menu

Facebookで安易にプライバシーを拡散しないために

こんにちは、渋屋です。
オフィスの雰囲気がすっかり年末です。明日が祝日だということもあり、人数もまばら。

さて、そのような年末の気の緩みが出てしまいがちなこの時期、
あなたには、情報セキュリティにもご注意頂きたいです。

 

自分の情報を検索し、情報を投稿できるアプリにご用心!!

年末なので、この1年の出来事を振り返ってみたいと思う心情。分かります。
特にFacebookなどのSNSを利用されている方であれば、
この1年の投稿や、それについた「いいね!」やコメントを総合的に分析してくれるツールは
面白いものです。

私のFacebook友達にも、「自分新聞」などの投稿をする人が目立ち始めました。
しかし、考えてみて下さい。
Facebook以外の第三者(アプリを作っているのは、どこの誰か確認しないケースが大半でしょう)に、
あなたのFacebook上の情報を取られて良いのでしょうか?

 

危険なアプリの動き

これらの危険なアプリは、まずはあなたが投稿した過去の投稿を読み取って行きます。
そこに誰が「いいね!」しているのか、誰がどんなコメントを残しているのか、についてもです。

「ソーシャルグラフ」といって、あなたの友達が誰であるのか?も読み取られることが多いです。
多くの方の友達情報をかき集めた「ソーシャルグラフ」は広告の媒体として活用するなど、
極端な話、データが「売れる」からです。

さらに、これらのアプリはあなたに代わって勝手に投稿を行います。
あなたが意図しない投稿が行われてしまうこともありますし、
あなたの名前を使って、Facebook上に広告を出してしまうこともあります。

まずは、このような危険なアプリが氾濫しているということを知るべきでしょう。

 

どんなアプリに、どんな動きを許可しているのか?を確認する方法

FacebookなどのSNSは単なるプラットフォームです。
そのプラットフォームを活かして、どんなアプリに何をさせるのか?はあなたの判断次第です。
では、今、あなた自身が許可しているアプリが何でしょうか?
また、あなたがそのアプリに許可している動き(記事の読み取りや自動投稿など)は何でしょうか?

調べ方は以下の通りです。
まず、Facebook上でプライバシー設定をするための画面を開きます。
画面右上の鍵マークをクリックして、左下の「その他の設定」をクリックします。

privacy

 

その後、現れる画面の左側から「アプリ」を選択します。

 

FB-app

 

これで、あなたのFacebookにアクセスを許可しているアプリ一覧が表示されます。
もし、心当たりのないアプリケーションが含まれていた場合には、削除してしまいましょう。

さらに、このアプリがあなたのウォールに記事を投稿する場合、
どの範囲(例:自分のみ、友達まで、友達の友達まで、全員etc)に対して記事を投稿できるのか?
確認しましょう。

私の場合は、自作で宛先範囲を自作しているので、その名称である「ブログ」と、
「自分のみ」の設定を選択しています。
無駄に多くの方に情報を広げすぎないよう、注意しましょう。

最後に、上記に挙げた「自分新聞」が悪いと言っているわけではありません。
どんなアプリを許可し、どんな動きを許可しているのか?把握していないことが
プライバシーの漏えいや、意図せぬトラブルを招くことをお伝えしたいのです。

1度、上記の方法にしたがって、あなたのアプリ設定を確認してみて下さい。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【編集後記】

今日は早めにオフィスを出て、息子のお迎え。
妻が忘年会なんです。
いつもは妻が頑張ってくれているので、しっかりフォローします。

今日も素晴らしい1日になります。感謝!!

【ペース走】本番レースのペースを決める練習方法

診断士のスキルに何をアドオンしますか?

関連記事

  1. クラウドがもたらすもの #388

    こんにちは。渋屋です。昨晩は、初めての試みとなる「起業ワークショップ」を行いました。東京近辺だけでな…

  2. ホームページと店舗が、うまい連携をした事例

    昨日は、商圏が狭いのに、ホームページを使った集客をしようとして、お店の目の前を歩く見込客を逃して…

  3. スモールビジネスに「顧客管理」は必須である

    昨日は「ビジネスモデル別セミナー!士業におけるCRM活用のポイント」と題したセミナーを行いました。…

  4. ロボットと人工知能(AI)は競うものではなく、利用するもの

    昨日の日経新聞の朝刊、タイトルが挑発的でした。「ロボットと競えますか」労働者の不安を煽ろうと…

  5. いい加減にFAXはやめてくれ!

    2年ほど前に、そろそろFAXはやめるべきじゃない?という記事を書きました。最近、その…

  6. 人間と人工知能(アルファ碁)をエネルギー効率から比較してみる

    最近はニュースをボーっと眺めているだけで、人工知能(AI)関連ニュースが日々、流れてきます。本当…

  7. 情報・データはお金同様の資産である(情報セキュリティのはじめの一…

    日頃から多くの会社でIT関係の支援をしています。先週も、お客様がクラウドファンディングを活用する…

  8. Googleの使命と、Google Analyticsが無料の理…

    突然ですが、Googleの会社としての使命をご存知でしょうか。<スポンサードリンク>…

最近の記事

PAGE TOP