ブログ

やり切った先に見えるもの #262

おはようございます。duckです。

昨日は中小企業診断士、2次筆記試験がありました。
私も去年にこの試験を受験したのですが、診断士試験の最も厳しいところです。

受験された皆さま、本当にお疲れ様でした!!


さて、昨晩はその試験を終えた仲間達と合流して、慰労会を行いました。
皆さま試験の内容・結果が、もちろん気になります。しかし、選択式(マークシート)の1次試験と異なり、出来・不出来の手応えが受験生には分かり難いのが2次試験の特徴です。
これから合格発表までは、地に足が着かない思いでしょうが、まずはゆっくり休んで欲しいです。

その慰労会の中、あるいはネットの向こうで、色んな受験生の話が聞こえてきました。共通して言えることは、

やり切ったからこそ、感じる・見えるものがある

ということです。

・受験勉強から開放されたこれから、本当にやりたいことは何か?
・診断士という資格に望むもの
・診断士として何をしたいのか?

やり切っていない人には、これらを発見することは出来ないでしょう。

1年先に診断士にさせて頂いた身としては、皆さまから強烈に刺激を受けました。
果たして何がやりたいのか?初心に戻る必要がありそうです。

今日も素晴らしい1日になりそうです。感謝!!
===
今日の記事が、ほんの少しでも「面白かった」「役に立った」「参考になった」等と感じましたら、このボタンをポチっと応援お願いします。


にほんブログ村