menu

日本らしい企業経営のカタチ

LINEで送る
Pocket

こんにちは、duckです。

昨日は爆弾低気圧で凄まじい天気でしたが、近隣の桜は何とか散らずに済んだようです
これで週末は花見が出来ると思ったら、実務従事だったという
(でも、自宅マンションでキレイに桜が咲くので、夜桜でも見ようかと

さて、先日このような記事を見かけました。
「社員の声を聞きまくれ!」がもたらした企業変革

「従業員第一、顧客第二、マネジメント層第三」という経営理念

を掲げるだけでなく、実践したところが衝撃的な変革に繋がっているのでしょう。

顧客と接している従業員を大切にすれば、顧客満足は自然と向上する
本当の問題は従業員が知っている

というような前提に立っていると思います。
このような概念自体は従来からあるインターナルマーケティングに含まれます。

しかし、これを実践するためには、

マネジメント層の「俺は偉いんだ」という傲慢・勘違いをすてる人間的成長
従業員は大切にされ、仕事を任せてもらうので、責任が付きまとう覚悟

が必要でしょう。

日本の企業、少なくとも大企業は、こうした部分が弱いと感じています。
マネジメント層はピラミッドの上層に位置するという意識を捨てなければならないでしょう。
顧客と接する従業員の力を最大限に発揮できる環境を整えることに責任を負うべきかと。
一方、従業員はプロフェッショナルとしての意識を強めないといけないですね。

このような考え方は、短期的な成果を求められる欧米型組織よりも、長期的な取り組みがし易い日本企業の方が実現できるのではと思います。

従業員の覚悟はさておき、マネジメント層に是非読んで欲しい記事だ、と思いました。



【セミナー】
12月18日(月)経営塾

自分で作る渦

身近なモデルと、神レベルのモデル

関連記事

  1. 顧客の人間関係を掘り下げる #417

    おはようございます。渋屋です。昨日は週末起業大學にて、起業家に必要な法務・会計・税務知識…

  2. 「やりたいこと」なんて探さなくていい(続き) #596

    こんにちは。渋屋です。昨日は、「やりたいこと探し」や「自分探し」は、もう…

  3. 診断士の卵 #330

    おはようございます。duckです。3日前の26日は、今年の中小企業診断士試験の最終合格発表でした。最…

  4. 謙虚さが人を成長させる

    こんばんは、duckです。4月は新組織のスタート。今の会社で12年目を迎えた今年の春も、新たな人との…

  5. 2015年の振り返り(目標はどこまで達成できたか?)

    いよいよ2015年も終わりです。私にとっては独立した年。人生でトップいくつかに入る、大きな変化で…

  6. 理解すること vs できること #451

    おはようございます。渋屋です。昨年の今頃、4月28日~30日に、 私…

  7. 思考のストレッチ #272

    おはようございます。duckです。このところ、ブログの投稿時間が乱れています。はい、早起…

  8. その提案は相手の行動に繋がっているか?

    こんばんは、duckです。実務従事が続いています。実務補習は診断協会が、診断報告書のフォーマットなど…

最近の記事

最近読んだ本

PAGE TOP