menu

診断士受験:週に20時間勉強してますか?

新年度に入って、今までと異なる仕事をしています。
そんななかで、中小企業診断士の受験生との接点が増えてきました。
今回は、そんな接点を通じて感じたことを書きます。

 

合格までには1,000時間

中小企業診断士の試験を突破するための平均勉強時間は1,000時間と言われています。
私自身、自分の記録を見ると、2年間の受験生活で、1,000時間を少し超える時間を費やしていました。
大事なのは、この1,000時間は、受験生の平均ではなくて、合格者の平均ということです。

つまり、他の受験生と比較しても意味がないことが分かります。
1次試験、2次試験ともに20%程度の合格率。
つまり1次と2次を突破する人は、ザックリ計算でも上位4%です。
そこに入るためには、まず1,000時間をやり切る覚悟が必要なのです。

実際には、この時間は、あなたの現状によって、増えたり減ったりするでしょう。
例えば、既に簿記3級を持っているだけでも、
多くの人が苦手とする「財務・会計」に対する障壁が低くなります。
2級を持っていたら、かなり楽になるはずです。

私の周りでも、短時間にストレート合格している人は、会計士や税理士が多いです。

逆にとんでもなく苦手な科目があったら、必要な時間はもっと増やす必要があるでしょう。
私の場合は「財務・会計」に恐ろしく時間を取られました。
完全な素人から始めたからです。

 

週に20時間の壁を超える

その辺りの事情によって、合計1,000時間なのか、あるいは600時間で良いのか、
はたまた1,200時間必要なのか、は変わってくるでしょう。

あなたの状況が一般的(=1,000時間)だったとします。
もし、1年(約50週)で試験突破したいなら、週に20時間、勉強する必要があります。

「もっと効率的な勉強をして時間を短縮したい。ラクしたい。」

ここまでストレートに言われたことはありませんが、
そういうニュアンスで相談されたことは、数少なくありません。

ただ、そのときに私が考えるのは、
質を高める(=効率的な勉強をする)前に、
1,000時間は勉強する覚悟が必要ですよ、ということです。

これだけ情報が溢れた世界の中で、合格者の平均が1,000時間なんです。
何か特別なウルトラCがあって、あなただけ600時間で合格できる、
そんなことが簡単に起こると思いますか?

大事なことなので、もう1度書きます。
合格者になるのであれば、その平均くらいは勉強する覚悟を
最初にする必要があります。

もし、週に20時間なんて絶対無理、ということであれば、
今年の合格ではなくて、来年の合格を目指すのが良いでしょう。

 

質は量を確保しながら高めていく

とは言え、無駄な勉強はしたくない。
もっと上手い勉強方法があるはずだ、と考える気持ちは痛いほど分かります。
私自身、とても上手いとは言えない勉強方法をしてしまいましたので。。

私は受験勉強で最初にやるべきことは、全体像を把握することだと思います。
そのためには、テキストの全体を見通すことを、とにかく早く終えたいものです。

それと同時に、診断士に限らず、受験勉強にはコツのようなものがあります。
どんな試験だって、こういうやり方でやれば、大きな無駄なく合格できる方法です。
(今日は本題ではないので、これ以上は書きません)

ただ、それも、まずは週に20時間という勉強時間を確保した上での試行錯誤でしょう。
最初から週に10時間や2時間で済んでしまう世界がある、と思わない方が、
精神衛生上、良いと思っています。

週20時間を確保しつつ、勉強法を模索したら、結果として週15時間で済んだ。
その方が、健全なのではないでしょうか。

最初からラクしたい。と考えている方が少なからずいらっしゃるようなので、
今回は敢えて厳しい現実を書いてみました。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【編集後記】
と、厳しいことを書きつつ、私も新しい仕事でスキル不足を実感する日々です。
興味の赴くままの学びだけではなく、体系だった勉強が必要です。

今日も素晴らしい1日になります。感謝!!

私が会社員を辞め、独立した理由(商品開発・マーケティング編)

独立から3日間を振り返って

関連記事

  1. 中小企業診断士 実務補習で使える情報源

    前回は実務補習の大まかな流れを説明しました。今回は、実務補習で使える情報源についてで…

  2. 販売を甘く見ると、痛い目に遭う

    こんにちは、渋屋です。少し前に診断士を取得し、独立・起業を目指している方向けに記事を書きました。…

  3. 時間別、独立した中小企業診断士の仕事

    本ブログのこの記事に訪れていただく方が常に一定数あります。やはり、独立診断士の仕事は何を…

  4. 診断士として、セミナーで聴衆を迷わせない

    こんにちは、渋屋です。以前に、セミナー開催に向けて悩んでいらっしゃった方へ、セミナー講師とし…

  5. 経営コンサル以上に深く入り込む形

    おはようございます。渋屋です。昨日の記事(独立する前に出来ることは全部やる)でも書きましたが、…

  6. 自分の商品の強みを探そう

    おはようございます。渋屋です。昨日は、たまにお会いしているHさんとサシモニ。話が意外な方向に…

  7. 士業・コンサルタントの営業は、「良いものを教えてあげる」

    「営業」と聴くと、一歩引いてしまう人が、かなり居るようです。私の周りで言うと、属しているあるコミ…

  8. 診断士協会は頼るものではなく、活用するもの

    こんにちは、渋屋です。昨日は通勤講座の「診断士の会」にてパネルディスカッションをさせて頂きました…

最近の記事

最近読んだ本

PAGE TOP