menu

中小企業がITを導入できない理由。コストは主原因ではない。

中小企業がITを活用しやすい環境が、整ってきています。
こちらの記事で、規模の小さい企業の方が有利になってきていることを書きました。

にも関わらず、ITの活用は大企業ほど進んでおり、企業規模が小さくなるほど、遅れているのが実態です。

 

IT導入の効果が分からない

こちらの図は、少し古いですが、2013年版の中小企業白書から抜粋しています。

IT導入

これを見ると、ITの導入が進まない1番の理由は、「導入の効果が分からない、評価できない」ことだと示されています。
コストだけかと思いきや、決してそんなことはないのです。

さらに「ITを導入できる人材がいない」、「従業員がITを使いこなせない」、「適切なアドバイザー等がいない」と、
ITの企画・導入・運用という全てのフェーズにおいて、人材の問題があることがうかがえます。

 

導入効果を示せない業者

1番の理由、「導入の効果が分からない、評価できない」について、もう少し考えてみます。
これは、つい先日まで、IT導入をお客様に進める会社に居た身分としては、
非常に痛い話です。

ITベンダーは自分たちが提案するシステムの技術的な特徴は、必ず説明することができます。
しかし、経営層になればなるほど、欲しい情報は技術的なものではありません。

  • 自社の課題がどのように解決されるのか?
  • どの位のコストが掛かるのか?
  • つまり、投資対効果はどのなるのか?

このような情報が欲しいのではないでしょうか。
「導入の効果が分からない、評価できない」が1番になっている現状を見ると、
このような情報提供を、業者ができていないことが推測されます。

もちろん、業者側が示せていないだけでなく、企業側でもその情報を咀嚼する人が必要ですが、
そのような人材が育っていないことも予想されます。

 

IT人材の育成が急務

企業側では、IT人材の育成が急務です。
過去にも、IT人材の育成について、記事にしています。




中小企業においても、IT人材を育成しやすい環境が整ってきています。

また、手前味噌ではありますが、 共著の本をご紹介します。
販売から2ヶ月を経過していますが、Amazonの情報社会分野で、3位以内をキープしています。


ITの専門家でない、一般のビジネスパーソンが読みやすいように工夫していますので、
一度、ご覧になっていただければと思います。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【編集後記】
今日は毎月恒例の「よこはま月例マラソン」に参加です。
楽しんできます!

今日も素晴らしい1日になります。感謝!!

クライアント企業から、どんな肩書きを与えてもらいますか?

気軽に参加できる「よこはま月例マラソン」でランニングの習慣を

関連記事

  1. Twitterに再び惹かれています

    私がTwitterを始めたのは、2010年3月。その後、2011年5月にFacebookを始め、…

  2. この技術は、どう使ったら面白いことになるのか?

    おはようございます。渋屋です。昨日のブログは、過去数ヶ月の中で、圧倒的なアクセスがありました。…

  3. 事業戦略を考えるときの3つのステップ

    先日、ある会社から相談があり、事業戦略を拝見しました。きっと色んなことを調べて、考えた結果なんだ…

  4. セキュリティに意識を向けるとエンジニアとしてレベルアップする

    久しぶりのITエンジニア関係の記事です。私は新卒入社後、サーバやネットワークなどのITインフ…

  5. 開発スピードが10倍・100倍加速している事実

    こんばんは。渋屋です。つい先日、ある企業向けのアプリケーションを見せてい…

  6. 一般ビジネスパーソンこそ「IT脳」を身につけよう

    ITがどんどん、ビジネスのあらゆる分野、そして私たちの日常生活に入り込んできています。何ができる…

  7. マイクロソフトにおけるWindowsの位置付け

    こんにちは、渋屋です。今日はマイクロソフトにおけるWindowsの位置付…

  8. イノベーションを生み出す仕組み #650

    おはようございます。渋屋です。昨日は一緒に湘南国際マラソンを走った仲間達で、振り返りと今後のアク…

最近の記事

最近読んだ本

PAGE TOP