menu

コンサル合戦が面白い

LINEで送る
Pocket

昨日、仲間5名で集まって、
お互いにコンサルティングを行いました。


1回30分という、普段ではありえない短時間で、
ヒアリングから真の問題にアプローチしつつ、
何らかの結果に着地させるという難題。

やってみたら、すごく面白いんです。


まずは純粋にコンサルティングスキルが上がるからです。

短時間なので、自分が普段、意識していなかった
苦手なところが浮き彫りになります。
私の場合は、どうしても真の課題にアプローチしたくなるので、
30分で収めきれないところがありました。

真の課題にアプローチするのは、必要なこととは言え、
30分(普段は2時間)という制約条件を守ることも、
顧客に対しては必要なことです。

心のどこかで、真の課題にアプローチできれば、
多少、時間が伸びても良いだろう、という甘えがあったことを
発見しました。

顧客は、次の予定が入っているかもしれません。


もう1つは、コンサル合戦をすることで、
その相手と仲良くなれることです。

練習とは言え、自分の悩みを打ち明けるのですから、
その悩みが根深いものであればあるほど、
相互理解が進みます。

おかげで今日は、一緒に練習した4名の方と、
今まで以上に親しくなれたような気がします。

もちろん、お金を払ってコンサルティンを受けることは、
必須だと私は思います。
顧客の視点を持たずして、理想のサービスを追求できないですから。

それとは別に、仲間たちとコンサル合戦をするのも
オススメしたい、楽しいイベントでした。



【セミナー】
12月18日(月)経営塾

独立・起業直後の2年間を耐え抜くには?

自己探求と社会への貢献を両立させる

関連記事

  1. 営業術、行動のキモはこれ

    平日・週末と繰り返してきたセミナーの内容を少しずつ、このメルマガでもご紹介していきます。…

  2. 営業できないと避けられないこと

    このメルマガでも、ブログでも何度も書いていますが、士業の多くが「営業ができない」という致命的な弱…

  3. あなたは倹約家?それとも投資家?

    お金に関して私たちは、基本的な考え方を間違ってインストールされてきた、と感じています…

  4. 社長が積極的に卒業する時代

    このところ、社長が会社を卒業するケースを何件も見ました。■どのケースにも共通しているのは…

  5. コンサルタント独立に必要な3つのモノ

    コンサルタントとして独立するとき、それまでは頼っていた会社の看板がなくなることに気付きます。…

  6. 「雇われない生き方」の次の時代

    『フリーエージェント社会の到来』という本があります。■2002年に出た本で、その後、…

  7. 人畜無害じゃ顧客に覚えられない。脱・量産型ザクのススメ。

    会社員だった頃を振り返ると、「量産型ザク」を目指していたように思います。■私個人にし…

  8. まだコミットが足りなかった!

    一昨日、起業直後にも関わらず、あっという間に会社員時代の年収を上回る受注を獲得した若者のセミ…

最近の記事

最近読んだ本

PAGE TOP