menu

仕事をシンプルにしよう、複雑な仕事は疲弊する

前々回、前回に引き続き、「残業のない職場を生みだすためのワークショップ」で感じたことを書きます。

 

制度面からのアプローチは限界

日本は労働時間が長いとか、ホワイトカラーの労働生産性が低いとか言われて、ずいぶんと時間が経ちました。
つまり、この間、問題は解決されずに放置されてきたということです。

私が長年見てきた大企業に関して言えば、実質的残業は減っておらず、
土日や深夜の(会社は知らないことになっている)サービス残業が増えているのではないか、と思います。

各社とも、残業時間の上限を定めたり、フレックスタイム制を導入したり、特に制度面からのアプローチをしていますが、劇的な改善にはつながっていない、と私は感じています。
制度面からのアプローチというのは、人事部主導の改善ということです。
それには限界があり、大企業になれば、各組織の枝葉末節まで改善意識が浸透しなければ、改善できないのでしょう。

 

誰もが知っておきたい「ECRSの原則」

各組織の枝葉末節まで浸透させるためには、各組織のマネージャーが自分事の問題として、取り組む(考えるだけでなく行動する)ことが必要です。
そのとき役立つのが、生産管理に携わる人であれば知っていることですが、ECRSの原則です。

生産現場で効率を最大化するために、業務(生産)プロセスを改善するための考え方です。
この順序で取り組むことによって、生産性を最大化することが出来るようになります。

  • Eliminate:その業務を無くせないか?
  • Combine:業務をまとめて一緒にして、時間を短縮できないか?
  • Rearrange:業務の順序を入れ替えることで、効率的にならないか?
  • Simplify:もっと省略したやり方で、同じ結果を生み出せないか?

前回までで書いてきたように業務を細分化した上で、それぞれの業務が本当に必要なのか?考えてみましょう。

 

残業が減らない最大の原因

私は、日本で残業が減らない最大の原因は、仕事が複雑すぎることだと思っています。
より具体的に言えば、ゴールが不明確であるということ。

だから過去2回に渡って、ゴールを明確にすることを書いたのです。

本当のゴールを明確にしつつ、そのゴールにたどり着くまでのプロセスに、
上記のECRSの原則を適用する。
これでほとんどの業務は無駄だらけであることが分かるでしょう。

例えば、上司に説明するための資料作成。
私が会社員時代に最も嫌いだった仕事です。

口頭で説明して、録音しておけば?
ホワイトボードに書いたものを写真に取れば十分じゃないですか?
PowerPointやWordを立ち上げるだけ時間の無駄になっていませんか?

ミーティングを行う前に、上司への事前ネゴが必要だという話もワークショップでは出ました。
さらには、上司の上司へのネゴ、関連部署へのネゴなどなど。。
こういうのも、会社員時代には嫌いな業務でした。

もっと顧客の方を向いて仕事をしませんか?
社内政治がどうのこうの、人事(異動)がどうのこうの、もう止めませんか?
顧客と真摯に向き合い、結果にフォーカスした仕事をすれば、今いう「仕事」の半分は「なくて良かった」という結論になるかもしれません。

かつては私も週(月じゃないですよ)に90時間とか残業したことがあります。
良い経験をしたと思っていますが、もうやりたくないですし、やっても成果はでません。
もっと健全に仕事をして、日本企業の生産性が圧倒的に改善することを願っています。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【編集後記】
今朝は、品川のインターコンチネンタル「THE DINING ROOM」にて
早朝からミーティング。
新しい活動を、いい雰囲気で始めることができそうです。

今日も素晴らしい1日になります。感謝!!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【Facebookページはこちら
「いいね!」すると、ブログ更新のお知らせを受け取れます。
たまに気になるニュースなども通知しています。

ブログ村ランキングに参加しています!
応援のクリックをしていただけると、嬉しいです。
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
にほんブログ村

仕事を細分化してゴールを共有、「残業のない職場を生みだすためのワークショップ」より

一流企業の人ほど独立・起業に踏み切れない理由

関連記事

  1. ポジティブシンキングに潜むリスク

    どんな出来事ができても、それをポジティブに捉えて前に進んでいくポジティブシンキング。これによって…

  2. 経営は結局、「人」に行き着く

    様々な会社を支援してきて、経営は結局、人だなぁ〜と思います。業績を追うほど、…

  3. 人間関係を改善するための2つのアプローチ

    「人」に関わる悩みは、あらゆるところに存在します。「あの上司がいるだけで胃が痛くなる」というよう…

  4. フレームワークを使う前に気をつけるべきこと

    こんばんは、渋屋です。怒涛の仕事ラッシュです!フレームワークによる分析が…

  5. IoTで実現する大企業とベンチャーのコラボ

    こんにちは、渋屋です。ようやく体調が回復してきました。薬は飲まなくて良さ…

  6. 口うるさいNo.2の意見に耳を傾けられるか?

    創業社長には、攻めを得意とする人が多いと感じます。自分で事業を立ち上げるくらいですから、当然のよ…

  7. お客様にここまで気遣いできるのか!『常連さんが増える会話のコツ』…

    こんにちは、渋屋です。銭湯を経営し、日々、番台に立たれている友人が本を出しました。どんな内容…

  8. 社員に認められる社長になるための、最もシンプルな方法

    「社長」として社員に認められるかどうかは、社長個人のプライドに関わる問題なだけでなく、会社組織の士気…

最近の記事

最近読んだ本

PAGE TOP