menu

メルマガ「非常識なコンサルタント」

LINEで送る
Pocket

メルマガ「非常識なコンサルタント」登録フォーム

登録はこちらです。

これから世の中、多くの仕事が「コンサルティング」に変わってきています。

商品を紹介するだけの営業は、ネットやロボットに置き換えられてきました。
診察をするだけの医者ではなく、相談に乗ってくれる医者に顧客は集まるようになりました。

同じように、これから知識労働者と呼ばれるほとんどの方は、「コンサルティング」を求められるようになっていきます。
本当の意味でのコンサルティングを行える人だけが、生き残っていく時代になるのでは?と危惧しています。

一方、古くから「経営コンサルタント」の国家資格である中小企業診断士。
税理士や社会保険労務士、行政書士などと同様、「士業」の古い文化に浸っていると私は感じています。
本当の意味でのコンサルタントになれているか?というと、私はそう思いません。

診断士の資格を取得して以来、これまで多くの中小企業診断士にお会いしてきました。
しかし、経営コンサルタントであるにも関わらず、ご自身の経営が上手くいっていないように見えるのです。
少なくとも、儲かっているようには見えない方が多い、と感じています。

  • サッカーのコーチはサッカーが上手です。
  • プレゼンテーションの先生は、プレゼンが上手です。
  • なのに、経営コンサルタントの診断士は、経営が下手?

ある知人の社長がおっしゃっていたことで、非常に的を射たご意見だと感じました。
妙に納得してしまったのですが、同時に悲しくなったのです。

私は、中小企業診断士が大して売れもせず埋もれているのは、社会的損失だと感じています。
試験勉強、あるいは大学校を通じた、様々な学びの上に取得した中小企業診断士。
既に知識は揃っている人たちなのです。

何かのキッカケがあれば、彼らはスキルを発揮して、小さな会社を元気にすることができます。
日本の99%以上を占めている中小企業が元気になれば、日本は変わるのです。
コンサルタントを名前や資格だけでなく、本当の意味でコンサルタントにする。

このメルマガの目的は、このキッカケを作ることです。
特に世の中で当たり前のように言われている常識を疑うこと。むしろ破壊すること。
残念ながら士業全体的に、古い文化が残っていて、時代の変化に取り残されていると感じています。
既に意味のなくなった常識を取っ払っていきたい。
そのために、『非常識なコンサルタント』という名前をつけました。

私自身、まだまだ成長過程にいます。
そのため、既に出来上がってしまった人の視点ではなく、
今現在、挑戦し続ける一人の実践者として、感じたこと・考えたことをメルマガで配信したいと考えています。

読者限定のセミナーや交流会なども開催したいと思っています。
ご興味を持たれた方、ご登録いただけると嬉しいです。

配信は平日の朝8時頃です。(土日祝日は配信しません)
登録後5日間は、最初にお読み頂きたい記事が土日関わらず届きます。
5通のメール後、通常のメルマガをお届けします。

想定する読者は、

  • 中小企業診断士で独立を考えている方(受験生、既に資格を取得している方)
  • 中小企業診断士で独立している方
  • その他、コンサルティングをビジネスの軸にしたいと考えている方

です。本名(日本語)で登録していただける方のみを対象とさせていただいております。


該当してないと判断した場合、ご登録後、こちらで配信停止させていただく場合もございます。
バックナンバー1ヶ月遅れで、本ブログにて公開しております。
(カテゴリ:非常識なコンサルタント)

お申し込みはこちらのフォームよりお願いいたします。
http://bit.ly/1o5hJ99

PAGE TOP