menu

日経コンピュータと日経SYSTEMSの違い

ITに強くなるために、雑誌や書籍を探している人は多いでしょう。
特に日経BP社から出ている雑誌は歴史もあり、良質なものが多いです。
ただ、あまりに数が多くて、どれを読めば良いのか?悩んでしまいます。

この記事では、日経BP社の『日経コンピュータ』と『日経SYSTEMS』の比較を中心に、その違いをご紹介します。

<スポンサードリンク>

『日経コンピュータ』はビジネス寄り、『日経SYSTEMS』はIT業界寄り

もうこのタイトルで結論を説明し切っています。
日経コンピュータ』は、ビジネスをコンピュータ(IT)視点から見ている雑誌です。
日経SYSTEMS』は、IT業界の人向けの雑誌と言えます。

日経BP社は『日経ビジネス』も発行しています。
広くビジネスリーダー達に向けて、IT以外のことも含めて、ビジネスが語られているのは、本誌です。

この3誌をザックリと比較してみましょう。

左から右に行くほど、対象者が減り、専門性が高くなっていくイメージです。
そのため発行頻度も、毎週→隔週→毎月と減っていきますし、1冊当たりの価格も高くなっていきます。

なお、さらにITの各分野に専門紙があります。

  • 日経ソフトウェア
  • 日経Linux
  • 日経NETWORK

などです。
ここまでくると、完全にエンジニア向けですね。

余談ですが、私は日経NETWORKを創刊号から何年か購読し(ネットワークエンジニア時代)、
もう少し視野を広げようと、日経SYSTEMSに切り替え(ITインフラエンジニア、プロジェクトマネージャ時代)、
さらに視野を広げようと、今は日経コンピュータを読んでいます(マーケティング時代から現在まで)。

<スポンサードリンク>

『日経ビジネス』『日経コンピュータ』『日経SYSTEMS』の目次

違いを感じるために、比較的に近い号の各誌の目次(特集を中心に)を見てみましょう。

日経ビジネス 2019年1月7日号

特集 会社とは何か 組織と働き方の未来
・50周年記念特集 会社とは何か 組織と働き方の未来(024p)
・神なき世界(026p)
・会社の壁を崩せ ロート製薬(030p)
・会社の壁を崩せ アソブロック 「オレたち副業集団! 」 (034p)
・信頼の生態系 Knot(腕時計メーカー)、ローイング ・ ブレザーズ(衣料) (038p)
・“働かない”時代(044p)
・大企業の未来(050p)
・大企業の未来 JR西日本 脱線事故、知られざる転換(052p)
・大企業の未来 3M 100年企業が示す 「オーガニックな成長」 (054p)
・フラット&オープン(058p)

日経コンピュータ 2018年12月20日号

特集1 物流テック
・物流テック AI時代の 「兵站」 最前線(024p)
・ユニクロ ・ ニトリ 勝ち組は倉庫が凄い(026p)
・物流改革、待ったなし もう専業に頼れない(030p)
・AIで打倒アマゾン EC ・ 商社 ・ ガスの野望(032p)
・量子 ・ 5G ・ 画像認識 現場を変える新技術(038p)

特集2 AI人材の実態
・1700人調査で見えたIT人材との断絶、残念なIT部門(040p)

日経SYSTEMS 2019年1月号

特集1 達人プロマネに学ぶトラブルの火消し術
・達人プロマネに学ぶトラブルの火消し術(022p)
・プロジェクトの火種が増える 安易なアジャイルは禁物 現行踏襲にも落とし穴(024p)
・求められる火消しのワザ 先入観を持たずに現状把握 立て直しの合意形成を図る(026p)
・炎上は未然に防げる 頼みの綱はドキュメント リスク嗅ぎ取り先手を打つ(029p)

特集2 さよならメタボ 無駄な機能の削り方
・さよならメタボ 無駄な機能の削り方(032p)

まずは目次を見てみて、興味が持てるかどうかを確認しましょう。
各誌とも基本的に年間購読なので、ちゃんと選ばないと無駄が生じてしまいます。

 

『日経コンピュータ』と『日経SYSTEMS』の選び方

ビジネス全般を学ぶ人は『日経ビジネス』なので、ここは迷わないでしょう。
このブログでの検索流入では「日経コンピュータ 日経SYSTEMS 違い」がありますので、
実際に迷っているのは、この2つの違いです。

IT全般を学び、ビジネスにどう活かすのかを深めるなら『日経コンピュータ』。
ちなみに技術面はほとんど出てきません。
たまにアーキテクチャレベルの絵が出てくる程度です。

  • 身に着く技術力は「IT系の単語」がしっかり分かる
  • ITを中心にビジネスの変化・トレンドが分かる

一方、『日経SYSTEMS』は技術解説も出てきます。
より技術を深めたい人は、こちらを選ぶと良いでしょう。

なお、物理的な雑誌を購読せず、必要なときに必要な記事を読む方法もあります。
日経xTECH(クロステック)』を購読すれば、ネットで記事が読めます(上限あり)。
年間28,800円です。

以下、関連記事です。
雑誌に限らず、私がITに強くなるための情報源を紹介しています。

私が活用しているITの情報源(Web、雑誌、その他)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Facebookページ:こちら
Twitter:@giraffe_duck

ブログ村ランキングに参加しています!
応援のクリックをしていただけると、嬉しいです。
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
にほんブログ村

独立・起業の最大の敵をなんとかする(仕事・上司・家族 etc)

学習効果を最大化するために私が行っている3つのこと

関連記事

  1. 経営情報システムを経営支援者の実態に合わせるには?

    以前、中小企業診断士1次試験の「経営情報システム」をコンセプトから見直すべきだ、と提言させていただき…

  2. 「素人」が「プロ」を逆転しつつあるIT業界

    『【図解】コレ1枚でわかる最新ITトレンド』が店頭に並んでから、2週間ちょっと経ちました。…

  3. クラウドがもたらすもの #388

    こんにちは。渋屋です。昨晩は、初めての試みとなる「起業ワークショップ」を行いました。東京近辺だけでな…

  4. 神奈川・横浜でIT企業支援の仲間を集めます

    経営支援の対象をIT関連企業に特化させてから数ヶ月。幅広く様々な業界を支援していたときに比べて、…

  5. 第5回「ITでスモールビジネスを元気にする会」はツールの情報交換…

    昨日、第5回となる「ITでスモールビジネスを元気にする会」を行いました。テーマは、参加者の皆さん…

  6. 生き方にパラダイムシフトを起こす1冊

    こんにちは、渋屋です。3月にフィリピンに行き、驚きを覚えてから、早1ヶ月…

  7. freeeの新しいプロダクト構想が面白い

    クラウド会計ソフトを提供するfreeeが新たなプロダクト構想を発表したことが記事になっていました。…

  8. こんな理由で崩れるSIビジネス #679

    おはようございます。渋屋です。昨日の記事(店員を見下す人に明日は無い #…

最近の記事

PAGE TOP