menu

『あたらしいWebマーケティングの教科書』は簡単ながら、骨太です

おはようございます。渋屋です。
Webを使ったマーケティングと言えば、ホームページやブログ、
メルマガから、FacebookやLINE、最近はYoutubeまで、
様々なツールが広がっています。

「何から手をつければええねん」

と横浜生まれ・育ちの私でも関西弁が出てしまうほど、
この分野は混乱していると感じています。
そんな状況に喝を入れるべく、芯の通った本が登場しました。

 

『あたらしいWebマーケティングの教科書』

この本は、単なるノウハウ本ではありません。
LINEやYoutubeに続く、新しいツールが出てきたら陳腐化する本でもありません。

マーケティングである以上、Webでないリアルなマーケティングを含めて考える必要があります。
そんなマーケティングの当たり前のことから始まり、
(ただ、その当たり前ができていない本のいかに多いことか!!)
自社の強みを引き出すための質問が投げかけられます。

具体的なツールの使い方に入る前のこの段階で、
私は自分に足りていない部分を、何個チェックしたか分かりません。

ツールに振りまわされる本が多い中で、この本は骨太だと言えるでしょう。

 

骨太だけど、やさしい

構成や書いてあることは骨太なのですが、中身はやさしく書いてあります。
マーケティング用語が連発することもなく、IT用語が連発することもなく、
Web(とリアル)マーケティングを有効活用して、

  • 新規顧客を増やしたい方
  • 既存顧客をよりファンにしたい方
  • 結果として、売上や利益を向上したい方

全てにオススメできる内容に仕上がっています。
私自身、これから色々とWebを立ち上げていくことになるでしょうから、
非常に参考になりました。

本質的なことが書いてある分、表面的なテクニック・テクノロジーの話に陥りません。
それが結果として、本書を読みやすいものにしているのかもしれません。

 

ここまでやれば良いという安心感

マーケティング、特にWebなどのツールを使ったものは、
なかなか終わりが見えてきません。

「いったい、どこまで細かくやれば良いんだ」
「どこまで予算を投入して良いんだ」

と困っている方も多いことでしょう。
本書は、マーケティングの目的を明確にした上で、
どこまでやれば良いか、の指針も示してくれています。

その事情はビジネスや会社によって変わってくることでしょうが、
大きな指針が得られたというのは、上記の悩みを持つ担当者の方々にとって、
1つの光明なのではないでしょうか。

個人的には、この本に書かれたことをしっかりやって、
その上で必要であれば、次のステップに進めば良いのでは、と感じました。

私は当面、本書をマーケティングの中核1冊として重宝したいと思います。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【編集後記】

今日は仕事後、診断士の集まりがあります。
毎度、新しいアイデアが出る場なので、楽しみです。

今日も素晴らしい1日になります。感謝!!

書籍を作ったときに利用した4つのツール

IT活用の第一歩はアナログ情報のデータ化

関連記事

  1. 道徳だけでなく、ビジネススキルまで身につく、『子どもたちが身を乗…

    こんばんは、渋屋です。今日は本の紹介です。友人・知人が読んでいて、気になったので読んでみました。…

  2. 愛嬌力を鍛えよう

    ビジネス力= 能力 × 愛嬌力 だ!!選ばれる人財! 愛嬌力トレーニング(2…

  3. 2分で片付くことは、その場で即やる

    私は基本的に怠け者です。隙あらば、すぐにサボろう、寝ようとしてしまいます。で、気付くと些細な…

  4. ビジネスモデルを知りたい人に送る1冊

    おはようございます。渋屋です。このところ、多少の寝不足でも暑くて勝手に目…

  5. 中小企業診断士向けの最も簡単な問題集

    今日は中小企業診断士 受験生の方向けの記事です。■私の知る限り、診断士向けの問題集として…

  6. 沈黙のWebマーケティングは実用入門書か?

    このところ、Webマーケティングに関する本を読み進めています。Webマーケティング全体のものから…

  7. マーケティングに必要な「あなたの事業ミッション」は何ですか?

    マーケティング支援、つまり「売れる仕組みづくり」をするために、こんな質問をする人は、あまり居ないかも…

  8. 自然と共に生きる #558

    おはようございます。渋屋です。昨日は、かつて私のチームに所属して、一緒に…

最近の記事

最近読んだ本

PAGE TOP