menu

「営業」の定義を変える

LINEで送る
Pocket

独立したいと考えたときに、一番不安になるのが、

「営業をやったことがない」

という事実ではないでしょうか。


多くの会社に営業職はいますが、

このメルマガを読んでいるようなコンサルタント志望の方の多くは、
営業経験のない方が多いでしょう。

私自身、営業経験はありませんでした。

経験がないから、「営業」に対して引け目を感じてしまうのです。


ただ、このとき「営業」という言葉をどのように定義しているでしょうか?

  • 顧客が要らないものをお願い、押し売りして売ること?
  • 断り文句に対応する「応酬話法」を駆使すること?

こんな風に「営業」を定義していたら、
引け目や、抵抗感を覚えてもしょうがないですよね。


私にとっての「営業」の定義は違います。

「友達に美味しい飲食店を教えてあげるようなもの」です。

そこにあるのは、自分が良いと思ったものを

「もしよろしければどうぞ」

という親切心です。
友達がその店に行くか行かないかは、本人次第です。

無理矢理売ろうとしたり、応酬話法で対応したりすることはありません。

心から良いと思う商品を紹介するだけです。
だから、「営業」に対する抵抗感はありません。

  1. 「営業」の定義を変え抵抗感を取り除く(今回)
  2. 顧客像を明確にして、実際に会いに行く(前回)

この2つを揃えることが、営業を成功に導く基盤だと考えています。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【メルマガ 『非常識なコンサルタント』】
独立・起業を目指す方、特に自分らしく働き・生きたい方。
コンサルティングを事業の軸にしたい方に向けたメルマガを配信しています。
こちらから登録できます。

ブログ村ランキングに参加しています!
応援のクリックをしていただけると、嬉しいです。
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
にほんブログ村


【セミナー】
9月25日(月) マーケティング塾(第1回)

内面世界と現実世界をつなげるミッション

日常に変化をつけることで気付くこと

関連記事

  1. 独立はあくまでも手段

    私は独立は働き方を実現するための手段の1つだと思っています。自分はどのように…

  2. 大企業に勤めた経験は宝

    大企業を辞めて独立したとき、「これでやっと自由になれる」と思ったものです。 船頭多くし…

  3. 多くの方に応援いただき、会社員を卒業しました!

    今日は、14年間勤めた会社の最終日でした。暖かく、桜がとても綺麗で、記念すべき区切りの1日を彩っ…

  4. バグを掘り起こされました

    昨日は、毎月、定期的にコンサルティングをお願いしている方と、個別コンサルティングでした。…

  5. 【独立のリアル】フリーランスはブラックなのか?

    このところ、我ながら恐ろしいペースで働いています。体力が続くギリギリを攻めている感、満載です。…

  6. 仕事日をカレンダーに任せない

    独立すると仕事をする日、休む日を決めるのも自分自身です。■年末年始に入ったからと…

  7. ソルジャーが抱えるリスク

    一昨日に書いた記事にアクセスが集まっています。自戒のための記事だったので、タイトルもそん…

  8. ビジネスモデル #307

    おはようございます。duckです。昨晩は少し仕事が遅くなってしまいました。毎週木曜日は出勤前にじぶん…

最近の記事

最近読んだ本

PAGE TOP