menu

子どもにスマホを持たせるか?の議論が不思議に感じる

LINEで送る
Pocket

今朝のラジオで「子どもにスマホを持たせるか?」を議論していました。
私はこの議論を不思議に感じてなりませんでした。

 

子どもの議論の前に大人の使い方を見直すべき

その理由はスマホは道具の1つに過ぎません。
色々な使い方ができる汎用的な道具だからこそ、大人も人それぞれの使い方をしています。

電車で周りを見渡していると、大半の人がゲームかSNSをやっています。
このような実態を見ると、大人こそスマホを持たない方が良いのでは?と思ってしまいます。
(時間を区切ってリラックスタイム、というなら良いのですが、そのようには見えません)

ちなみに新しいテクノロジーを体感できるゲームは、私はやった方が良いと思います。
(余談ですが、私は日テレのVRドラマ 『ゴースト刑事』はやりました)
VR(仮想現実)やAR(拡張現実)などは体験しない限り、なかなか理解しにくいものです。
ただ、電車で見かけるゲームはそういうものではなく、「単なる暇つぶし」に見えます。
「時間が足りない」「忙しい」という人が多い世の中で、なぜ暇つぶしのゲームをやるのかが、私には分かりません。

一方でスマホでニュースや本を読んでいる人は稀です。
せいぜい全体の1〜2割ではないでしょうか。
繰り返しですが、子どもが云々より、大人の使い方の方に問題がある、と私は感じています。
要するに議論の論点がズレていますし、議論する人選を間違っている可能性が高いのです。

 

スマホは道具の1つに過ぎない

上述の通り、スマホは道具の1つに過ぎません。
つまり、それによって良い効果が得られるのか、悪い効果が得られるのかは、使い手次第ということです。
そして、それ以前に「持たせるかどうか?」ではなくて、「必要かどうか?」が大切なのではないでしょうか。

紙を切る目的もないのに、ハサミを持つことはないでしょう。
雨予報でもないのに、傘を持つことはありません。
同じように、スマホを持たせる用事があるかどうか?が、スマホを持たせるかどうか?の判断軸になるのではないでしょうか。

スマホじゃないと対応できない要件があるなら持たせた方が良いし、
そうでないなら持たせなければ良い。
とてもシンプルだと感じています。

 

親が教えられる時代ではない

なお、もう1つ気になることがあります。
単に「分からないことを怖れているように感じる」ことです。

スマホは汎用的な道具だけに、様々なことができます。
使っているアプリ1つ1つ、全てを深く理解することは不可能です。

「子どもたちがLINEで問題になっている。」
「彼らが使うアプリが何だか良く分からない。」

こんな理由が持たせるか・持たせないかの議論を生んでいるのではないでしょうか。
ただ、これからの世の中、スマホに限らず、親はテクノロジーについて、子どもたちに教えることはできなくなります。

私たちは既に、人工知能を知らないうちに使っています。
より社会の深いところでブロックチェーンも使われるようになるでしょう。
(単なる仮想通貨を実現する技術ではありません)

これらをちゃんと理解して、子どもたちに伝えることは、大半の親ができません。
私もできません。
だからと言って、それを子どもに使わせないか?というと、私はそうではありません。

親が分からない・教えられないからという理由で、彼らが新しいテクノロジーに触れる機会を奪うべきではないと思うのです。
上述の通り、道具の良し悪しは使い手によります。
包丁だって、正しく使えば便利な道具ですが、悪い目的で使われてしまうこともあります。

だから、スマホだろうとなんだろうと、まずは体験させてあげるのが大事だと感じています。
我が家では時間は区切りますが、私のiPadなどを家の中で触らせています。
上述の『ゴースト刑事』も見せましたし(殺人事件なので、息子は怖がるといけないので、少しだけ・・)、
Google AlloやFaceAppなど、面白いアプリが出たら一緒に体験しています。

私が面白いと感じるところと、息子が感じるところは、きっと異なります。
でも、それが良いのだと思います。

新しいモノを使ってみて、子ども自身が迷うこともあるでしょう。
そういうときの判断基準こそ、大人が子どもに伝えるべきことではないでしょうか。

「こういう使い方したら、相手はどう感じるかな?」
「どうすれば良かったと思う?」

テクノロジーが進歩しても、人として大切なことは変わりません。
それこそ長く生きている私たちが、子どもたちにしっかりと示せるようになりたいものだ、と思います。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【編集後記】
週末はずっと雨でしたので、2日連続で息子とスイム練習。
私にしてはガッツリと泳ぎました。
2日目の最後に全力50メートル泳ぎましたが、凹みました。。

今日も素晴らしい1日になります。感謝!!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【メルマガ 『非常識なコンサルタント』】
独立・起業を目指す方、特に自分らしく働き・生きたい方。
コンサルティングを事業の軸にしたい方に向けたメルマガを配信しています。
こちらから登録できます。

【Facebookページはこちら
「いいね!」すると、ブログ更新のお知らせを受け取れます。
たまに気になるニュースなども通知しています。

ブログ村ランキングに参加しています!
応援のクリックをしていただけると、嬉しいです。
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
にほんブログ村


【セミナー】
ただ今、募集中のセミナーはありません。

大企業すら突然死する時代の生き残り戦略

デバイスは私たちの身体に取り込まれていく

関連記事

  1. 主戦場はIaaSからPaaSに

    こんばんは、渋屋です。久しぶりのIT関連記事です。日経コンピュータの主要…

  2. 中小企業がITを導入できない理由。コストは主原因ではない。

    中小企業がITを活用しやすい環境が、整ってきています。こちらの記事で、規模の小さい企業の方が有利…

  3. 改めて「クラウドとは何か?」を考えてみる

    クラウド(コンピューティング)が生まれて、もう10年以上経ちました。そしてクラウドは、既に私たち…

  4. Office365は小さな会社の情報共有ツールになり得るか?

    ある顧客企業で情報共有ツールとしてのOffice365を評価しています。特定の利用用途を想定して…

  5. 開発スピードが10倍・100倍加速している事実

    こんばんは。渋屋です。つい先日、ある企業向けのアプリケーションを見せてい…

  6. 新刊 『【図解】コレ1枚でわかる最新ITトレンド』 。今はITの…

    おはようございます。渋屋です。アマゾンで、新刊 『【図解】コレ1枚でわかる最新ITトレンド』の予…

  7. 小さな会社のIT活用は、とにかく事例を知ること

    こんにちは。渋屋です。以前の記事(IT人材を育成するためには)で、IT人材を育成するためには、…

  8. 情報システム部門が変わる簡単な方法

    おはようございます。渋屋です。今まで数多くの企業の情報システム部門を見てきました。自社の情報…

最近の記事

最近読んだ本

PAGE TOP