menu

無理難題を言われたモン勝ち

先日、初めてお会いした社長から、
色んな無理難題を言われました。

「県の部署Aと部署Bが連携してくれない」
「あの商工会議所が言うこと聞いてくれない」
「○○から派遣されてきた中小企業診断士が酷かった」
「○○業界の△△は、どうにかならないものか」

初対面の社長だったのですが、
まぁ、良く出てくること出てくること(笑)

その場に居た専務他、社員たちも苦笑いです。

コンサルティングの冒頭に、

「私にも解決できないことがあります。
それをご承知の上でお話し頂ければ」

と言ったにも関わらず、終始こんな勢いでした。


私は、このコンサルティングは、
価値を感じて頂けたのだと実感しました。

この社長は高い視座をお持ちの方でした。

日本の問題をしっかりと捉えて、
その問題を解決するための商品を作っています。

しかし、厄介な問題だからこそ、
そこに過去のしがらみや利権が関係してきます。

「何とかならんのか!」

という怒りが、上記のようなコメントとなって現れたのです。


面白い取り組みをしている会社なので、
多くの中小企業診断士や、市・県の方が訪れるそう。

きっと、今までお会いした方々は、
話が通じなかったのでしょう。

お役所の都合を持ち込まれたり、
「市場がない」でバッサリと切り捨てる診断士が居たり。

それで溜まった鬱憤を、
私にぶつけたのだと感じました。

要するに「話の通じるヤツがやっと現れた」と、
感じて頂けた様子。

困っていること、苦労していることを、
まずは理解し、共感すること。

人間関係が構築されなければ、
とてもコンサルティングなんてできません。

診断士とか、資格を持っているからなどという理由だけで、
どこの誰かも分からない他人から、
助言や支援など、されたくないのです。
(公の立場を持っていたとしても)

コンサルティングの前に、
しっかりと人間関係を築く。

そのことを疎かにしているケースが
多すぎるように感じています。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ブログ村ランキングに参加しています!
応援のクリックをしていただけると、嬉しいです。
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
にほんブログ村

IT企業で働くなら、実はオススメ、中小企業担当

独立を目指したら行いたいこと

関連記事

  1. 地上戦が足りない

    影響力のある成功者を見ると、「すげぇ~」って思いませんか?■メール1通で何万円もする…

  2. まだ見ぬ顧客との会話

    今晩、初めて訪れるところでセミナー講師をします。■当然のことながら、セミナーに来て下…

  3. 自分の得意な場所、苦手な場所

    独立して仕事をする上で人脈は必須です。■どれだけの人数とお付き合いするか?どこまで深…

  4. 顧客グループが生む雰囲気

    一昨日、仲間達と話していて「あるある!」と感じた話を。■数ヶ月前にあるセミナーに行っ…

  5. 売れない理由・・

    昨晩、あるコンサルタントと情報交換をしていて改めて感じたことがあります。■売れない理…

  6. 普段から出来ないことは本番でもできない

    昨日参加した湘南国際マラソンで痛感したことです。■これまでに何度も何度も感じてきたことで…

  7. 直接営業、はじめの一歩

    士業の営業力について書き続けています。基本的に士業の営業力は致命的だということ。そして間接営…

  8. いよいよ限界値が近づいてきました

    このところ、アポイントという意味ではスケジュールにゆとりがあるのですが、仕事の総量という…

最近の記事

最近読んだ本

PAGE TOP