ブログ

お客様は最高の先生

今日はとあるお客様のところでミーティングをしてきました。
前々から思っていたことですが、お客様は当然、自分とは立場が違うため、視点が異なります。
そのため、常に教えられることがあります。
今日のお客様は、ご自身で情報も集められており、論理も組み立てていて、素晴らしいお客様でした。
自分達だけでは、考えが偏るかもしれないので、私たちが呼ばれた感じ。
私たちもキレイな提案書を求められているのではなく、お客様の考えを整理するためや、新たな視点を足すための役割を求められているようでした。
私は今の会社に中途入社して数年、非常に優秀なお客様の要望に応えるため、必死に勉強して、自分なりの意見をぶつけ続けた時期がありました。今振り返ると、社会人としては、あのときが一番成長してたかな、と。
そんな機会がまた与えられたような気がしています。
100点を狙う提案をするのではなく、お客様にとって、何かプラスが1つでも2つでもあれば良い。
そういう気持ちで次回も行って来ようと思います。