menu

未来のカタチ

  1. 確実に見えている将来の世界と、それに適応する方法

    ドラッカーは言いました。「すでに起こった未来は機会である。潜在的な機会である。一つの傾向にお…

  2. 人工知能(AI)時代の働き方を考えていますか?

    昨晩は、イベントに参加してきました。【超AI時代 × フューチャーセッション】私たちの生き方・働…

  3. 中小企業診断士は人工知能(AI)に代替されないから安心?

    9月25日付けの日本経済新聞で「AI時代のサムライ業(奪われる定型業務)」という記事があり、それがS…

  4. 政府が行うべきはキーワードの連呼ではなく、目指す姿を示すこと

    日頃、社長たちと会話をしていると、強く感じることがあります。「政府や自治体が、社会が目指す方向性…

  5. 「2:8」の世界から「1:99」の世界へ

    これからは、きっとこういう世の中になるんだろうな、というイメージがあります。■私は日…

  6. ロボットと人工知能(AI)は競うものではなく、利用するもの

    昨日の日経新聞の朝刊、タイトルが挑発的でした。「ロボットと競えますか」労働者の不安を煽ろうと…

  7. 企業活動の隅々まで浸透してきたシステムと、その今後

    昨日までで企業の基本的な活動と、情報システムの関係について書いてきました。企…

  8. ボイス(声)インターフェース時代がやってくる

    昨日の記事では、デバイスと私たちの身体の距離が、歴史とともにどう変わってきたのか?を見てみました。…

  9. デバイスは私たちの身体に取り込まれていく

    コンピュータの登場から今日まで、そのデバイスの歴史を辿ると、これから先の流れも想像できます。…

  10. 人と機械(システム・ツール)の関係は、どう変化していくか?

    昨日は「SENSORS IGNITION 2017」に行ってきました。技術の進化を肌で感じること…

  11. ブラックボックス化が進む世界で、私たちはどう生きるべきか?

    このところの技術の変化を見ていると、世の中、ブラックボックス化が確実に進んでいると感じます。その…

  12. コンサルティングに「思考」だけでなく「感覚」を

    コンサルティングと言えば、「思考」「論理」が支配する世界です。■大手コンサルティング…

  13. どんな老後を過ごしたいか?

    寿命100年時代に生きる私達にとって、老後を考えることはますます難しくなってきています。少子高齢…

  14. 一般ビジネスパーソンこそ「IT脳」を身につけよう

    ITがどんどん、ビジネスのあらゆる分野、そして私たちの日常生活に入り込んできています。何ができる…

  15. オフショアの利用には「期限」がある

    一昨日の日経新聞に、なくなる「世界の工場」という記事が書かれていました。私はなくなるのは工場だけ…

  16. 人工知能はどんな形をしているのか?

    人工知能に関して、一般紙でもその単語を見ない日が少なくなってきました。5日からアメリカ・ラスベガ…

  17. 「複業」によって得られる社員・企業それぞれのメリット

    今朝の日経新聞1面に正社員の副業 後押し政府指針、容認に転換 働き方改革という記事が出て…

  18. Googleのサービスはなぜ無料なのか?

    「Googleにお金を払ったことありますか?」自分で広告でも出すことのない大半の方は「ない」…

  19. 人工知能に食われる仕事をしていませんか?

    日々、多くの士業の方とお会いしていると、ついつい余計な心配をしてしまいます。■最近、…

  20. 会社員はもっと減ってもいいと思う

    私が勝手に思っていることですが、もっと会社員は減って良いのでは?と思っています。…

さらに記事を表示する
PAGE TOP