menu

「コードを書かないプログラマー」を目指します

突然ですが、プログラミングに挑戦しようかと思います。

私が最初にプログラミングに苦手意識を持ったのは、大学1年生のとき。
半角と全角を間違えて入力するだけでエラーを出す。
そういう細かな作業が苦手な私。(性格、細かく見られがちですが、ざっくりなんです)

「単位が取れれば良いや・・」と課題は友人に丸投げ。
それ以来、IT業界にエンジニアとして入ってからも、何度かチャレンジしつつ、
必要に迫られる仕事もなかったので、毎回、挫折してきました。

そんな20年以上の、もはや身体の一部にすらなっている苦手意識がありつつ、
もう1回、プログラミングに手を出してみようと思います。

普段は何かに取り組んだ結果を本ブログではご紹介していますが、
今回は自らを衆人環視の環境に置くために、敢えて取り組む前に宣言してみます(笑)

<スポンサードリンク>



私が今更プログラミングを学ぶ理由

ITエンジニアを離れて、既に10年近く経っている私が、なぜプログラミングを学ぶのでしょうか?
プログラミングの学習が必修になるとかもありますが、本筋ではありません。

理由は、これからあらゆるビジネスがデジタル化していくからです。
小売店のビジネスは、Amazonの登場で一気にデジタル化が進みました。
日本ではまだまだですが、アメリカのタクシー業界はUberの登場で破壊されました。

同じようなことが、あらゆる業界で起きていきます。
大企業のみならず、スモールビジネスにおいても、次々とデジタル化が進みます。
むしろ、先にデジタル化をしたものが生き残り、そうでない企業は滅んでいくでしょう。

経済産業省は今年の9月、「DXレポート」を発表しました。
このレポートでは、なかなかデジタル・トランスフォーメーション(DX)できない現状を危惧したものになっています。

私が日頃支援しているスモールビジネスでは、DXという言葉すら、滅多に出てこないのが現状です。
ただ、人手が不足していたり、面倒な業務で疲弊していたり、ITの必要性は多くの企業が感じています。

これから大切になるのは、ITの専門家だけでなく、
事業を営む人が、事業とITを融合させていくことです。
つまりプログラミングを本業としないノンプログラマーが、
より多く求められているのではないでしょうか。

※ノンプログラマーの定義は、こちらのブログが分かりやすかったです。

そんな世の中で、経営支援をする私が、全くプログラミングの知識・経験がないのは厳しい。
専門家と経営・現場をつなぐためにも、今こそ経験しておくべきだと考えたのです。

ITに疎い中小企業診断士には、厳しい世の中になります

 

私が目指す「ノンプログラマー像」

さて、ゼロからプログラミングを学び始める私ですが、
「コードを書かないプログラマー」を目指そうと思っています。

「痛くない頭痛」、「走らないランニング」くらいに??な感じですが、
矛盾していないので安心して下さい。

上述の通り、私の目的はビジネスのデジタル化の流れに乗ることです。
事業とITを融合させて、新しいビジネスをつくる応援をしていきます。
ですから、プログラミング(コードを書くこと)は目的ではありません。

既に世の中に存在する良いソフトウェアがあれば、それを使います。
そして、できる限り標準機能を使います。

CRMの導入支援をしていても思いますが、
「うちの業界・会社は特別だから」
みたいな理由で独自のレコードを追加するような組織ほど、活用段階で失敗します。
Excelの標準機能でできることを、わざわざVBAでやることに意味はありません。

コードは書けば書くほど、メンテナンス対象が増えていくことになりますから、
少ないほど良いのです。

ですから私は、できる限り世の中の便利なツール(ソフトウェア)を知り、
それらを活用することを前提にしたいと思います。
ここまでは、今までのポリシーとなんら変わりません。

ただ、便利なツール同士を組み合わせて使いたいことがあります。
Aというツールの状態が変わったら、Bというアクションを起こす、というように。

そんなときは、IFTTTやZapierのようなFlow系のツールや、RPAの利用を考えます。
それでも対応できなそうなときに、初めてコードを書くつもりです。

 

で、何を学ぶのか?言語は?目的は?

プログラミングと一言で言っても、様々な言語があります。
何をするために、どんな言語を学ぶのか?ですが、何も決まっていません(笑)

最終的に自分で何かをつくれるようになるのか?
それともプログラミング的な思考法、概念だけを身に着けて終わるのか?
それも決まっていません。

「面白そうだから、やってみよう」だけです。

過去、何度か挫折していますが、開発環境も大きく変わっているはずです。
テクノロジーの進化を楽しみ、新しい経験を楽しみたいと思います。

AIを使ってみたいと思うかもしれませんし、
自分で簡易的なWebサービスやスマホアプリをつくりたくなるかもしれません。

既に学ぶための環境(学ぶ場所)は決めつつあります。
あるグループにも入りました。
(挫折して迷惑かけるといけないので、まだ極秘に・・笑)
本も買いました。

繰り返しですが、失敗を恐れず、まずは手を出してみようと思います。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Facebookページ:こちら
Twitter:@giraffe_duck

ブログ村ランキングに参加しています!
応援のクリックをしていただけると、嬉しいです。
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
にほんブログ村

ブログ・メルマガで情報発信を2,500日続けた成果と、気付いたこと

あなたの商品・サービスの価値を、正しく伝える3つの方法

関連記事

  1. IoT・AI以前に中小企業が取り組むべきデータ活用

    IoT・AI・VR・ブロックチェーン・ロボティクス・・etc次々と新しい技術が生まれ、これら…

  2. Twitterに再び惹かれています

    私がTwitterを始めたのは、2010年3月。その後、2011年5月にFacebookを始め、…

  3. 経営戦略は、アナログか?デジタルか?ではなく、どっちも

    「ついに!」というか、「もう来たか!」というべきか。以前より推測されていたことではありましたが、…

  4. Facebook投稿の範囲を自作する方法

    こんばんは。渋屋です。昨日に引き続き、Facebookネタです。…

  5. 中小企業がITを導入できない理由。コストは主原因ではない。

    中小企業がITを活用しやすい環境が、整ってきています。こちらの記事で、規模の小さい企業の方が有利…

  6. 【注意】Facebookで個人情報、ダダ漏れじゃありませんか?

    ここ数日、Facebookを見ていて、気になることがありました。個人情報を抜かれるアプリケーショ…

  7. ITを知るための学び方

    昨日はメルマガでもブログでも、ITを学ぶ重要性をお伝えしました。ビジネスのデジタル化から…

  8. マイクロソフトにおけるWindowsの位置付け

    こんにちは、渋屋です。今日はマイクロソフトにおけるWindowsの位置付…

最近の記事

PAGE TOP