menu

初めて管理職になる方へのメッセージ

昨日、社長が「来年から管理職に昇格しよう」と考えている方にコンサルティングを行いました。
私自身、彼と正面から向き合って、様々な気づきが得られた時間でした。

 

「上司と部下」ではなく、「対等な関係」

私が初めて管理職に任命されたとき、私が預かったチームは1名を除いて、全員、年上で先輩でした。
当然のことながら、「上司ヅラ」はできませんし、したくもありませんでした。
10年くらい上の先輩もいました。
言うまでもなく、自分のやり方を押し付けることなどできません。

管理職に任命されてから、4月1日の新組織が動き始めるまでの間、かなり悩みました。
「いったい、どんな面をしてチームメンバーに接すれば良いのだろうか?」と。

悩んだ先に得た1つの仮定は、上司と部下という縦の関係ではなく、
あくまでも対等な横の関係を築くことでした。
(逆に言えば、後輩・若年・管理職新人だからと言って、卑屈になる必要もないと考えました)

現場の仕事は先輩たちの方が、経験豊かです。
私の方が勝っている点など、ほぼありませんでした。
ならば、その先輩たちの経験を、どうすれば上手く発揮できるのだろうか?
そういう働きやすい環境づくりをしよう、と考えたのでした。

世の中には、ポジションが上だというだけで、偉そうな態度をとる人がいます。
「部長(俺)がまだ帰らないのに、先に帰るのか?」
そんな台詞を聴くたびに、心のなかで「小さい人間だな」と思っていたものです。

管理職に就くことと、現場でパフォーマンスを発揮することは、役割の違いにすぎません。
野球の監督とプレイヤー、どちらが偉いわけでもありません。
どちらが欠けても、結果は残せません。
お互いがお互いを信頼できることが大切なのだと思います。

このような話をした後、昨日やりとりをした方は最終的に、

  • 自分ひとりで奮闘するのではなく、自分より優れたチームの皆に助けてもらう
  • と同時に、自分でもチームを引っ張っていく

という決意を自ら絞り出しました。素晴らしい気づきです。

 

目標を自分の言葉で語る

私が管理職だった頃を振り返ると、一番できていなかったことが、「目標を自分の言葉で語る」ことでした。

社長が全社の目標を掲げる。
それを本部長が本部の目標にする。
さらに部長が自部門の目標に詳細化する。

・・というプロセスを経るうちに、自分のチーム(課)の目標は、自分のものではなくなっていたのです。
今思えば、もっと自分としてどうしたいのか?を徹底的に考え、上司にもチームメンバーにもぶつけるべきでした。

これから管理職に就く人には、ぜひ、目標を自分の言葉として語って欲しいです。
社長の言葉をオウムのように繰り返すのではなく、自分自身の言葉で、熱を帯びた言葉で、語って欲しいです。
そのためには、今まで考えてこなかったような、深いことを考えなければならないでしょう。

なんでウチの顧客は、この業界に特化しているんだろう?
なんで売上目標は、この金額なんだろう?
このオペレーション、どういう意図で行っているのだろう?

すべてについて、「そもそも」から考えなければなりません。
大変ですが、自分の言葉で語れるようになれば、そのチームは大組織の一部としてではなく、
チーム独自の文化を生み出せるのではないでしょうか。

 

組織を率いれば、器を大きくできる

チームメンバーとやりとりをしたり、
あるいは別チームの管理職と連携したり、ときにはネゴシエーションしたり。

そういうことを続けるうちに、自分自身の人間としての器が大きくなるでしょう。
特に自分の言葉で目標を掲げ、チーム内の誰よりも、その目標に向かって邁進していく姿を見せ続ければ。

私は会社員時代、9年間管理職をやりました。
5人程度の小さなチームから、正社員と協力会社を合わせて40人近くになる大きなチームまで。
正直、面倒くさいことも多々ありました(ある日突然、会社に来ないとか・・)。
でも、そういう面倒くさいことを乗り越えるたびに、少しは人間として成長を感じたものです。

自分が依頼した仕事を通じてメンバーが成長したときや、目標を達成したときは、本当に嬉しいものです。
私ひとりではできない仕事を、組織だったからこそやり遂げることができる喜びでした。

せっかく管理職になるのであれば、機会を活かして大きく成長してください!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【編集後記】
寒くて外にバイクを乗りに行く気にならなかったので、防寒装備(ウェアなど)を買いました。
お金を使えばやる気になるだろう・・と。

今日も素晴らしい1日になります。感謝!!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【Facebookページはこちら
「いいね!」すると、ブログ更新のお知らせを受け取れます。
たまに気になるニュースなども通知しています。

ブログ村ランキングに参加しています!
応援のクリックをしていただけると、嬉しいです。
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
にほんブログ村

スモールビジネスで、システムを導入するときにやってはいけないこと

売り方以前の商品・サービスづくり

関連記事

  1. 実務補習のリアルなプレッシャー

    こんにちは、duckです。またもや、2/13(月)に第1回を終えた実務補習についてです。…

  2. 本当の競合を知る #481

    おはようございます。渋屋です。昨日は、顧客の声を聞くことで、自社の強みを…

  3. ファンから顧客像を作る #433

    おはようございます。渋屋です。マーケティングの世界では、古くからセグメンテーションとターゲテ…

  4. 厳しいことを言うために・・・愛情?

    こんばんは、duckです。今回は実務補習のときに感じたことを書きます。(もう何回目だろう・・・でも、…

  5. 自分の内側にイノベーションが残されている

    このところ自己探求ネタが増えておりますが、本ブログにアクセスして下さる方の興味の多くは、診断…

  6. ひと手間かけて、顧客との関係性を深めよう

    こんばんは、渋屋です。夏休みで引き続き高知、四万十川近辺にいます。朝食前…

  7. 経営を支援する私たちが知っておきたいこと

    経営支援を仕事にしている私たちに、よく言われることの1つ。「顧客を分散してリスクを減らしなさ…

  8. マーケティングの定義を考え直してみた

    「マーケティング」という言葉の定義を調べると、日本マーケティング協会・米国マーケティング協会、あ…

最近の記事

最近読んだ本

PAGE TOP