menu

Facebookを仕事で使うなら、最低限知っておきたいこと

LINEで送る
Pocket

会社を辞め、個人として働くようになってから、ますますFacebookは手放せないものとなりました。
一緒に働くパートナーや顧客とのやりとりは、下手するとメールよりもFacebookの方が多いからです。
改めてFacebookとの付き合い方を考えてみました。

 

Facebookに仕事のことを投稿し始めました

会社員は基本的に仕事のことを個人のFacebookで書くことは少ないでしょう。
一方で会社経営者やフリーランスは、人によっては仕事のことばかり投稿している人もいます。

実は最近、自分の投稿スタイルに疑問を持ち始めていました。
プライベートのこと(大概はマラソンやトライアスロンのこと)ばかり投稿して、仕事のことはほぼゼロだったからです。
せっかくセミナー会場など、仕事の場で出会った人とFacebookでつながったのに、私の投稿内容に仕事のことが無い。
どうも矛盾しているな、と感じたのです。

そこで少しずつですが、仕事に関することも投稿を増やすようにしてみました。
まだまだ実験中というところですが、自分の気持ち的には「今の状態の方が自然」と感じるようになりました。

 

Facebookにどこまで「仕事色」を出すかはポリシー次第

以前に書いたこちらの記事で、自分なりの投稿スタイルを確立しよう、と提案しました。
Facebookをどこまで「仕事色」に染めるのかは自分次第です。

ほぼ100%仕事の人がいる一方で、経営者やフリーランスでも、ほぼプライベートのことしか書かない人もいます。
色々と試しながら、最終的には自分の投稿スタイルを確立すれば良いと思います。

ただ、もし仕事でFacebookを多用するのであれば、最低限のことは学ぶようにしましょう。

 

仕事でFacebookを使う上で、最低限知っておきたいこと

仕事で使うとなると、他者へ迷惑をかけるようなことがないよう、注意を払わねばなりません。

まずはセキュリティ面。無駄なアプリは承認しないようにしましょう。
知らない人からの友達申請を承認しないことと同様に、超重要事項です。

次に注意すべきは、意図せぬタグ付けです。

Aとのスケジュール調整を断ったのに、Bとの飲み会に参加していた、などと分かると面倒です。
仮に面倒でなことにならなくても、A側が不満に思う可能性を作ってしまいます。
仕事とプライベートの境界線があいまいな経営者・フリーランスは気をつけるべきところでしょう。

それから友達の共有範囲です。
標準設定のままだと、自分の友達が他者から丸見えです。
この点も例えば共有の友達のみを表示するように変更しておきましょう。

あと、Facebookにログインするのを二段階認証にしておきましょう。
これはFacebookに限らず、多くのアプリでそのように設定しておくべきです。
これだけで他者からアカウントを乗っ取られる可能性がグッと減りますから。
私の場合、例えばGoogle、Evernote、Dropboxなどは二段階認証を有効にしています。

最低限のことを知った上で、積極的にこの手のツールを活用していきたいですね。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【編集後記】
ちなみにプライベートのことは「友達のみ」で投稿。
仕事のことは「公開」で投稿しています。

直接お会いしたことのない方とは友達にならないようにしていますので、
必要でしたら「フォロー」して頂ければと思います。

今日も素晴らしい1日になります。感謝!!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【メルマガ 『非常識なコンサルタント』】
独立・起業を目指す方、特に自分らしく働き・生きたい方。
コンサルティングを事業の軸にしたい方に向けたメルマガを配信しています。
こちらから登録できます。

【Facebookページはこちら
「いいね!」すると、ブログ更新のお知らせを受け取れます。
たまに気になるニュースなども通知しています。

ブログ村ランキングに参加しています!
応援のクリックをしていただけると、嬉しいです。
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
にほんブログ村

 


【セミナー】
ただ今、募集中のセミナーはありません。

安易に既存ビジネスに乗っかるリスク

2016年の勝手に振り返り

関連記事

  1. 小さなIT企業はクラウドをもっと活用しよう

    TechTargetに興味深い記事が出ていました。(ログインが必要です)「中堅・中小企業にこ…

  2. ITの利用(技術進化)と人間性の両立をはかろう

    少し前から、ITを利用することと、人間性の両立が、重要なテーマになっている気がします。人工知能の…

  3. IT企業支援のワークショップを行いました

    昨日はIT企業に関わる人が集まり、ワークショップを行いました。創業支援(経営コンサルタント)…

  4. これからはAIと共に生きていく

    少し前に、これからはスマホ中毒者が激増することを予想しました。そして、それは悪い傾向…

  5. デバイスは私たちの身体に取り込まれていく

    コンピュータの登場から今日まで、そのデバイスの歴史を辿ると、これから先の流れも想像できます。…

  6. 事業戦略を考えるときの3つのステップ

    先日、ある会社から相談があり、事業戦略を拝見しました。きっと色んなことを調べて、考えた結果なんだ…

  7. AWSが新サービスを追加と値下げを繰り返す理由

    アマゾンウェブサービス(AWS)は、クラウド業界における圧倒的なトッププレイヤーです。私は、この…

  8. ネットとリアル #362

    こんばんは。duckです。今日は久しぶりにミーティングばかりの1日。こういうときこそ、目標を見据えな…

最近の記事

最近読んだ本

PAGE TOP