menu

コンサル合戦が面白い

LINEで送る
Pocket

昨日、仲間5名で集まって、
お互いにコンサルティングを行いました。


1回30分という、普段ではありえない短時間で、
ヒアリングから真の問題にアプローチしつつ、
何らかの結果に着地させるという難題。

やってみたら、すごく面白いんです。


まずは純粋にコンサルティングスキルが上がるからです。

短時間なので、自分が普段、意識していなかった
苦手なところが浮き彫りになります。
私の場合は、どうしても真の課題にアプローチしたくなるので、
30分で収めきれないところがありました。

真の課題にアプローチするのは、必要なこととは言え、
30分(普段は2時間)という制約条件を守ることも、
顧客に対しては必要なことです。

心のどこかで、真の課題にアプローチできれば、
多少、時間が伸びても良いだろう、という甘えがあったことを
発見しました。

顧客は、次の予定が入っているかもしれません。


もう1つは、コンサル合戦をすることで、
その相手と仲良くなれることです。

練習とは言え、自分の悩みを打ち明けるのですから、
その悩みが根深いものであればあるほど、
相互理解が進みます。

おかげで今日は、一緒に練習した4名の方と、
今まで以上に親しくなれたような気がします。

もちろん、お金を払ってコンサルティンを受けることは、
必須だと私は思います。
顧客の視点を持たずして、理想のサービスを追求できないですから。

それとは別に、仲間たちとコンサル合戦をするのも
オススメしたい、楽しいイベントでした。



【セミナー】
ただ今、募集中のセミナーはありません。

独立・起業直後の2年間を耐え抜くには?

自己探求と社会への貢献を両立させる

関連記事

  1. 「国」という見えないものに頼り過ぎるリスク

    先日、士業が集まる場に参加する機会がありました。■ちょっとした研修の場でしたので、あ…

  2. 見え始めた私の勝ちパターン(方程式)

    ブログを書いて、メルマガを書いて。見る人から見ると、私は「ネット営業の人」なのかもしれません。…

  3. いくら勉強しても事業は伸びない

    昨日、神奈川マラソンに参加してきました。毎年参加しているハーフマラソンで、今年で5年目です。…

  4. 行動するか、しないかを見極めるポイント

    コンサルタントである以上、顧客が成果を上げることに全力を尽くしています。■色んな顧客…

  5. 気づいてもらうのに必要なこと

    「教えないコンサルティング」シリーズが続いています(笑)■顧客の成果にフォーカスするから…

  6. コンサルティングの「型」を持つ

    何事にも、最初にチャレンジするときには「型」を身につける必要があります。■ランニング…

  7. 価格に自分を合わせて成長させる

    このメルマガでは、自分で顧客を開拓することを提唱しています。他の誰かから仕事をもらうので…

  8. フリー(独立)への大きな流れ

    7月11日のメルマガ【「雇われない生き方」の次の時代】というタイトルで記事を配信しま…

最近の記事

最近読んだ本

PAGE TOP