menu

東京商工会議所にて、Webマーケティングのセミナー講師をしました

昨晩は東京商工会議所にてセミナー講師としてお話しをしてきました。
タイトルは『ホームページ・ブログ集客の極意』です。
『極意』というタイトルをいただきましたが、私にお話しできることはいつも通り、小さなことの積み重ねです(笑)

ちなみにこんな大企業の役員会議室みたいな部屋でした。

部屋に入られたときの受講者の方々の反応が、皆さん「おぉ!」って感じで面白かったです(笑)
参加いただいた方への復習も兼ねて、全体を振り返ってみます。

 

ホームページ・ブログのゴールを設定する

まず最初に強調したのが、Webを運営する上でのゴールを設定すること。

  • Webで集客から受注・商品提供・アフターフォローまで通貫して行うのか
  • Webは受注までで、商品・サービスの提供はリアルで行うのか
  • Webは店舗やスクールに案内するところまでなのか

これはビジネス全体の設計に関わることです。
Webというと、ついつい「とにかくもっとアクセスを集めろ」という向きになってしまいますが、それではゴールが見えません。

こういった顧客の流れのなかで、Webが果たすべきはどこなのでしょう。
ビジネス全体の設計、つまりその会社にとっての「勝利の方程式」を確認してもらいました。
売上の視点で見れば、Webによって「客数」「単価」「品数」「購入頻度」のどれを増やしたいのか?とも言い換えられます。

Web上でのゴールを設定するためには、顧客がWeb上でとってもらいたい行動を決定します。

どこから優先して取り組むべきなのか?
受講者の方は思い出して下さい。
手順を間違えると、収益性に大きく差が出ますので。
なお、答えはこのブログのマニアックな読者ならお分かりかもしれません。

 

Webマーケティング:各ツールの果たす役割

それからツール視点でのWebマーケティングの全体像をお伝えしました。
どのフェーズの顧客に対してアプローチするのか?によって、最適なツールが変わります。

とは言え、1つしか選べないとしたらホームページ・ブログなのでしょう。
全範囲を網羅できるからです。
そのため、昨日はホームページ・ブログに集中してお話しをしました。
(サラッと他のツールについてもお伝えしました)

なお、上図においては広告は1つにまとめてしまいました。
本当はディスプレイ広告と検索連動広告で分けて書くべきでしょう。(効果の出るフェーズが異なりますので)

ちなみに、セミナー終了後に受講者の方と会話をしていて、ツールの1つに「スマホアプリ」を加えた方が良いと感じました。
実際、マーケティングにスマホアプリを使う企業は、特にB to Cを中心に増え続けていますので。
(ご質問いただいた方、ありがとうございました)

 

ホームページ・ブログに必要な要素

5つの要素をお伝えしました。
フリーランスなど、人手が足りない場合には、簡略版の3つでも良いです。
その場合は、プロフィール・顧客の声(実績)・商品/サービスの3つを揃えましょう。

商品紹介で、特に目に見えにくいサービスを紹介する場合、大事なポイントをお伝えしました。
サービスの内容と価格を明確にすることです。
特に高額なサービスを売る場合には、価格が曖昧だと、その時点で顧客から怪しまれてしまいます。

 

ネタが尽きない、書き続けるためのコツ

  • ネタをどうやって探してくるのか?
  • 探してきたネタを記事にするときのポイント
    (特に検索で上位を狙うために意識すべきこと)
  • Google Analyticsによる記事の評価
  • 良く読まれている記事の特長と、さらに読まれるためにやりたいこと
  • 日常の業務フローに、○○を収集するプロセスを組み込む

この辺りをお伝えしました。
私の具体的な記事1つを例にしてお話し続けたので、それを思い出していただければ。

 

効果測定の基本

そして最後にGoogle Analyticsを使って、自社のホームページ・ブログの効果測定をするポイントをお伝えしました。
冒頭、Webのゴールを設定しましたので、まずはそのゴール設定をGoogle Analyticsにも行います。
その上で日常的に確認したいところを、いくつかご紹介しました。
直帰率、流入キーワードなど、忘れてしまったらテキストを再確認下さい。

