menu

1年の振り返り・新年の目標設定の前に、やらなければならないこと

もうすぐ1年の終わり。
「新しい年こそ、新たなチャレンジをするぞ」と考えている方も多いかもしれません。

新たなスキルを身に着ける、資格の勉強を始める、転職する、複業を始める、独立・起業する、
ランニングを始める、引っ越す、結婚する、子どもをつくる、行きたいところに行く・・etc

しかし、1年を振り返り、新たな目標を立てる前に、意識しておくべきことがあります。

 

新たな目標を立てても失敗する理由

毎年、新たな目標を立てても、それをどれだけ成し遂げられたでしょうか。
昨年の年末、あるいは今年の年初に立てた目標は、どれだけ達成したでしょうか。
多くの方が、「そもそも目標が何だったか、忘れてしまった・・」という状況でしょう。

なぜ、そんな風に挫折してしまうのでしょうか?

私は多くの目標が「現状への追加」であるからだと考えています。
現代、暇で暇で仕方ない、という人は少ないでしょう。
特にこのブログを読むようなマニアな方は、忙しいという方が多いのでは。

そんな忙しい現状に、新たな目標を追加するだけでは、挫折するのも当然です。
で、挫折したと敗北感を感じ続けるのが嫌だから、いつの間にか記憶からも消し去ると・・

 

目標と同時に引き算を行う

ドラッカーは言いました。

成果をあげる者は仕事からスタートしない。時間からスタートする

そう。何をやるにも時間がかかります。
目標を立てるだけで挫折してしまうのは、この一言が全てと言って良いでしょう。

何かを新たに行うなら、今の時間の使い方を把握すること。
私は、この方法で把握しています。

また、自分の時間を奪いに来るような依頼を退けること。

例えば先週、請求書に捺印して郵送するよう依頼してきた顧客がありましたが、断りました。
個人事業主に封筒を買ってきて、印刷して、宛名を書いて・・などという時間的ゆとりはないのです。
価値を生まない事務作業をやると、気分的にも落ちますし。
(ちゃんとサービスメニューをつくり直して、そういう注意書きも加えようと思っています)

今の時間の使い方を把握した上で、無駄な時間を削減します。
一緒にできることは、くっつけてしまっても良いかもしれません。
いわば、時間における改善のECRSです。

 

削減した時間で、新たな取り組みを行う

このように無駄な時間を削減した上で、新たな取り組みを行いましょう。

営業の第一線に出ている社長が、そのまま新規事業を行うのは、(良く見る光景ではありますが)厳しすぎます。
毎日深夜まで残業している状態で、ランニングを始めたら、かえって健康に悪いかもしれません。
新たなスキルを身に着けたり、資格の受験をするなら、集中できる時間の確保が最優先です。

新たな目標を成し遂げたいと思えば思うほど、まずは現状を変える必要があります。
時間配分を変える。
それが今の環境でできないのであれば、仕事や付き合う人も変えなければならないかもしれません。
あるいは、今やっている仕事を任せられる人を育成したり、採用したり。

やっぱり、一番貴重な資源は時間ですね。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【編集後記】
2週に渡って、バイクのためのカラダのトレーニングを受けました。
そこで出会ったトライアスリートたちが凄まじすぎて、情けなくなりました。
「あ、スタート地点にも立っていなかったんだな」と。
良い意味で刺激をいただきました。

今日も素晴らしい1日になります。感謝!!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【Facebookページはこちら
「いいね!」すると、ブログ更新のお知らせを受け取れます。
たまに気になるニュースなども通知しています。

ブログ村ランキングに参加しています!
応援のクリックをしていただけると、嬉しいです。
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
にほんブログ村

当たり前の基準が低いから・・

第1回:ITでスモールビジネスを元気にする会(仮称)を行いました

関連記事

  1. 年賀状:定型業務は効率化する #680

    おはようございます。渋屋です。もう12月も半ば。いよいよ年末ですね~。…

  2. 早起きはセルフマネジメントの石の目

    こんばんは、渋屋です。今日は良習慣さんの早起きセミナーに参加してきました。様々な習慣…

  3. チェックリストの効果 #633

    おはようございます。渋屋です。いよいよ今度の週末に、初マラソンが迫ってき…

  4. 幸せの条件を因数分解すると・・・

    こんにちは、渋屋です。今日はあるリサーチ会社のイベントに行ってきました。…

  5. 仕事に忙しい人の成長が止まってしまう理由

    「毎日、メチャメチャ仕事を頑張っているのに、成長できない、変化できない。」こういう人、あなた…

  6. どこまで頑張ればいいの?頑張るって何?「残業のない職場を生みだす…

    「もう、これ以上、頑張れません」「どこまで頑張ればいいんですか?」今まで、様々な場面で聞…

  7. 「1万時間の法則」をどこに効かせるか?

    何かの分野において最低限プロを名乗るのであれば、その分野に1万時間を投下するのがスタート地点だ、…

  8. 仕事以外の時間を天引きすべき

    何度かこのブログで書いてきましたが、4月は歯車が狂った生活になっていました。改めて必要な時間は最…

最近の記事

最近読んだ本

PAGE TOP