menu

GoogleがIntelを裏切った?動きから学べること

こんにちは、渋屋です。

 

昨日、興味深いニュースを発見しました。

GoogleがサーバをIntelからIBMの「OpenPOWER」陣営に乗換え、Intelにとっては大打撃

というニュースです。

 

ニュースの概要

Googleはこれまで、Intelのチップを採用して、巨大なデータセンターを運営して、そのサービスを提供してきました。しかしながら、今回のニュースによると、チップの提供元をIBMに切り替えるとのことです。IT業界以外の一般の方には、あまり多く知られていませんが、IBMはCPUを提供する会社なのです。

そのIBMが提供するCPU「Power」を、Googleは採用することにしたのです。

 

Googleの狙い

上記のニュースにも書いてありますが、GoogleがCPUを替えるということは、リスクを伴うことです。CPUが変わるということは、それを使うOS(オペレーションシステム)レベルから、ソフトウェアを変更していく必要があるからです。企業のシステムが、なかなかWindows XPから離れられないように、一定規模以上のシステムを稼動させるのに、OSの変更は相当インパクトが伴います。

 

それだけのリスクを伴っても、IntelからIBMへ乗り換えた理由は何でしょうか?

一言で言えば、「CPU提供元に対する優位性を維持するため」だと思われます。

 

CPUに限った話ではありませんが、自分の事業のコアになる部分を、1社に委ねるのはリスクが伴います。

蕎麦屋が蕎麦粉を1社から仕入れていたら?そういうことは実際には多いでしょうが、その1社が突然価格を上げたらどうなるでしょう?

日本にケータイキャリアが1社しか無かったら?こんなに価格は下がらず、高止まりしていたでしょう。

 

Googleという、大量にCPUを仕入れる上顧客であったとしても、リスクは同じです。上顧客としての交渉力はあるでしょうが、それでも1社に依存しているという状態は変わらないからです。Googleは、Intelの施策に振り回されるリスクを今のうちに回避しておこう、という決断をしたのです。

 

このまま、ずっとIBMから仕入れることにするのか?IntelとIBMを組み合わせてCPUを仕入れていくのか?まだ分かりません。しかし、古くからメインフレームによって、チップだけでなくシステム全体を設計してきたIBM。そのIBMに対し、大規模クラウド事業者であるGoogleが様々な要求をぶつけていく。それによってIBMという会社・製品・サービスのレベルが高まるのであれば、IT業界全体にとっては喜ばしいことのように思えます。また、Intelにも同様に挽回すべく頑張って頂きたいです。

 

5フォースという戦略フレームワーク

余談ですが、今回のGoogleの動きは、「5フォース」という戦略フレームワークによって、より深く理解できます。ただ、この5フォースは、産業構造が固定化していた約30年前に提唱されたフレームワークで、使うには注意が必要です。単に知っておく程度で十分かと思います。なお、5フォースの注意点などは、こちらのページに恐ろしく良くまとめられています。ご興味ある方は、確認してみて下さい。

このフレームワークを神のように崇めて振りかざすコンサルタントには、注意しましょう(^^;

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【編集後記】

今日は息子の授業参観でした。小学校の授業風景、懐かしくて良いですね。

 

今日も素晴らしい1日になります。感謝!!

銀行の不正利用対策、していますか?

自分にどんな問いを投げかけていますか?

関連記事

  1. パターンを知っていることの優位性

    おはようございます。渋屋です。サンフランシスコ最終日です。4日間行われたイベントが昨日で終わ…

  2. パラダイムシフトをどれだけ感じていますか?

    このところ、学びや気づきを得る機会を増やしています。そのとき大事にしているのが、ガツン!!と殴ら…

  3. マニュアルは良くて「満足」まで。「感動」は生み出せない。

    私自身が会社員だった頃を含めて、社内向け・お客様向けの様々なマニュアルづくりに関わってきました。…

  4. 学校の集金こそシステム化すべし!!

    子どもを小学校で過ごさせていると、「いつまでこんなやり方してるの!?」と思うことが多々あります。…

  5. プレゼンを支えたもの

    こんばんは。昨日で診断士の実務補習1回目が終わったわけですが、今回は感想というか気付いたことを。…

  6. コスト把握から始めよう

    こんばんは、渋屋です。昨日、面白い記事を発見しました。『データセ…

  7. 顧客要求という宝物と、変化する力

    フリーランス、あるいは起業家には、大きく2つのタイプがあると思います。今日はその2つのタイプと、…

  8. システムが果たす役割の歴史

    中小企業診断士の受験科目「経営情報システム」をこう変えればより良くなるのではないか?シリーズ。…

最近の記事

最近読んだ本

PAGE TOP