補足ですが、スモールビジネスにおいてはアクセス数(PV)は、あまり気にする必要はありません。
アルファブロガーと呼ばれるような方々は、月間100万PVとかを集めています。
個人でも月間10万PV以上は、結構ゴロゴロいるものです。

その一方で、月間1万PVくらいでも、Webで十分な収益を上げている企業があるのも事実です。
多くのスモールビジネスが目指す姿は、こちらだろうと思います。
ニッチな市場をピンポイントで攻めるのがスモールビジネスですので、収益につながるアクセスがあれば十分なのです。

逆に言えば、この確実性をつくり上げた上で、さらに売上を伸ばすのであれば、数(PV)を集める施策を打てば良いのです。
先に数を追うと、広告やSEOにばかりお金と時間を使うことになってしまいます。

 

Webマーケティングの全体像

最後にWebマーケティングの全体像を振り返りました。

Webの世界はツールの話題が先行することが多々あります。
「これからは動画だ」「いやいやLINEでしょ」のように。
しかしそれは全て、対象顧客が決まった後のことです。
顧客を決めないのにツールが決まることは本来、ありえません。

その上で、日常的には、ネタ探しから記事作成、効果測定、改善というプロセスを繰り返すことになります。
たまに戦略レベル(対象顧客→ツール)を見直せば十分です。

Webマーケティングは一撃必殺の技ではありません。
地道に少しずつ取り組むことで、ジワジワと効果が得られるものです。
ですから、少しずつ取り組むために、経営者皆様の毎日の習慣を変える必要があります。

東商さんにて、このテーマでお話しするのも5回目。
今回は実践編ということで、より具体的なお話しをさせていただきました。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【編集後記】
この2週間ほど、思ったようにトレーニングできていません。
そろそろちゃんとトレーニングしないと、23日の大田原マラソンが・・
休息が必要なので、今週くらいまでしかガチなトレーニングができません。。

今日も素晴らしい1日になります。感謝!!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【Facebookページはこちら
「いいね!」すると、ブログ更新のお知らせを受け取れます。
たまに気になるニュースなども通知しています。

ブログ村ランキングに参加しています!
応援のクリックをしていただけると、嬉しいです。
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
にほんブログ村

「ネットワークにつながらない」こんなときに確認する手順とは

読みやすいビジネス書ばかり読んでたら、ビジネス力は上がらない

関連記事

  1. あなたのお客様とは、誰のこと?顧客を定義する視点

    ビジネスをする上で、「お客様を定義すること」は生命線です。適当な顧客定義で、中長期にうまくいって…

  2. あなたの顧客はどこにいるのか?

    昨日のセミナーでお話ししたことの中で、最もお伝えしたかったこと。■「顧客は誰か?」…

  3. 売り方以前の商品・サービスづくり

    今日は中小企業診断士2次筆記試験の結果発表でした。6年前の今頃、勤めていたオフィスでガッツポーズ…

  4. 感動しました!ドラッカー読書勉強会レポート

    昨日は、中小企業診断士(受験生含む)限定のドラッカー読書勉強会でした。実際には、経営者と将来の経…

  5. 第7回「ITでスモールビジネスを元気にする会」は要件定義

    昨日は第7回となる「ITでスモールビジネスを元気にする会」を行いました。2人…

  6. デジタルに傾倒しすぎるリスク(アナログの重要性を忘れてはいけない…

    デジタル、つまりITへの取り組みが、企業の明暗を分けています。ホームページを放置している会社…

  7. 早朝から大事なことを定期的に考える「朝喝」

    この3週間ほど、週に1度、早朝から勉強会を実施していました。その名は「朝喝」。&nbsp…

  8. 第2回「ITでスモールビジネスを元気にする会」を行いました

    「ITでスモールビジネスを元気にする会(未だに仮称)」を開催しました。昨年12月20日に行った第…

最近の記事

PAGE TOP