menu

資格のおかげで仕事が取れる、という落とし穴

資格、特に士業のように取得するまで時間がかかる難関資格に関して、
ネットを見ていると、「資格を取ると儲かるのか?」というやりとりが目に付きます。

私は、この考え方自体にバグがあると思っています。
「儲かる=仕事を獲得する」ことを他者(資格)に依存しているからです。

 

独立直後は、資格を活かしてキャッシュと経験を得る

とは言え、独立直後は何もないというケースが多いでしょう。
顧客がいない、強みは良く分からない、自分の商品(サービス)がない、など。

この段階では資格を上手く活かして、当面の生活費・セミナー等の投資のお金と、
仕事の経験を積むことを考えたら良いと思います。
例えば中小企業診断士の場合でしたら、自治体や商工会議所などに仕事があります。
そこと上手くつながることで、独占業務のない診断士でも、仕事を得られるのです。

ただ、ここでそのまま「落とし穴」にハマっていく人がいます。
そのまま公的業務にぶら下がってしまうのです。
自分自身で仕事を獲得できないものだから、他者に依存する。
公的機関からは表面上「先生」と呼ばれたりするので、そのまま勘違いしてしまうのでしょう。

そうやって独立しているにも関わらず、本当の自立はしていない「ぶら下がり」が生まれてしまうのです。

 

資格がなかったら、どう自己紹介するか?

私は、資格を独立直後の補助として活かす程度に考えるのが、最もバランスが良いと思っています。
医者のように資格を全面に押し出さないと商売ができないわけではないからです。

そして、徐々に真の独立(=自立)を目指していきたいです。
そのとき考えるのは、「資格がなかったら、どのように自己紹介するか?」です。

最初に資格を名乗るから、他の多くの人と同質化してしまうのです。
結果、サービスの内容や単価を、その他大勢に合わせられてしまうのです。

それを避けるためには、資格はない、会社名もない、自己紹介をする必要があります。
先日、とてもインパクトのある方とお会いしました。

「2ヶ月で赤字を改善します!」という一言。
どんな活動をされているのか?興味を持ってしまいました。
これ、絶対に忘れられないですよね。

 

資格はブースター

上述の通り、資格は独立直後に加速するためのブースターだと思っています。
顧客がいなくて、自分の商品もないから、資格を活かして当面の仕事を取るのです。
そしてキャッシュを得て、経験を積み重ねていきます。

それらの仕事から、自分の強みを発見したり、
自分自身の商品(サービス)を開発することにつなげていきましょう。

こうして、せっかく苦労して取得した資格を、
独立直後にスタートダッシュをするためのブースターとして利用するのです。
ただし、ブースターはあくまでも補助です。

そのまま依存するのではなく、徐々に補助なしでも良い状態を目指していきましょう。
私の場合、この点に気をつけているので、公的機関や紹介からの売上は、全体の2割を超えないようにしています。

落とし穴にハマらず、ちゃんと真の独立をする診断士を増やしたいと思っています。
そのために、まずは私自身がちゃんとしていきたいです。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【編集後記】
気づけば週末は横浜マラソン。
東京マラソンの後、放心状態になっていましたが、
気持ちを切り替えないといけないですね、、

今日も素晴らしい1日になります。感謝!!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【Facebookページはこちら
「いいね!」すると、ブログ更新のお知らせを受け取れます。
たまに気になるニュースなども通知しています。

ブログ村ランキングに参加しています!
応援のクリックをしていただけると、嬉しいです。
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
にほんブログ村

小さなIT企業はクラウドをもっと活用しよう

診断士向け勉強会・セミナーに受験生もご招待する理由

関連記事

  1. これから起業する人のITとの付き合い方

    こんにちは、渋屋です。昨日は、ITに造詣の深い方々との会合でした。毎度のことながら、自分の日…

  2. 週に半日〜1日を投資時間にしました

    3月4日(金)独立のリアルを語るセミナー(最終回)を募集開始しました。ふと、なんで自分の悩んだこ…

  3. 診断士がセミナー主催を成功させるステップ(その3)

    こんばんは、渋屋です。ようやく風邪の終わりが見えてきたので、近場のランニング練習会に出てきました…

  4. 中小企業診断士を取得した後に大事にしたいこと

    先週、中小企業診断士の2次筆記試験の結果発表がありました。口述試験に進める人が944人、筆記試験…

  5. 大企業すら突然死する時代の生き残り戦略

    大企業の突然死が続いています。個別の企業名を挙げなくとも、思い浮かぶ企業があるでしょう。まだ…

  6. 「日収 100万円」の世界から感じたこと

    最近、恐ろしい2人にお会いしました。1人はコンサルタント(本人はコンサルトは名乗っていませんが)…

  7. 中小企業診断士1次試験7科目と実務の関係(私の勝手な主観)

    独立診断士として働いていますが、改めて診断士1次試験に含まれる7科目と、実務の関係を整理してみま…

  8. フリーランスの私がブログやメルマガで情報発信し続ける理由

    毎日ブログを更新して、もう5年(と少し)過ぎました。これだけ毎日書いていれば、少しはラクになるか…

最近の記事

最近読んだ本

PAGE TOP