menu

プロの一言が圧倒的な差を生む

一昨日、「トータル・イマージョン・スイミング」の体験レッスンに行ってきました。
「何それ?」という人が多いと思いますが、スイミングを教えてくれるところです。
YouTubeでは恐ろしい回数、再生されているのですが、
とにかく、その動き方が美しいのです。

美しいということは、無駄や無理がないということ。
長距離を泳ぐトライアスロンのためには、是非とも習っておきたいと思い、
体験レッスンを受けてきたのです。
(トライアスロン仲間が受けていて、オススメされたのがキッカケです)

 

一言で変わってしまった!

で、結論なのですが、私の悪いところが、何と一言で改善されてしまいました。
(詳しくは後ほど・・・)

このTIスイムでは、流水プールを使ってレッスンが行われます。
流れのある水槽の中で泳ぐようなイメージです。
水中や地上にカメラが設置してあり、自分の泳ぎを、その場で確認することができます。

さらにプール内には鏡も置いてあるので、泳ぎながら自分のフォームを
見ることもできるのです。

そんな変わったプールということもあり、慣れない私の最初の泳ぎはヒドいもんでした。
浅いプールなので、数秒間泳ぐうちに、腰が落ち、足が床についてしまったのです。
(つまり、数秒しか泳げませんでした、と。)

ただ、そこでコーチが一言。
「渋屋さん、息をちゃんと吸って、肺にためて下さい。ポンプがないと沈んじゃいますよ。」
なんと、その一言を守っただけで、私の身体は、首筋からお尻まで、
水面に浮かぶようになったのでした。

「マジですか!それだけですか!!」
言葉にはしませんでしたが、頭の中はそんな感じでした。

もう1つ、もっと大事なことも教えて頂き、その場に参加した3名全員が、
キレイに浮かぶようになりました。
身体がちゃんと浮かぶようになれば、腕をまわしたり、
息継ぎをしたりすることが簡単になります。

それにしても驚きました。
私の問題点を一瞬で見抜き、一言で改善させてしまったことに。

 

一言で基本を伝えられるプロになりたい

これってスイミングに限ったことではないと思います。

経営コンサルタントが数多くの企業経営を見てきたからこそ、
「外してはいけないポイント」を把握しているような。

医者が患者の症状を数多く見てきたからこそ、
目の前の患者の症状を診ただけで疑わしき原因を特定するような。

数多くの事例を見て、(もちろん基本的な理論を知った上で)
目の前の事象に対して、即対応できるのが、真のプロでしょう。

今回の「ちゃんと吸って」という一言は、
そんな意味でも、衝撃的な瞬間でした。
プロの姿を感じると共に、純粋に成長できて楽しい体験レッスンでした。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【編集後記】

今朝は、早朝、会社に出社する前に1時間のバイクレッスンです。
この方も説明の分かりやすいプロ。
2回レッスンの、今日が2回目です。

初レースである久米島トライアスロンが近付いてきているので、
少しでも技術を身につけたいです。

今日も素晴らしい1日になります。感謝!!

士業の世界と、大企業の世界の共通点

本質的な行動をどれだけしていたのだろう?

関連記事

  1. 自己イメージの書き換え #115

    こんばんは、duckです。今日、ふと自己イメージの書き換えが必要であることに気付きました。これは他者…

  2. ヘボい義務感 #587

    こんばんは。渋屋です。今日は終日、社内で勉強会の講師でした。毎度…

  3. 合格祝賀会

    今日はTAC(資格の学校)の合格祝賀会でした多くの方が集まり、お互いの健闘を称える、良い場でした…

  4. セミナーを開始します #439

    おはようございます。渋屋です。息子を保育園に送った後、出勤前に1時間程度、自分の時間を確…

  5. 良い習慣を身につけるために行うこと

    おはようございます。渋屋です。昨日の記事(良習慣のパワー)では、習慣が持…

  6. 【ペース走】本番レースのペースを決める練習方法

    こんばんは、渋屋です。週末恒例?のランニングネタです。あなたは、ランニングの練習で何種類くら…

  7. 資格試験の捉え方

    私は世の中一般的に見ると、資格を多く持っている方だと思います。IT業界は資格の種類が多いから、って…

  8. 故障して悪循環に入ってますが、ここから何を得るのか?

    マラソン・トライアスロンを始めて以来、最悪と言って良いほど、悪循環にハマっています。久しぶりにト…

最近の記事

PAGE TOP