menu

コンサル合戦が面白い

昨日、仲間5名で集まって、
お互いにコンサルティングを行いました。


1回30分という、普段ではありえない短時間で、
ヒアリングから真の問題にアプローチしつつ、
何らかの結果に着地させるという難題。

やってみたら、すごく面白いんです。


まずは純粋にコンサルティングスキルが上がるからです。

短時間なので、自分が普段、意識していなかった
苦手なところが浮き彫りになります。
私の場合は、どうしても真の課題にアプローチしたくなるので、
30分で収めきれないところがありました。

真の課題にアプローチするのは、必要なこととは言え、
30分(普段は2時間)という制約条件を守ることも、
顧客に対しては必要なことです。

心のどこかで、真の課題にアプローチできれば、
多少、時間が伸びても良いだろう、という甘えがあったことを
発見しました。

顧客は、次の予定が入っているかもしれません。


もう1つは、コンサル合戦をすることで、
その相手と仲良くなれることです。

練習とは言え、自分の悩みを打ち明けるのですから、
その悩みが根深いものであればあるほど、
相互理解が進みます。

おかげで今日は、一緒に練習した4名の方と、
今まで以上に親しくなれたような気がします。

もちろん、お金を払ってコンサルティンを受けることは、
必須だと私は思います。
顧客の視点を持たずして、理想のサービスを追求できないですから。

それとは別に、仲間たちとコンサル合戦をするのも
オススメしたい、楽しいイベントでした。

独立・起業直後の2年間を耐え抜くには?

自己探求と社会への貢献を両立させる

関連記事

  1. タダでも顧客の声をもらいに行く

    昨日、コンサルタントとして独立するのであれば、「プロフィール・サービスメニュー・顧客の声」…

  2. 確定申告という無理ゲーを終わらせたい

    この時期、私の周りのフリーランスは確定申告に追われているようです。■私は毎日、自分の…

  3. 自分の得意な場所、苦手な場所

    独立して仕事をする上で人脈は必須です。■どれだけの人数とお付き合いするか?どこまで深…

  4. 自分の意思決定基準をつくる

    私が経営者や独立志望の方に「インサイトマップセッション」を行なうのは理由があります。…

  5. 無条件の理想を掲げる

    自分に対しても、顧客に対しても意識していること。■一切の制約条件を抜きにして、ありた…

  6. 士業界における致命的な弱点とは

    これから士業を目指す方にとっては残念な記事かもしれません。■私の知る限り、現在の士業…

  7. トンネルには必ず出口がある

    3月のことですが、久しぶりに月間売上高の最高記録を更新しました。■去年の夏が終わる頃…

  8. 自分の顧客に仕事を依頼したい

    このところ何度か書いていますが、仕事のペースが明らかに変わってきました。■そこで仕事…

最近の記事

最近読んだ本

PAGE TOP