menu

ものづくりベースキャンプに参加しました #611

LINEで送る
Pocket

こんばんは。渋屋です。

 

一昨日の話になりますが、鮒谷道場生のJoさんが運営される「ものづくりベースキャンプ」に参加させて頂きました。

初回から気になっていたのですが、タイミングの関係で初参加となったのでした。

 

■「ものづくり」というと製造業のイメージがありますが、

ここでのものづくりは、より広い概念です。

 

「もの」は物理的な「物」だけでなく、「サービス」や「ビジネスモデル」まで含んだ「コト」を示していますし、

「つくる」は「作る」だけでなく、新しいもの・コトを「創る(創造する)」ことを含んでいるからです。

 

私自身のニーズで言えば、広義の意味での「ものづくり」を知りたくて、参加させて頂きました。

新しいサービスや、ビジネスモデルを創るための考え方を身につけたかったからです。

 

■3回目となる「ものづくりベースキャンプ」。

今回は、某大手自動車会社の未来プロジェクトに関わる方を講師に招き、実施されました。

内容は大きく分けて2つ。

 

・自動車業界で一般的になっている「効率化の追求」・「真因(真の問題)の追究」の手法

・既存概念に振り回されず、新しいものを創り出すための考え方

 

この2つが対比的に紹介されたので、非常に分かりやすく、腑に落ちる内容でした。

どちらか一方が紹介されていたとしたら、ここまで分かり易くなかったでしょう。

 

■私自身は、これまでのITインフラエンジニアとしての経験、

そして、現在の仕事経験を通じて、前者の方に考え方が偏りがちになっていました。

 

後者のような考え方も学んだことが無かったわけではないのですが、

上述のように、上手く対比しながら説明してもらったので、

それぞれの手法の得手・不得手が分かりました。

 

今後は後者の手法を使いこなせるようになるために、

出来ることから始めていきたいと思います。

 

■もう1つ、気付いたことがあったのですが、

長くなってきたので、明日に続けたいと思います。

 

■■■3Knot CLUB勉強会■■■

次回、3Knot CLUBの勉強会が決まりました。

テーマはずばり「子供との関わり方!」

子供とどう接するか?は親にとって最大のテーマです。

 

10月19日(土)16:30~18:00(東京近辺)

詳細・お申込はこちらからです。

 

■3Knot CLUBのFacebookページが出来ました!

「いいね!」で最新情報が届きます。

 

■終わりに

昨日・今日とRUN仲間が次々とハーフマラソン完走するのを受けて、

一人で似たような距離を!と断行。

しかし、コースの悪さ(勾配の多さ、足元の悪さ、信号ストップの多さ)が影響して17kmでダウン・・・

フルマラソンを故障なく完走するには、もう少しトレーニングが必要そうです。。

 

今日も素晴らしい1日になりそうです。感謝!!

===
今日の記事が、ほんの少しでも「面白かった」「役に立った」「参考になった」等と感じましたら、1日1回、このボタンをポチっと応援お願いします。

にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
にほんブログ村



【セミナー】
ただ今、募集中のセミナーはありません。

変化が感動を生む #610

ものづくりには遊びが必要だ #612

関連記事

  1. 1ヶ月連続の壁

    こんばんは、duckです。アメブロに引っ越してきて、ブログを再開したのが昨年の10月末。…

  2. ギリギリのライン #584

    おはようございます。渋屋です。昨日は、初の試み。午後から横浜にて…

  3. 加速の1週間 #294

    こんばんは。duckです。ここ3週間、かなりのハードスケジュールでした。考えてみると、出版プロジェク…

  4. 変わるために最も大切な環境づくり

    おはようございます。渋屋です。昨晩、帰宅すると2月5日に販売予定の著書が届いていました。…

  5. 試験後にやりたかったこと

    今日は、試験が終わったらやりたいと思っていたことについてです。実は試験が近づいて、生活が勉強一本に…

  6. 戦友 #651

    おはようございます。渋屋です。■仲間が戦友になった初マラソンを終えて、早…

  7. Connecting the Dots #144

    こんばんは、duckです。仕事の「石の目」に近付いたかと思うと、また濁流の中に戻されて、ひたすらもが…

  8. コンサルタントの価値の出し方 #624

    こんばんは。渋屋です。■今日は3Knot CLUB勉強会「子どもとの関わり方…

最近の記事

最近読んだ本

PAGE TOP