menu

価格に自分を合わせて成長させる

このメルマガでは、
自分で顧客を開拓することを提唱しています。

他の誰かから仕事をもらうのではなく、
自分で仕事を作るのです。


そのとき、難しいのが価格のつけ方。
ついつい早く売りたいために安い価格を
つけてしまいがちです。

しかし、それではひとりでやるビジネスは厳しいです。
安いサービスを何100回と売ったところで、
売上は高が知れています。

それよりも少しでも高くした方が、
時間が限られているひとりビジネス向きです。


このとき、

「そんな高い金額じゃ売れない」

と一番思い込んでいるのは、実はあなたです。

自分の金銭感覚に引っ張られているのと、
「自分はまだまだ」と考えている未熟者精神。
特に後者は、真面目な士業には多いと感じています。

コンサルティングサービスは
価値の分かりにくいものです。

だから安売りする人が多いのですが、
大事なことは、価値を分かりやすく伝えた上で、

「高く売って、それに自分を追いつかせる」

ことじゃないかと思います。


安く売っていたら、
いつまで経っても安売りしかできません。

それよりは高く売るだけ売って、
必死にそれを追いかけ、成長する方が楽しいです。

人間、不思議なもので、
価格と自分が提供できるサービスの内容に
ギャップがあると、それを違和感として感じます。

その違和感を大切にしつつ、
少しだけ攻めすぎと思う価格をつけてみては。

中小企業診断士の収入が上がらない理由

試験に合格した自信は、パラダイムの制約になる

関連記事

  1. エネルギー枯渇問題

    コンサルティングを続けて、顧客層がより良くなってくるとともにある問題(!?)が発生してきます…

  2. 論理思考をうながす2つの問い

    最近は右脳開発に偏っている私ですが(笑)、論理思考も忘れてはおりません。■例えば、ビ…

  3. 人畜無害じゃ顧客に覚えられない。脱・量産型ザクのススメ。

    会社員だった頃を振り返ると、「量産型ザク」を目指していたように思います。■私個人にし…

  4. 経営は100アスロンのごとし

    私はトライアスロンをやっていますが、これはスイム・バイク・ラン、3つの種目から成り立っていま…

  5. お金の支援をする専門家にオススメの本

    コンサルタントとしてチェックしておきたい本があります。■MQ会計やTOCなどを広める「会…

  6. 独立1年目と2年目で変わる売上構成

    プロスポーツの世界には「2年目のジンクス」があります。1年目に好成績を収めた結果、相手に徹底的に…

  7. 分解できれば成長できる

    昨日、経営は100アスロン(100種競技)だとお伝えしました。■「経営」は本当に様々な種…

  8. ひとりビジネスは、ひとりじゃない

    コンサルタントはひとりビジネスであることが多いです。■個人事業主だったり、法人だ…

最近の記事

最近読んだ本

PAGE TOP