menu

ITに強くなるために、Facebookを使おう

ITが苦手な人が、どうすれば強くなれるか?
最初はスマホを使って、スケジュール管理することをお勧めしました。

第2回でお勧めするのが、Facebookを使うことです。

 

ソーシャル・ネットワーキング・サービスでFacebookをお勧めする理由

Facebookは、代表的なSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)です。
インターネット上で、社会的なつながりを構築できるもの、と言えば良いでしょうか。

他にはTwitter、Instagram、古くはミクシィなどがありました。
これらのなかで、ITに強くなるなら、私がお勧めするのは、断然Facebookです。

機能が豊富で、考えさせられる・悩まされることが多いからです。
考え悩んだ分だけ、ITスキルが上がるでしょう。
TwitterやInstagramはFacebookと比べるとシンプルなので、ITスキルは上がりません。

また、ビジネスパーソンとしてSNSを使うなら、最も人口が多いのはFacebookだからです。
若者はTwitterやInstagramを使う傾向がありますが、ビジネスパーソンとして社会的なつながりを構築するなら、Facebookが現時点ではベストです。

ただ、飲食店や美容院などを営んでいる場合は、Instagramの方が良いかもしれません。
写真が映える方が良いからです。

 

リアルとネット(デジタル)の世界を感じられる

Facebookを使うことで、ネット上で人とつながることを感じられます。
現実世界(リアル)の人間関係を補完してくれることを実感することでしょう。

先日、こんなことがありました。
とある場で、初対面の方とお会いしました。
その場では軽く挨拶して、お互いの仕事の話などを軽く行ったのみでした。

その後、Facebookでつながったところ、お互いの仕事内容や趣味などを、もっと理解できました。
後日、2回目にお会いしたときには、間違いなく初対面だったときよりも、突っ込んだ話をすることができたのです。
もしFacebookがなかったら、最初にお会いしたときの記憶すら薄くなっていたかもしれません。
(そういうこと、結構、多くないですか?)

このように、リアル(現実世界)での社会活動を、デジタル・ネットの世界が補完してくれるのです。
忙しい私たちは、毎日のように友人・知人に会うことはできません。
多くの友人・知人は数ヶ月に1度、あるいは年に1回会えれば良い方ではないでしょうか。
しかし、Facebookを使うことによって、友人・知人に毎日のように会えるようになります。
それが結果として、人間関係を良好にしてくれるのです。

私は現代人に必要なITスキルの1つは、「リアル(現実世界)とデジタルな世界(ネットの世界)の両面を理解すること」だと考えています。
「仮想通貨」「IoT(モノのインターネット)」「人工知能」など、一般紙でも見るようになった新しい技術は、全て現実世界とデジタルな世界を行き来することで価値を生み出すものです。

Amazonはネットでモノを売る会社ですが、物流という現実世界に革新を生んだことがネットでの販売を強化しています。
これから、世界中のあらゆるビジネスが現実世界とデジタル世界の両面から変わっていきます。

リアルだけに興味を持つのではなく(ITが苦手な高齢者に多い)、
デジタルな世界だけに没頭するのではなく(現実逃避した若者やゲーマーに多い)、
常にそれらを統合した視点を持つことが求められます。

そのトレーニングに、Facebookは非常に有効なツールなのです。

 

Facebookの始め方

Facebookのページに進みます。

性・名、携帯電話番号またはメールアドレス、パスワード、誕生日、性別を入力して、「アカウントを作成」を押すだけです。
できれば、まず顔写真をアップしてみましょう。
(ここでITスキルが試されるかもしれませんね。スマホからの方が簡単です。)
後から、職歴や学歴などを入れると、他の方とつながるときに、信頼してもらえるでしょう。

そしてスマホにFacebookアプリを入れます。
ログインできたら、上述の通り、顔写真をアップしてみましょう。

残念ながら、自分1人だけの状態では、Facebookは全く面白くありません。
友人・知人の名前を検索して、友達申請を出してみましょう。
このとき、顔写真がないと無視される可能性が高いので、先に顔写真をアップしておくと良いのです。

友達の数が増えるほど、基本的には面白くなっていきます。
できれば、日頃からFacebookを良く使っている(=投稿している)人とつながってみましょう。
毎日、どんな活動をしているのかが分かって、楽しさが分かるはずです。

デジタルな世界での人間関係を楽しんでください。
本記事では、Facebookの始め方までで一区切りとします。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【編集後記】
先ほど、息子だけ先に妻の実家に行きました。
妻と私は、明日移動です。
今日は残った事務仕事を一気に片付けます。

今日も素晴らしい1日になります。感謝!!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【Facebookページはこちら
「いいね!」すると、ブログ更新のお知らせを受け取れます。
たまに気になるニュースなども通知しています。

ブログ村ランキングに参加しています!
応援のクリックをしていただけると、嬉しいです。
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
にほんブログ村

中小企業診断士、合格後の実務補習に向けて注意したいこと

Facebookを利用して、スマホ・インターネット・情報セキュリティに強くなろう

関連記事

  1. IT導入時に業務プロセスを見直していますか?

    今回は、IT導入の際に見つめなおすと効果の高い、業務プロセスについてです。業…

  2. 技術は関連性を調べると、しっかり理解できる

    エンジニアでもない限り、新しい技術を理解するのは、なかなか大変です。専門分野ではないし、だから片…

  3. 最高データ責任者(CDO)の設置

    こんにちは、渋屋です。今日は台風が来る予定だったこともあり、休暇です。午前中に先週の峠走(噂…

  4. テクノロジーをどこまで戦略に組み込むか?

    普段からIT関連企業の支援をしていて、悩むポイントがあります。それがテクノロジーをどこまで戦略に…

  5. ものづくりはソーシャルな活動だ #649

    おはようございます。渋屋です。■ウォーターフォールの問題点昨日の記事(新…

  6. ホワイトカラー生産性向上の決定打

    ここ数日、アジャイル開発の話を聴いて、感じたこと・気づいたことを書いています。今日はホワイトカラ…

  7. IoTとSNSは、こんな感じに似ている

    インターネットの登場により、世の中の全てのヒト・モノ・情報がつながる土台ができました。私は以前か…

  8. ITを学びなおし、IT企業との接点を一気に増やします

    この数年、ずっと1つの葛藤がありました。「IT(情報通信)を仕事にし続けるかどうか?」…

最近の記事

最近読んだ本

PAGE TOP