menu

会社支給のパソコンなんて止めてしまえ(BYODを推進しましょう)

会社全体のITスキルを上げるなら、「会社支給のパソコン」を止めれば良いと考えています。

 

パソコン選びから自分事にして、主体性を持つ

会社の経営者・従業員のITスキルが上がらない理由の1つは、
「ITは自分の仕事ではない」と考えているからです。

パソコン選びをシステム担当者の仕事にして、自分たちは支給されたパソコンを使うだけ。
思った通りに動かなかったり、操作に困ったときはシステム担当者を呼びつける。
(単に自分の操作が間違っていたり、知らないだけのときでさえ・・)
そうやってITを「他人事」だと思っているから、いつまで経っても、組織全体のITスキルが上がらないのです。

現代において、パソコンは仕事をする上での、最重要ツールの1つ。
野球選手がバットやグローブを自分でメンテナンスするように、
料理人が包丁の手入れをするように、
私たちも、自分で使うパソコンは、自分で選び、自分でメンテナンスした方が良いでしょう。
いわゆるBYOD(Bring Your Own Device)です。

自分で選び、仕事で使えるようにセットアップしたパソコンには、愛着がわきます。
今までよりも大事に使うでしょうし、困ったことがあっても、まずは自分で調べるでしょう。
そうやってパソコンが「自分事」になることで、自ずとスキルは上がっていきます。

 

疑問が生まれるからスキルが上がる

「自分のパソコンを仕事に使う」ことに関して、様々な疑問が浮かぶでしょう。

  • 私用にも使って良いのか?それとも仕事以外の利用を禁止するのか?
  • ウイルス対策ソフトがインストールされていることを、どうやって確認すれば良いのか?
  • プリンターの設定とかも利用者がやるのか?
  • ファイル(データ)はどこに置けば良いのか?バックアップはどうするのか?
  • パソコンが壊れたときの修理費用は、会社?従業員?どっちが負担するの?

などなど。
利用者側は、自分で選んだパソコンに愛着を持ちつつあるので、「こうしたい」という意見を言うようになります。
経営者・システム担当者は、セキュリティの問題が起きたりしないように、
メーカーやOS(Windows、Macなど)がバラバラになったパソコンを、どう管理するのか?を悩むことになります。

自分自身のパソコンを選んで利用することによって、逆に悩むことがでてきます。
この問題を解決するために頭を使うので、今まで以上に組織としてのITスキルが上がるのです。

 

システム担当者の負荷が減り、本業に集中できる

会社からは、パソコンを購入・維持するためのお金だけ支給します。
さすがにお金も出さずに「パソコン持ってこい」というのは、事実上の賃下げですから、
経営者のモラルが問われます。

パソコンは個々人が選んでいますから、その操作方法などの問い合わせは受けず、各自で問題解決してもらいます。
会社が提供するシステム(例:Web勤怠管理システム)に関する質問だけ、受け付けるようにします。
こうすることによって、一般的な操作方法などの問い合わせが減ります。
ただでさえリソース不足の中小企業にとって、これはありがたい話です。

さらに、従業員それぞれが自分自身のパソコンを選んで使うと、困ったことをお互いに助け合うようになります。
「私のパソコンでは、こうやったらできるようになったよ」
「そういうときは、このソフトを使えば便利ですよ」
というように。

従業員同士が教え合うようになることで、ITスキルが上がります。
コミュニケーションも促進されて、本来業務の質問もしやすくなります。

実際にBYODを導入するのは、なかなか大変ではあるのですが、
それを乗り越えるだけのメリットがある、と私は感じています。

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【編集後記】
怪我していた足がだいぶ治ってきました。
週末に、久しぶりに長い時間のトレーニングをしてみるか、画策中です。

今日も素晴らしい1日になります。感謝!!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【Facebookページはこちら
「いいね!」すると、ブログ更新のお知らせを受け取れます。
たまに気になるニュースなども通知しています。

ブログ村ランキングに参加しています!
応援のクリックをしていただけると、嬉しいです。
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
にほんブログ村

第3回「ITでスモールビジネスを元気にする会」を行いました

士業が情報発信しないことは、デメリットだらけ

関連記事

  1. IPアドレスとは何か?

    おはようございます。渋屋です。個人で独立・起業するときに悩みがちなのが、「IT用語」。苦…

  2. システムを3つに分けて理解する(ITインフラ、ミドルウェア・プラ…

    中小企業の支援をする上で必要な「情報システム」の知識をまとめるシリーズ。 中小企業診断士試…

  3. IoTで実現する大企業とベンチャーのコラボ

    こんにちは、渋屋です。ようやく体調が回復してきました。薬は飲まなくて良さ…

  4. ホームページと店舗が、うまい連携をした事例

    昨日は、商圏が狭いのに、ホームページを使った集客をしようとして、お店の目の前を歩く見込客を逃して…

  5. マネジメントの根本問題を無視したシステム開発

    今日は経営に携わる方、ITに携わる方、全員に読んで頂きたい本のご紹介です。ド…

  6. iPhone5 に変えました #324

    おはようございます。duckです。久しぶりに朝、投稿出来ます。徐々に生活リズムが戻ってきました。■出…

  7. IT格差の拡大は、次の局面へ

    このところ、SORACOMのニュースが増えていますが、今回も。SORACOMの活躍によって、企業…

  8. 防御技術の登場に期待

    こんばんは、渋屋です。昨日の記事(テクノロジーの前に求められる倫理)では…

最近の記事

最近読んだ本

PAGE TOP