独立・起業

「独立するのにお金が不安」最初にやるべき3つのこと

独立したい人の相談を受けていると、「お金に対する漠然とした不安」が多いです。

「独立したら食べていけないかもしれない」
「今(=会社員)ほど、稼げないかもしれない」

こういう声を実に良く聴きます。
では、このような不安を解消するためには、どうすれば良いのでしょうか?

 

必要な金額を数値化する

独立前の不安に対して、「いくら必要ですか?」と質問をして、
明確な答えが返ってきたことは、ほとんどありません。
皆さん、不安は抱えているものの、それを数値化していないのです。

いくらか分からなければ、不安がなくなることはありません。
今から走らなければいけないのに、それが5kmなのか10kmなのか、
はたまた20kmなのか、フルマラソン42.195kmなのか?
距離が分からなかったら、心の準備ができません。

ですから、まずは毎月必要な金額をまずは数値化しましょう。
自分が生きていくために、キャッシュでいくら必要なのか?
これが最低限の目標になります。

独立したら、やればやるほど稼げる面があるのは確かですが、
その前に最低限これだけは確保しなければならない数字を明確にするのです。

私も独立前にこの数値を洗い出しました。
思っていた以上に家族が生きていくにはお金がかかっていることが分かりましたが、
明確な目標が分かったことで、それを超えるためにどうすれば良いのか?という
具体的な行動計画に落とし込むことができました。

 

無駄な固定費を下げる

この洗い出しが出来たら、無駄な固定費を下げましょう。
当然のことながら、最低限のハードルが低ければ低いほど、独立に対する不安は減らせます。

https://biz-it-base.com/?p=5455

家計の整理をしてみると、結構無駄なコストをかけているでしょう。
我が家はスマホで家計簿をつけています(夫婦で同じ家計簿に)。
それでも洗い出すと無駄が出てくるのですから、やって良かったです。
なお、この記事を書いた後、スマホをMVNOに契約変更して、夫婦で月2万円近く、削減しました。

事業も長く続けるほどに、今は不要なサービスを継続契約していることもあるでしょう。
もう使わないものは、追加コストが掛からないうちに解約してしまいましょう。

 

やりたいことをやるための金額を洗い出す

ただ、最低限の生活費を稼ぐだけだと、せっかく独立した「やりたいことをやれる自由」が得られません。
個人的には、最低限の生活費を稼ぐだけの生活なら、
会社員のままでいる方が(今は)適切だと思っています。

独立するのは、経済的な理由以上に、自分のやりたいことをやる自己実現欲求のためではないか、と思うのです。

とするなら、やりたいことをやるための金額も洗い出した方が良いでしょう。
私は先日、手元に1億円あったら、何に使うのかを考えてみました。

https://biz-it-base.com/?p=7336

このときは大したことが出てこなかったのですが、
その後も考え続けたら、もう少しやりたいことが出てきました。

やりたいことを考えるのは、モチベーションを上げるのにピッタリです。
おぼろげに考えているつもりになるなら、書き出して数値化した方が、
行動に移せるので良いと感じています。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【編集後記】
このところ色んなこと(良くないこと)があって、慌ただしいです。
自分の体調管理だけは、ちゃんとしておかねば。

今日も素晴らしい1日になります。感謝!!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【メルマガ 『非常識なコンサルタント』】
独立・起業を目指す方、特に自分らしく働き・生きたい方。
コンサルティングを事業の軸にしたい方に向けたメルマガを配信しています。
こちらから登録できます。

【Facebookページはこちら
「いいね!」すると、ブログ更新のお知らせを受け取れます。
たまに気になるニュースなども通知しています。

ブログ村ランキングに参加しています!
応援のクリックをしていただけると、嬉しいです。
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
にほんブログ村