menu

「分かる」ということ #230

こんばんは、duckです。

今日も帰宅が遅くなってしまいました。
なかなか仕事の「石の目」に到達出来ません。
明日こそは早く帰れるようにしたいです。


今日、あるエンジニアの人と話していたときのことです。

新技術を実装した製品に触れて、そのエンジニアの方が「ようやく分かりかけた」と言いました。
このエンジニアは、社内ではこの技術分野に関して、ナンバー1の方です。

別に製品に触らなくとも、アーキテクチャやマニュアルを読めば、少なくとも私よりも何倍も深く理解しているはずです。
にも関わらず、「ようやく分かりかけた」としか言いません。

私はエンジニアを卒業してから特に、新製品・新技術を学ぶときには、

・全体を俯瞰できること
・利用するユーザにとってのメリット/デメリットを把握すること

に集中してきました。技術の詳細よりも、この2点に集中することによって、多くの製品・技術を短時間で学んできました。
そのため、「大体分かった」と言うことが多いのです。

今日、冒頭のエンジニアの一言を受けて、プロフェッショナルは簡単に「分かった」などと言わないことが分かりました。

「分かる」というときの理解レベルが、圧倒的に深いのです。

エンジニアを卒業して以来、「大体分かった」を増やしてきた私ですが、

・深く理解したいこと
・要点を押さえたいこと

の2点は明確に使い分けるべきだと感じました。

深い理解レベルの柱を1本でも打ち立てていきたいです。

今日も素晴らしい1日になりました。感謝!!

インプットとアウトプットの両立 #229

新しい分野を把握するには #231

関連記事

  1. 自分の中の熱いモノ

    こんばんは。duckです 少し前に実施した、中小企業診断士の実務補習について、振り返ってみます。初回…

  2. 多様性のある世界

    こんばんは、duckです。実務従事などの活動を通じて感じていることは、中小企業診断士(登録済み or…

  3. 目的を持ってミーティングに飛び込もう

    こんばんは、duckです。いよいよ実務従事も佳境に入ってきました。今日、診断報告書の製本まで終える予…

  4. 分からないことはプロに聞く

    こんばんは、渋屋です。私は分からないことや、新しい何かを学ぶとき、原則にしていることがあります。…

  5. じっくり中身から

    こんばんは、duckです。鮒谷さんの3日間セミナーが終わりました。今日も脳ミソを揺さ振られ続ける1日…

  6. 様々な出会い

    今日はT○CのT先生が主催する、経営研究会に行ってきました。昨日の交流会もそうですが、どんどんと名…

  7. 身体が資本 #638

    こんにちは。渋屋です。■身体が資本なのに。。。昨日の記事(初マラソン、目…

  8. 肉だけじゃなく、野菜も食べなよ・・・

    おはようございます。渋屋です。今日は夜の予定が詰まっているので、早起きし…

最近の記事

最近読んだ本

PAGE TOP