開発の礎になる)
 といったように、独自で開発したものを、標準化を待たずして、
 まずは製品に取り入れてしまう文化?があります。現在も、
 ○仮想スイッチを外部スイッチにオフロードする技術として、
  VN-Link(802.1Qbh)を開発し、NexusやUCSへの導入
 を進めている、という状況です。
 VN-LinkはVEPA(802.1Qbg)が標準化されることで、
 Cisco独自の技術として、EIGRPのようになることが予想されています。
 一方、Brocadeは新技術を標準化することを推進していると
 感じます。OEM企業各社が安心して技術を利用するためには、
 標準化されることが必要だからではないでしょうか。
 Brocadeの方、何人かと話をしたことがあるのですが、
 エンジニアの方、非常に詳しい方ばかりでした。
 技術にプライドを持っている会社、という印象を受ける企業です。
●さて、Brocade Oneの話に戻りまして、
 話を聞いて、最初に受けた印象は、
 ○シンプルさ
 ○オープンさ
 の2つに関して、Ciscoよりも圧倒的に上だと感じました。
 と、ここまででだいぶ長くなってしまいましたので、
 次回に続けます。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<今号のポイント>
 ○BrocadeとCiscoのデータセンター戦略は結構違う
 ○BrocadeはSAN Switchで強みを発揮してきた企業
  近年、IPとSANの統合を進めてきた
 ○シンプルさとオープンさはBrocadeが上
 今回(Vol.82)の内容はいかがだったでしょうか。
 是非、こちらまでご意見をお願い致します。
 http://form.mag2.com/thapitraph
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[PR]
 秋の情報処理技術者試験に向けて
 2010年度の秋の情報処理技術者試験を受験される方、
 午前問題対策は済んでいますか?
 このブログの読者は、ネットワークスペシャリストや
 情報セキュリティスペシャリストの受験者が多いと思います。
 実は、ネットワークを中心に活動してきたエンジニアの『弱点』は、
 その知識範囲の『狭さ』にあります。
 一般的なITエンジニアと比較すると、ネットワーク以外のことを
 知らない方が多いのです。
 すなわち、どんなに午後の試験対策をしても、
 午前対策がおろそかになっていると、足元をすくわれてしまいます。
 アイテックの本は、まとまった良質の本が多く、オススメです。
 ●応用情報・高度に出る午前共通知識問題
 http://www.amazon.co.jp/dp/487268799X/ref=nosim/?tag=ritz0c-22
                                 [PR]
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆つぶやき
 この1ヶ月程、ひたすら本を読みまくりました。
 過去1年間、経営論を中心に、徹底的に知識の幅を広げる
 勉強をしてきたため、1年前の自分では読めない本を、
 次々と読めるようになっていました。
 自分の成長が実感出来るのは、嬉しいことですね。
 もっともっと、成長したいと思います。
 ご購読、ありがとうございました。

新しい企業戦略・自己戦略の本

【アップグレード!!Vol.83】Brocade One(続き)

関連記事

  1. 一区切り、そしてお礼 #179

    こんばんは、duckです。昨日、アップしたハズの記事が消えていたので、再アップです(悲)ゴールデンウ…

  2. レスポンス #195

    こんにちは、duckです。昨日は診断士関連の仲間と飲み会でした。朝、4:30起きだったので、夜が長い…

  3. 新年、おめでとうございます #333

    明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願い致します。昨日は妻の実家に移動し、昨年の…

  4. 2次筆記試験合格

    今日は中小企業診断士、2次筆記試験の結果発表でした。昨晩、寝る頃から不安になること数え切れず・・・…

  5. お客様は最高の先生

    今日はとあるお客様のところでミーティングをしてきました。前々から思っていたことですが、お客様は当然…

  6. 【アップグレード!!Vol.98】キャリアパスは自由自在

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━【アップグレード!!ネットワ…

  7. 機会を掴むために必要なこと #511

    こんばんは。渋屋です。昨日(機会を逃さない #510)は、目の前に現れた…

  8. 原点からの再スタート

    こんばんは、duckです。今日からゴールデンウィークですね出来ているパパでしたら、たっぷり家族サービ…

最近の記事

最近読んだ本

PAGE TOP