menu

マイクロソフトが強すぎる理由

LINEで送る
Pocket

IT系企業で強い会社を挙げて下さいと言ったら、どこを挙げますか?
アップル?グーグル?
私だったら、最初に挙げるのはマイクロソフトです。

 

変化できる組織の強さ

その理由は時代に合わせて変化している組織だからです。
古くはOSであるMS-DOSからWindowsへの進化。
最近ではクラウド・オープン化への対応。

約20年、IT業界を見ていますが、世の中の変化にこれだけ柔軟に対応し続けている組織はマイクロソフトしかありません。
もちろん、その間に失敗もしています。
Windows CEとか、Meとか、Vistaとか「やらかしてしまった」商品もリリースしているからです。
モバイル対応も遅れましたし。

しかし、それらの失敗を乗り越えて、今なお、市場で存在感を示しています。
こうやって変化・進化し続けられる組織こそが、強いのではないかと思います。

私の支援する企業にも、元々ハードウェア系の企業だったのに、一気にソフトウェアに事業転換した企業があります。
今振り返れば、正しい判断だったと言えるのですが、その当時、小さな会社が過去の資産(ノウハウなど)を捨て、事業を書き換えることには、相当な恐怖が伴ったことでしょう。
社長の英断に頭が下がるばかりです。

 

参入障壁を築く戦略レベルの動きが秀逸

マイクロソフトの強みの2つ目は参入障壁を築く、あるいは競合との差別化をする動きが秀逸だからです。

Windowsが広がり始めた頃は、サーバとクライアントをWindowsにするだけで簡単に社内LANが組めるようになりました。
それまでファイルサーバーやプリントサーバーにNetWareを利用していた企業も、次々とWindowsに乗り換えていきました。

Windowsサーバーで構築されたネットワークのID管理は、NTドメイン、後のActive Directoryが行うことになりました。
社員マスタとも言えるID管理を牛耳ったことにより、マイクロソフトは企業における圧倒的な存在感を示しています
パッケージソフトウェアを売るスタイルから、クラウドにシフトした今、ID管理をAzureの中心に携えています。

IDという強みをAzureに展開したのです。
詳細は省きますが、AzureでIDフェデレーションすることで、他のクラウド・システムとの連携が容易になりました。
利用者はAzureにログインするだけで、他のクラウド・システムを、自分の権限で利用することができます。
そして、Windowsクライアントだけでなく、タブレットやスマホにまで、その管理範囲を広げることが容易になりました。
MDM(Mobile Device Management)系のソフトウェアを提供する企業は、このマイクロソフトの戦略に震えたことでしょう。

話が変わりますが、以前のマイクロソフトの収益源はOSとOfficeでした。
以前、Officeに対して、Google Apps(現G Suite)などが攻撃を仕掛けてきますが、
Officeをクラウド化(Office365)することで徹底抗戦し、その戦いに事実上、勝利しました。

クラウドだけでなく、インストール型のソフトウェアも持っていること。
WordやExcelという単品ではなく、Exchange ServerやSharePointのような既に入っている企業システムと連携ができることなど。
特に対企業という意味では、痒いところにまで手が届いた結果の勝利でしょう。

 

商品だけではない差別化要素

そして少なくとも日本においては大企業を中心とする顧客基盤が圧倒的なこと。
クラウドでAWSを猛追できている理由の1つは明確に、この顧客基盤でしょう。
AWSを使うユーザは一般的にイノベーターやアーリーアダプターです。
しかし、マジョリティ以降の顧客層は「安心」を求めます。
その安心を売るための体制を整えているのは、クラウド界ではマイクロソフトくらいなのではないでしょうか。
市場で圧倒的に数が多いのはマジョリティです。

自分たちの強み(顧客に選ばれる理由)と独自資源(強みを生み出す資源)を明確に分かっているから、このように参入障壁を築くことができるのでしょう。
ただ、それでもクラウド化・オープン化への対応は遅れました。
現CEOのサティア・ナデラが就任してから、現在の戦略に向けての動きが加速しました。
あれだけの組織においてもトップの判断・決断が重要ということは、変わりないのですね。

ドッグイヤーと呼ばれるIT業界。
その業界で20〜30年、変わり続けられる組織。
変わるためのトップの判断。
それがマイクロソフトの強さの源泉と言えるでしょう。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【編集後記】
私自身、端末はMacやiPhoneを使っていますが、
Office365は継続して利用しています。
自宅のデスクトップパソコン(妻も使う)はWindowsです。
次に買う端末はSurfaceでも良いかな、と思っています。

今日も素晴らしい1日になります。感謝!!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【メルマガ 『非常識なコンサルタント』】
独立・起業を目指す方、特に自分らしく働き・生きたい方。
コンサルティングを事業の軸にしたい方に向けたメルマガを配信しています。
こちらから登録できます。

【Facebookページはこちら
「いいね!」すると、ブログ更新のお知らせを受け取れます。
たまに気になるニュースなども通知しています。

ブログ村ランキングに参加しています!
応援のクリックをしていただけると、嬉しいです。
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
にほんブログ村


【セミナー】
ただ今、募集中のセミナーはありません。

ハセツネ30Kで露呈した自分の弱さ

大企業すら突然死する時代の生き残り戦略

関連記事

  1. システムに無関心は当たり前?

    こんばんは、渋屋です。少し古い記事になりますが、日経コンピュータの9月18日号に気になる記事があ…

  2. 「IT脳」を鍛えるには、使って体験することが一番の近道

    IT関係の仕事に就いているかどうかに関わらず、全てのビジネスパーソンに「IT脳」が必要になってき…

  3. 業界構造を破壊する、もう1つのクラウド #700

    おはようございます。渋屋です。■IT業界の構造を破壊する、もう1つのクラウド…

  4. 自社(自分)にIoTは関係ないと思っていませんか?

    新聞などの一般メディアを読んでいても、毎日のように目にすることになったIoT。それでも「自社には…

  5. 日本に訪れる人は超・不便!日本の通信事情。

    おはようございます。渋屋です。昨日、香港に到着しました。街中、人だらけで…

  6. アジャイル開発から学ぶ。仕事は「戦い」ではない。

    IT企業を支援する上で、主流となりつつあるアジャイル開発を学んでいます。ただ、これは単なる開発手…

  7. デジタライゼーションを実現するために必要なこと

    昨日に引き続き、八子クラウド座談会「クラウドが拓いたデジタライゼーション!」で感じたことです。…

  8. DropboxとEvernoteの使い分け

    こんにちは。渋屋です。私の周りでは、この時期にDropboxやEvern…

最近の記事

最近読んだ本

PAGE TOP