menu

会社支給のパソコンなんて止めてしまえ(BYODを推進しましょう)

会社全体のITスキルを上げるなら、「会社支給のパソコン」を止めれば良いと考えています。

 

パソコン選びから自分事にして、主体性を持つ

会社の経営者・従業員のITスキルが上がらない理由の1つは、
「ITは自分の仕事ではない」と考えているからです。

パソコン選びをシステム担当者の仕事にして、自分たちは支給されたパソコンを使うだけ。
思った通りに動かなかったり、操作に困ったときはシステム担当者を呼びつける。
(単に自分の操作が間違っていたり、知らないだけのときでさえ・・)
そうやってITを「他人事」だと思っているから、いつまで経っても、組織全体のITスキルが上がらないのです。

現代において、パソコンは仕事をする上での、最重要ツールの1つ。
野球選手がバットやグローブを自分でメンテナンスするように、
料理人が包丁の手入れをするように、
私たちも、自分で使うパソコンは、自分で選び、自分でメンテナンスした方が良いでしょう。
いわゆるBYOD(Bring Your Own Device)です。

自分で選び、仕事で使えるようにセットアップしたパソコンには、愛着がわきます。
今までよりも大事に使うでしょうし、困ったことがあっても、まずは自分で調べるでしょう。
そうやってパソコンが「自分事」になることで、自ずとスキルは上がっていきます。

 

疑問が生まれるからスキルが上がる

「自分のパソコンを仕事に使う」ことに関して、様々な疑問が浮かぶでしょう。

  • 私用にも使って良いのか?それとも仕事以外の利用を禁止するのか?
  • ウイルス対策ソフトがインストールされていることを、どうやって確認すれば良いのか?
  • プリンターの設定とかも利用者がやるのか?
  • ファイル(データ)はどこに置けば良いのか?バックアップはどうするのか?
  • パソコンが壊れたときの修理費用は、会社?従業員?どっちが負担するの?

などなど。
利用者側は、自分で選んだパソコンに愛着を持ちつつあるので、「こうしたい」という意見を言うようになります。
経営者・システム担当者は、セキュリティの問題が起きたりしないように、
メーカーやOS(Windows、Macなど)がバラバラになったパソコンを、どう管理するのか?を悩むことになります。

自分自身のパソコンを選んで利用することによって、逆に悩むことがでてきます。
この問題を解決するために頭を使うので、今まで以上に組織としてのITスキルが上がるのです。

 

システム担当者の負荷が減り、本業に集中できる

会社からは、パソコンを購入・維持するためのお金だけ支給します。
さすがにお金も出さずに「パソコン持ってこい」というのは、事実上の賃下げですから、
経営者のモラルが問われます。

パソコンは個々人が選んでいますから、その操作方法などの問い合わせは受けず、各自で問題解決してもらいます。
会社が提供するシステム(例:Web勤怠管理システム)に関する質問だけ、受け付けるようにします。
こうすることによって、一般的な操作方法などの問い合わせが減ります。
ただでさえリソース不足の中小企業にとって、これはありがたい話です。

さらに、従業員それぞれが自分自身のパソコンを選んで使うと、困ったことをお互いに助け合うようになります。
「私のパソコンでは、こうやったらできるようになったよ」
「そういうときは、このソフトを使えば便利ですよ」
というように。

従業員同士が教え合うようになることで、ITスキルが上がります。
コミュニケーションも促進されて、本来業務の質問もしやすくなります。

実際にBYODを導入するのは、なかなか大変ではあるのですが、
それを乗り越えるだけのメリットがある、と私は感じています。

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【編集後記】
怪我していた足がだいぶ治ってきました。
週末に、久しぶりに長い時間のトレーニングをしてみるか、画策中です。

今日も素晴らしい1日になります。感謝!!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【Facebookページはこちら
「いいね!」すると、ブログ更新のお知らせを受け取れます。
たまに気になるニュースなども通知しています。

ブログ村ランキングに参加しています!
応援のクリックをしていただけると、嬉しいです。
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
にほんブログ村

第3回「ITでスモールビジネスを元気にする会」を行いました

士業が情報発信しないことは、デメリットだらけ

関連記事

  1. DropboxとEvernoteの使い分け

    こんにちは。渋屋です。私の周りでは、この時期にDropboxやEvern…

  2. Ethenet Fabricをコアスイッチとして利用する

    今回は、ある英文ページの要約です。英語で自分の専門分野に相当するページを定期的に要約することで、…

  3. Googleの使命と、Google Analyticsが無料の理…

    突然ですが、Googleの会社としての使命をご存知でしょうか。Googleの…

  4. クラウドに置けないシステムはあるのか?

    こんにちは、渋屋です。何回かに分けて、クラウドを利用するときの問題点・注…

  5. 新技術が出まくりですけど、別に使わなくても良いんです

    「ここは人工知能(AI)を使うところですかね〜」「こういうときは、拡張現実(AR)ってのが良いん…

  6. メールの誤送信を防ぐには?手軽に安全を保とう

    文部科学省がメールを誤送信した問題で、対策のために「機密情報は紙でやりとりする」というニュースがあり…

  7. Facebookを利用して、スマホ・インターネット・情報セキュリ…

    ITに強くなるため、具体的に何をすれば良いのか?シリーズを書いています。第1回は、スマホとGoo…

  8. マイクロソフトが強すぎる理由

    IT系企業で強い会社を挙げて下さいと言ったら、どこを挙げますか?アップル?グーグル?私だった…

最近の記事

PAGE TOP