menu

営業できないと避けられないこと

LINEで送る
Pocket

このメルマガでも、ブログでも何度も書いていますが、
士業の多くが「営業ができない」という致命的な弱点を
持っています。

では、営業ができないとどうなるのでしょうか?


自尊心が傷つく。

1つは自尊心が傷つくことです。
自分で営業ができないということは、
誰かから紹介で仕事を請けることになります。

顧客の経営を支援する「コンサルタント」を
名乗っているにも関わらず、
自分で仕事を開拓できていないという事実。

顧客の前では売れているフリをするけれど、
実際には次の仕事を振ってもらえるのを
待つしかない自分が情けなくなっていくのです。

この狭間に立ち続けることにより、
自尊心が傷つけられていくのです。


利益率が下がる。

2つ目は利益率。
人から紹介される仕事の大半は、金額が決まっています。
少なくとも私は、紹介いただいた仕事で金額交渉
できた試しがありません。

となれば、利益率の低下は免れません。
コンサルタントのように、私たち自身の頭と身体が
経営資本である事業は、時間を取られているにも関わらず、
十分な利益が上がらなければ、すぐに干上がってしまいます。


リスクが上がる。

最後にリスクが高いのです。

仕事を紹介に委ねているから、
いつ仕事が来るのか分からない(時間のリスク)

やっと紹介してもらっても、
金額は自分で決められない(お金のリスク)

ビジネスでは下流に行けば行くほど、
この3つの壁が立ちはだかります。

逆に言えば、営業力を鍛えることで、
自分で直接顧客を開拓することができると、

自尊心が高まり、利益率が上がり、リスクが下がる。
ということですね。



【セミナー】
10月26日(木) マーケティング塾(第2回)

やりたいことが見つからない3つの理由

コンテンツ化を進めるときが来た

関連記事

  1. 経験を買うことで加速する

    今年に入ってから高額セミナー・コンサルティングに投資しました。それによってかなりの加速度がついた…

  2. その仕事に自由はあるか?

    昨日、フランチャイズの話を書きました。■安易に加盟してしまってから、利益の確…

  3. 終わりのないコンテンツを作りたい

    先日、ある方と話をしていて、「終わりのないコンテンツを作りたい」と思うようになりました。…

  4. 最初に向き合うべきは自分

    様々な戦略フレームワークは「顧客」からスタートするものが多いです。私自身、顧客の支援をさ…

  5. 一次情報に触れてますか?

    このところ、つくづく「生の声」の大切さを感じています。■例えば、中小企業白書や情報通…

  6. どこを使って売っていますか?

    昨日は、戦略うんぬん以前に、顧客のことをもっと知りましょう。そのために顧客に会い、リサーチし…

  7. 誰から学ぶか?は超大事

    昨日は丸1日、セミナーに参加してきました。改めて誰から学ぶか?は、超大事だと感じました。…

  8. 組織から個へ、そして個からチームへ

    会社という組織から離れ、ひとりで働く道へ。このメルマガで最も多く出てくるシーンです。ただ…

最近の記事

最近読んだ本

PAGE TOP