menu

社長が社員のやる気を削ぎ落としてしまう組織運営とは

ここ2回ほど、社長と社員のコミュニケーションについて触れてきました。

この2つのパターンは、社長が自分自身に自信を持てないときに、良く見るケースです。
自信のなさを、自分ではなく会社に押し付けたり(1つ目)、
あるいは自信がないので、職位で無理やり人の上に立とうとする(2つ目)のです。

こんなことばかり書いていると嫌われるので(汗)、
あと1つくらいで止めておこうと思います。
今回は逆に自分には自信があって、自らグイグイ進む優秀な社長に良く見るパターンです。

<スポンサードリンク>



社員を「実行の駒」としか扱えない

優秀な社長は、自らのビジョンを描き、その達成に向かって次々と手を打ちます。
営業力も高いので、どんどん売ってくることもできます。

しかし、個の力(時間)にはやはり限界があります。
まずは社長自らがやらなくても良い雑務から、社員を雇って任せるようになります。
最初は良いのですが、次に営業を雇い、開発者を雇い、デザイナーを雇い、と人が増えても、
「任せ方が変わらない」のが、このタイプの社長の特徴です。

社員に考えてもらうというよりも、社長が考えたことを「実行する駒」の役割なのです。
自分自身が優秀なので、常に手綱を握っておきたいのでしょう。
しかしながら、このような仕事の任せ方で、社員のモチベーションが上がるわけがありません。

自分が考えたことを否定され、とにかく社長が考えた通りにやれ、と。
もちろん、社長が考えたことが常に上手くいくわけではありませんが、
そこは優秀な社長ですから、引き際も早く、打ち手を頻繁に変更します。
そうすると、「言われた通りにやれ」の内容がコロコロと変わることになります。

これは社員にとってはストレスでしょう。
自ら考えることを否定され、社長の指示に従うも、その内容が頻繁に変わるのですから。
今日・明日の仕事の予定が立てられない、というのは多くの一般人にとっては働きにくい環境なのではないでしょうか。

 

考える社員を育てるのは社長の仕事

このような会社にも、「自分で考えてアイデアを出し、事業に貢献したい」と考えている社員はいます。
以前、そのような方を発見し、もっと自分のアイデアを社長にぶつけたみたら?と提案したことがあります。
しかし、キッパリと断られてしまいました。

「社長は自分でビジョンとか、やることを全部決めちゃってますから」

だから自分の意見など、役に立たないというのです。
この社員のお話を聴いて、とても残念に感じました。

自分は社長の駒でしかない、と感じている社員が希望を持って働けるでしょうか。
本当に社長のアイデアだけで突き進むことが、組織にとっての最善なのでしょうか。

マーケットは多様化しています。
1人でも多くの視点を取り入れた方が、組織は成長するように感じます。
(もちろん、人が多くなると検討コストが増すので、そのバランスは大事です)

私は、自ら考え、アイデアを出す社員は、社長が育てるものだと思っています。
何もアイデア発想法などのトレーニングをしろ、という話ではないのです。
社長と社員、お互いが本当に忌憚なく意見を言える関係作りが大事だと伝えたいのです。

そのためには社長が社員の意見を聴き、受け入れること。
その意見を採用するかどうかは別の問題ですが、まずはしっかりと受け入れて感謝することが、
社員の成長、そして組織の成長につながるのでは、と感じています。

<スポンサードリンク>



共通しているのは社員との関係が「縦の関係」になっていること

3つほど事例を見てきましたが、全てに共通しているのは、
社長と社員との関係が「縦の関係」になってしまっていることです。

上下関係のあるところには、良いコミュニケーションは生まれません。
下から上に本音を言うことは出来ないでしょうし、
意外なことに、上から下にも本音をさらけ出すことが出来ないのです。
(上に立つ者として、格好いいことしか言えなくなるからです。)

私が思う最善は、「横の関係」を築くことです。
どちらが上でも下でもない。
新入社員も下ではない。

あくまでも、役割の違いである。
相手の果たしている役割に感謝し、信頼・尊敬する。

こんなことを書くと綺麗事だと言われるかもしれませんが、
社長がこの姿勢を取らずして、社員からはこの姿勢を取れません。
まずは社長が率先して、社員に感謝し、信頼を寄せることから、
本当のコミュニケーションが始まるのだと思います。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【編集後記】
今日はスケジュールの勘違いで、午前中の予定がガッポリと空いてしまいました。
明日の予定を今日にも登録してしまっていたのです。。
そんなわけで、やりたいと思っていたのにできていなかったことを進めます。

今日も素晴らしい1日になります。感謝!!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【Facebookページはこちら
「いいね!」すると、ブログ更新のお知らせを受け取れます。
たまに気になるニュースなども通知しています。

ブログ村ランキングに参加しています!
応援のクリックをしていただけると、嬉しいです。
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
にほんブログ村

社員より上に立ちたがる社長、そのコミュニケーションに問題があります

先に価値を届けまくる

関連記事

  1. ハードよりソフトを優先してみたら

    こんばんは、渋屋です。引き続き夏休み中です。今日は徳島県の大歩危を中心に様々な場所を見てきま…

  2. 自己探求と社会への貢献を両立させる

    この春ころから、自己探求について学びながら、私自身、自己探求を続けています。おかげでビジネスに限…

  3. 強みと、やりたいことと、ニーズのバランス

    自分の「強み」は何だろう?そうやって彷徨っている人は多いと思います。私自身、独立前よりは明確…

  4. 中小企業への助言と、私の仕事の共通点 #261

    こんにちは。duckです。今朝は近所にて月例で行われているマラソンに家族で参加してきました。息子と妻…

  5. 飛び抜けたスキルに絞り込んで集中育成

    独立してから思うのは、自分が思いも寄らなかった様々な仕事の依頼をいただくことです。「あ、そこに需…

  6. 顧客情報活用のまとめ #437

    おはようございます。渋屋です。3月25日のブログ以降、顧客情報活用の記事を多く載せてきました。…

  7. 空いているリソースを使ってみたら・・・

    こんにちは、渋屋です。息子が3月まで通っていた保育園の目の前に駐車場があ…

  8. IT業界で洗練・蓄積されてきたノウハウは、もっと他業界に売れる

    IT業界は、その中にずっと居ると気づきにくいのですが、良いノウハウが多々あります。業界としての歴…

最近の記事

PAGE TOP