menu

全力を出さないから、衰えていく・・

最近、あるお客様先で、新しいツール(ITシステム)の導入支援をしています。

 

システム導入には、瑣末な問題が数多く・・

ゼロからプログラムを組むことは極めて稀です。
自社の新サービスをつくるときくらいではないでしょうか。

業務で使うツールの場合、既にあるクラウドサービスを使うことで事足りてしまいます。
とは言え、実際に社員の方々が使えるようにして、事業で成果を上げるまでには、大小様々な障害を取り除かねばなりません。

  • 操作方法が分からない、と悩むこともあれば
  • 他のツールとの使い分けで混乱していることもあれば
  • 単に画面が気に入らない、と毛嫌いされることもあれば
  • 大事なデータを個人で抱え込む人が現れたり
  • 新しいツールが入ることを聴いてないという人がいたり

数10人程度の組織でも、そういうことが良く起きます。

こんな瑣末な問題まで対応していたら、私のカラダはいくつあっても足りません。
そのため従来は、経営者やIT担当者などの責任者に任せて、私は直接問題に首を突っ込み過ぎないようにしていました。

 

がっぷり四つに取り組んでみたら・・

ただ、それでは問題の火が消えないことがあります。
ツールは、どんなに良いツールであっても、使ってもらって初めて成果が出るもの。
使われないツールなど、ただの無駄遣いです。

このままでは、お客様の事業は成長しないし、私の存在価値もありません。
そんなわけで私が直接、火を消しにいったところ・・
これまで数週間、数ヶ月の火事は何だったの?というくらいに、あっさりと鎮火。
そんな出来事が、ここ最近で何件かありました。

そう、そういうことだったんです。
「些末な問題に首を突っ込んだら、カラダが足りなくなる」と腰が引けていたから、問題解決しなかったのです。
真正面から取り組んでいれば、ちゃんと解決するものです。

 

最初から全力を出せ!

「最初から自分の力をセーブしちゃいかんな」と反省です。

そもそも、なんで私が偉そうに力を押さえていたのか?
ITのど素人に分かってもらう苦労を、20代の頃、何度もしたので、無意識に腰が引けていたのでしょう。
ただ、当時とは、ITに関わる立場も人生経験も異なります。
もっと突っ込んでいくくらいで良いんじゃないか?と思いました。

全力を出さなければ、筋力は衰えていきます。
自分の能力・スキルも同様でしょう。
かつてはすごかった人でも、怠けているうちに平均以下になります。
成長するには、最初から全力を出すしかありません。

そんなことを考えて、より自分の力を引き出すために、某所でITを支援するFacebookグループをつくりました。
どんな質問をいただくのか分かりませんが、色んな事例に対応することで、もっと実力をつけることができるでしょう。
もっと良いサービスがつくれるキッカケかもしれません。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【編集後記】
気づいたら6日連続でバイク(ローラー台)に乗っていました。
足首が治るまでランニングできないので、つい・・
ちょっとやり過ぎなので、回復優先で、昨日は休みました。
コアトレは引き続き。

今日も素晴らしい1日になります。感謝!!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【Facebookページはこちら
「いいね!」すると、ブログ更新のお知らせを受け取れます。
たまに気になるニュースなども通知しています。

ブログ村ランキングに参加しています!
応援のクリックをしていただけると、嬉しいです。
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
にほんブログ村

独立後の葛藤:人を雇うか?雇わないか?

もっと欲張りまくっていこう!

関連記事

  1. ブログ記事のバックアップ方法 #397

    こんにちは。渋屋です。私の自宅近辺は晴れ渡っていて、今日は温かくなりそうです。私は昨日に引き続き、ま…

  2. 小さな会社のIT活用は、とにかく事例を知ること

    こんにちは。渋屋です。以前の記事(IT人材を育成するためには)で、IT人材を育成するためには、…

  3. グループで本を読み、気づいたことを共有する効果

    昨晩、オープンイノベーションと題されたセミナーに参加してきました。この学び方は面白いと感じたので…

  4. 人とつながること #112

    おはようございます、duckです。ラスベガスは5月24日の16時半です。参加していたイベントが全て終…

  5. 連休を楽しみにしていた人たちへ

    気づけば、もうお盆ですね。休みに入っている人も多いのでしょう。私も今日・明日は妻の実家に帰省…

  6. 専門家以外がITスキルを身につけるためには?

    このところ、ITの専門家ではない方がITスキルを向上したい、という要望を良く聞きます。&nb…

  7. 出版企画書の状況 #344

    こんにちは。duckです。昨日の記事で書きましたように、ロールモデルとなる人の情報に毎日触れられるよ…

  8. 人工知能(AI)と付き合うときの発想法

    人工知能(AI) については、悲観論も楽観論もありますね。AIは特定の技術を指すものではありませ…

最近の記事

最近読んだ本

PAGE TOP